オフィシャルブログ

ソッカー部との出会い(多治見駿吾)

2018.12.17

多治見平素は大変お世話になっております。今回のブログを担当させていただきます、商学部2年の多治見駿吾です。僕がソッカー部に入ろうと思ったきっかけについて書きたいと思います。

ソッカー部と出会ったのは僕が高校1年生の時でした。関東リーグ最終節が行われると知り、当時のチームメイトを誘って味の素フィールド西が丘へ行きました。当初は、第2試合の専修大学の4連覇が掛かった試合を見るのが主な目的で、第1試合に行われた早慶戦は正直、「ついで」に見ようという感じでした。しかし、試合を見ると一瞬にして心を奪われました。観客で埋め尽くされた会場、両校の意地を掛けたハイレベルな戦い、選手達を後押しする応援の熱量。結果は1ー0で慶應の勝利。その瞬間でした。僕が大学サッカーをやりたい、ソッカー部に入りたいと思ったのは。
DSC_0226

 

 

 

 

 

(写真はその試合で慶應が点を取った時の様子です。)

この試合は僕の人生に大きく影響を与えました。サッカーを始めて以来ずっと同じクラブチームでプレーしていた僕にとって、全く頼れる人もいない中たった1人で部活という別世界に飛び込むにはとても勇気が要りました。他にも多くの選択肢があったと思いますが、その決断が出来たのも多くの人の支えがあったからだと思います。そして、幸いなことにソッカー部に入部出来、こうして今、数多くの仲間と素晴らしい環境の下でサッカーをすることが出来ています。もし、あの試合がなかったら、慶應が勝っていなかったら、また違った人生を歩んでいたかもしれません。それだけ忘れられない一戦です。

それからあっという間に月日は経ち、気付けばソッカー部で過ごす時間も残すところあと2年となりました。きっとこの先においても難しい選択を迫られる時が来るでしょう。たとえどんな選択をしたとしても、後悔だけはしないように、その選択をして良かったなと思えるようにしたいです。その為には、毎日を大切に過ごし、日頃からよく考えることが大事だと思います。そして引退する時に、「ソッカー部と出会えて良かった」と心の底から思えるように残された時間を大切にしていきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。来シーズンこそ関東リーグ1部の舞台に復帰出来るよう、部員一丸となって戦います。今後共、ソッカー部へのご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

記事一覧

月別アーカイブ