オフィシャルブログ

みんなでもぎ取った勝ち点3!!

2012.10.28

本日、関東リーグ戦第18節日本体育大学戦が西が丘にて行われました。2-1の逆転勝利で大きな勝ち点3を手にすることが出来ました!雨の中応援ありがとうございました。

後半序盤に、好調の2位日体大に先制を許しましたが、主将藤田息吹(4年)のゴールで追いつき、ロスタイムに武藤嘉紀(2年)が針の穴に糸を通すような絶妙なコースのゴールを突き刺しました。

実に1ヶ月以上ぶりの勝利。応援してくださる皆様と同様に部員一同もこの瞬間を心待ちにしていました。

連敗していく中でもゲームの内容、チームの雰囲気は徐々に上がっていくように感じました。毎週厳しい現実を突きつけられ、これでもかこれでもかと悩み苦しみもがいてきました。勝利を掴むために何か変えよう、何かやってみよう…日々の練習で1歩足を出す、1本多くシュート練をする、ピッチ外でも部室を綺麗に保つ、後輩の声に耳を傾けてみる…様々なことを実践してきました。
中にはモチベーションビデオを作った部員もいました。私は前日にげん担ぎのようですが、合宿所のドアをふいてみました。前期の明治戦の前日にも同じことをして快勝したのを思い出したからです。
そんな小さなこと、気づいてはいたけど出来ていなかったことが実は大切なのではないかと思います。この1週間は、前日の練習で監督も言ったように、できることすべてのやった1週間でした。

昨日は、IリーグKEIO-B(Cチーム)の日体大戦が行われました。結果2-2と勝利には至りませんでしたが、後半ロスタイムに追いつき、引き分けに持ち込みました。トップチームやBチームの選手たちも自主的に日体大へ足を運び応援しました。Cチームが翌日の関東リーグに繋げてくれたのではないかと思います。

出場停止選手も受付の仕事をします。

好調の日体大の攻撃も必死で耐えました。

スタンドの4年生がHTにアドバイスや激励の声をかけます。

女子部も応援に駆けつけてくれました。応援席も、我々が欲しいのは勝ち点1ではなく、3だという強い意志を持って、絶やすことなくピッチを鼓舞し続けました。
そうして掴んだ劇的勝利。スタンドの部員の中にも涙を流す者がいました。

 

次節からは下位との直接対決です。一瞬の油断も許されません。今日を自信にして、謙虚に努力していくのみです。

また、全チームが神奈川大学と対戦する来週末は集中応援となっています。「全員がヒーローに」なれるように戦いますので、是非会場でその姿、そして勝利をご覧いただければ幸いです。(詳しくはこちら)

今後とも応援宜しくお願いします!

※お知らせ
次回のブログからは4年生が順番に担当します。残り少しとなった4年生の言葉を是非ご覧ください。

文責 呉田幸子

記事一覧

月別アーカイブ