オフィシャルブログ

「奈七佐」(竹本奈七佐)

2021.06.29

平素よりお世話になっております。今回部員ブログを担当させていただきます、文学部2年の竹本奈七佐と申します。宜しくお願いします。

「奈七佐!あと2周だぞ〜!最後ペース上げろぉぉ〜!」
「奈七佐!そこで行かないでいつ行くんだ!」
クーパー走。これは昨年のソッカー部の入部テストである。12分間で3100メートル以上走ればクリアのテストだ。その入部テストに向けて、3年振りの運動も兼ねて井の頭公園で試しに走ってみた。足が上がらない。腕を後ろに振れない。12分間で2560メートルだった。
絶望だった。それでも、何故か毎日走った。

クーパー走の日。この日は、真夏で雨が微妙に降り、グラウンドがびしょ濡れで沼地の上にいるみたいだった。走るピッチコンディションとしては最悪である。死ぬ気で走った。脚が攣りそうだった。顔が酷かったらしい。
「奈七佐!あと2周だぞ〜!最後ペース上げろぉぉ〜!」
「奈七佐!時計見るな!とにかく走れぇ〜!!!」
何も考えず走った。そして、飛んだ。最後にヘッドスライディングで入り、倒れた。
この日はランマスター塩木さん(R2年卒)が一緒に走ってもらえたし、同期の皆の応援があったお陰で、ギリギリだったが、一発合格することが出来た。
この時自分は、この同期の皆のことを一生大切にしようと思った。
今でも疑問に思うことがある。塩木さんは服からリュック、サンダル、筆箱まで全てACミランなのに、塩木さんが当時、マネ部屋で読んでいた本が『THE REAL MADRID WAY レアルマドリードの流儀』だったことである。実は塩木さんはミラニスタではなく、マドリディスタなのかもしれない。今度、会った時に聞いてみようと思う。

1年生の頃、試合中に、「奈七佐!そこで行かないでいつ行くんだ!」
守備の部分で、淺海監督に指摘されたことがあった。この時、淺海監督に自分の名前を初めて呼んでもらえたことが嬉しかった。自分の名前を覚えていただけていたことが嬉しかった。淺海監督は、本当に選手のことを平等に見てくれているのだと思った。この日から今日に至るまで、なんとか毎日練習に通うことが出来ている。そして、淺海監督のいるトップチームのウェアを着て、いつか自分もプレーしてやると思っている。

自分が今もソッカー部に所属出来ているのは、クーパー走後に同期の皆のことを大切にしようと思ったからと、淺海監督が選手のことを平等に見てくれているから。この2つである。

最後まで読んでいただきありがとうございました。今後共、ご支援ご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
7月11日(日)「アミノバイタル®」カップ 1回戦vs神奈川大学
@非公開  11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ