オフィシャルブログ

「何より感謝、愛してる仲間」(荻君成)

2021.09.13

平素は大変お世話になっております。小山内よりバトンを貰いました、総合政策学部4年の荻君成です。彼の家に泊まりに行った際、お風呂に入っていると、鍋で沸かした熱湯をかけられたことがあります。彼にはそんな熱いブログを期待しています。
さて、私は先日11日に誕生日を迎えました。お祝いのメッセージなどまだまだ受け付けておりますので、Instagram ID(nobojap67)までご連絡くださると幸いです。

私は人に恵まれている。地元の友達、これまでサッカーを通じて知り合った仲間、宿題を忘れると椅子を投げてくる先生、尊敬出来て面白い先輩方、敬語を使ってきた記憶が無い後輩…何より最高の同期の皆がいたからこそ今の自分がある、これからの自分がある。私の原動力はこうした自分にとって大切な人にある。
昨シーズンのIリーグ、負傷した市川泰輔(R3卒)を初めとするIチームの4年生のためにどうしても全国に行きたかった。試合に出られない泰輔の気持ちを背負いプレーしていると、開幕2試合連続でゴールを決めることが出来た。特に明治学院大学戦のゴールはゴールポストに、いつも通っているカレーハウス・クークリのナンが宿っているとしか考えられないゴールだった。カレーの神様ナマステ。こうした結果が実を結び、最後の1ヶ月はZチームでプレーする機会をいただいた。最高のチームで最高に楽しい日々を過ごすことが出来た。ちなみに僕が昇格した瞬間にチームの連勝街道が始まったことをZチームの人達には覚えていて欲しい(0試合出場0ゴール0アシスト)。ここでは運命の出会いも果たした。顔は整っていて、喋りも面白いYoutuberで例えるなら某○○japのような先輩3人組に恋をしてしまったのだ。その背中を無心で追っていると、いつの間にか彼らの一生の後輩になってしまった。社会人になっても宜しく。最後の1ヶ月間をZチームにいれたことで人生が変わりました。
このように私のソッカー部生活は好きな仲間達と、好きな仲間達のためにがむしゃらに過ごす毎日だった。そうするといつの間にか周りには素敵な人がいて、どんなに辛い時でもそんな人達といればもう少し頑張れる気がした。弱小校出身の私がトップチームでプレーさせていただく機会を貰えたのも、夜遅くまで自主練に付き合ってくれた人や、自分のプレーを見てアドバイスをくれる人、信頼してパスを出してくれる人達がいたからだ。{これを読んで該当する人は後々連絡をくれればアルゲニンを1本贈呈します。}私を助けてくれる人がいる、この点で私は本当に人に恵まれたと言える。

社会人になるにあたって、具体的なビジョンは持てていない。だけど、10年後に同期全員で集まった時に胸を張っていられる社会人になっていたい。全員フィールドは違えど、これからも一生一緒に闘い続けていたい。いくら残業があっても、上司に怒られても、皆のことを考えると乗り切れる気がする。これからも宜しく。同期の皆がこれからも原動力です。
こんなに素晴らしい仲間を与えてくれ、大切なことに気付かせてくれたソッカー部には感謝しかないと共に、これまで支えてくれた両親やコーチ、何よりサッカーを辞めてまで支えてくれたグラマネの2人には改めて「ありがとう」と伝えたいです。
最後に、毎朝5時26分から僕のお尻を温めてくれた東急大井町線の6号車奥側の右端の座席シートありがとう!!

最後まで読んで下さりありがとうございます。今後共ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願い致します。

カッキー(R3卒)、バトンを次に回すことができそうです。次は三田健太郎ことみたけんです。みたけんとは一緒にいる時間が長く、三田犬と呼ばれてしまうほど一緒にいます。そんな彼がどんなブログを書くのか楽しみで吠えてしまいそうです。

《NEXT GAME》
9月19日(日)関東リーグ戦 第16節vs順天堂大学
@味の素フィールド西ヶ丘  14:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ