オフィシャルブログ

「バイプレイヤー」(竹内秀太)

2021.04.29

平素よりお世話になっております。今回初めてブログを担当させていただくこととなりました、商学部2年の竹内秀太と申します。拙い文章ではございますが、最後まで読んでいただけますと幸いです。

早いもので、気付けばこのソッカー部に入部してから1年が経ちました。この1年を振り返ってみると、ほとんどプレーをすることが出来ず、練習試合を含め出場した試合数は3試合。選手として何も出来なかった1年間でした。練習参加の初日からスローイング(下投げではなく上投げ)で肩を脱臼し、そこから何度も脱臼しましたが、それを隠しながらプレーしていた結果、手術をするしかありませんでした。冬頃に復帰し、何試合かIリーグにも出場させていただきましたが、勝利することは出来ませんでした。そんな中で、大半の時間を占めたのが、チームの仕事や試合・練習のサポートでした。やっていて正直面倒臭いと思ったこともありますし、ボール拾いや試合・練習のビデオ撮影等、ほとんど感謝されることのない目立たない仕事です。しかし、誰かがやらなければいけないことであり、プレーする選手が気持ち良くサッカーをするためには欠かせない脇役です。いつも仕事や試合・練習のサポートをしてくれている1年生や怪我をしている選手には感謝しなければいけないなと思います。

サッカーに置き換えて考えてみると、キーパーは脇役であると思います。野球ではキャッチャー、バレーではリベロ。勿論、試合で活躍して注目を浴びることもありますが、点を決めた選手がいればそっちの方に注目が向きます。しかし、キーパーというポジションは、目立たないことが1番ではないかと思います。シュートが飛んで来ないに越したことはないし、キーパーが目立たないということはピンチが少ないということです。フィールドプレーヤーが目立てば目立つ程、キーパーは目立ちません。ただ、その縁の下の力持ち的な存在がなくてはならない存在なのだと思います。人生は全員が主人公だ、という言葉があります。全員が主人公だということは、全員が誰かの脇役であるということです。主人公として目立つのは勿論カッコいいですが、脇役として誰かの役に立てるのもカッコいいことであり、誇れることだと思います。だから、私は主人公になれなくても良い、欠かせない脇役になれれば良いのではないか、と思うのです。今年のシーズンインでTOPチームで1週間程やらせてもらいましたが、すぐに降格し、まだまだ私は脇役になる実力もないと身に染みて感じました。ソッカー部で少しでも役に立てる様に人間としても成長したいと思います。

拙い文章ではございましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。今後共ソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
5月2日(日) 関東リーグ戦 第5節vs明治大学
@非公開  11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ