オフィシャルブログ

2022年度広報部門 倉橋真菜 インタビュー

2022.03.02

今回は、2022年度広報部門に所属している倉橋真菜(新4年・國學院大學久我山高)にインタビューしました。

–広報部門の仕事教えてください

主な仕事内容は、ソッカー部が運営するSNSの運用です。一括りに運用と言っても、画像や動画の編集やデザイン、文章作成、企画の発案など多岐に渡ります。広報誌などの制作、編集も担っています。

–広報部門に入ったきっかけを教えてください

慶應ソッカー部のことをもっと知ってもらいたい、愛される組織にしたいという想いで入りました。また、写真の撮影やグラフィックデザインに興味があったことも大きな理由の一つです。

–広報部門のやりがい、面白いところを教えてください

頑張りやこだわりが、成果物として目に見えることがやりがいに繋がっています。さらに、取り上げた内容やデザインに関して、良かったなどの言葉をいただけたり、いいね数が多いなどの反響があると達成感が感じられます。

–広報部門の大変なところはありますか。

ソッカー部という組織としての見られ方を左右してしまうことです。ソッカー部の名前で運用する以上、間違った情報や表現のミスをはじめ、コンプライアンスを意識しなければなりません。制作者が注意するだけでなく、何重にもチェックを重ねるなどして、投稿するまでにいくつもの段階を踏むようにしています。

最後に今後の活動への意気込みをお願いします。

今シーズンの広報部門では、「ソッカー部を今まで以上に応援してもらえるような組織に。」というテーマを掲げました。今までから、SNSの運用仕様をアップデート、新たな企画を開始しました。それぞれの学年、選手マネージャー関係なく、広い視点を大切により一層ソッカー部のことやソッカー部員のことを知っていただき、応援していただける組織になる一因を担えるように活動していきます。

記事一覧

月別アーカイブ