オフィシャルブログ

「準備」(勝木耀)

2022.03.15

平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただくことになりました、経済学部2年の勝木耀です。花粉症で辛いといつも仰っている先輩を見て、ようやく春の訪れと感じています。日々サッカーと勉強とゲームに尽力するスタイルは中学生の頃から変わっていません。ソッカー部内では、ゲームを馬鹿にする風潮がありますが、ゲーム好きの私からすれば、ゲームの奥深さを知らない人たちが可哀想です。さて、これからは入部してこの1年間感じたことを赤裸々に書き綴りたいと思います。拙い文章ではありますが、最後までお読みいただければ幸いです。

前期の頃は、Iリーグに沢山出場する機会を頂き、思う存分好きなようにサッカーをしていました。この頃は早くBチームに上がりたいという強い気持ちでいっぱいでした。そして試合での活躍から新人戦に呼ばれることになりました。1年の中のターニングポイントだったと思います。試合前の前日練習で初めてTOPの練習に参加したのですが、ガチガチに緊張して何も出来ないまま終わってしまいました。そして次の日の試合はたった20分で熱中症になり、途中交代しました。ただただ情けなく、自分に呆れました。さらにその次の日にもIリーグがあり、昨日の分を取り返そうとグラマネに頼み込み、出させてもらいました。しかし、その試合でも思ったようなプレーが出来ずにチームも負けてしまいました。

それから後期に入るとCチームのメンバーも変わりIリーグの出場機会が少なくなりました。この時期は、何をしても上手くいかず苦しい時期でした。それでもサッカーを楽しいと思えたのは友己君(R4卒)のお陰であったと思います。練習後や試合後に分からないことがあったらなんでも相談に乗ってもらい、どんなに長くなっても楽しく真剣に話すことが出来ました。1番心に残っていることは緊張や焦りなどの精神的な要素を言い訳にしてはいけないということです。そのために準備や振り返りを入念する必要があり、試合のビデオを見て、問題シーンを取り上げてここはどうすれば良かったのかを書き記す。高校までは好きなようにサッカーをやっていましたが、ここまで拘らないと当然TOPチームに昇格し活躍することはできません。

ここまでこの1年間を少しだけ振り返ってみました。あと3年しかサッカーをする機会がないと考えると、今全力にならなければ一生後悔すると思います。また明日から、朝4時に起床して毎日頑張りたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

記事一覧

月別アーカイブ