オフィシャルブログ

伝える力(高津海人)

2017.07.30

高津

平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただくことになりました総合政策学部1年の高津海人です。今回は「伝える力」についてお話をさせていただきたいと思います。初めてのブログで拙い文章ですが最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

私はこの部に入ってよく耳にする言葉があります。「勝てたよな」「負けたけど相手は弱かったよな」。この言葉は実は自分の口から発せられているのかもしれません。私は人に自分の意思を伝えることが得意ではありません。全て自分に都合の良いように話をしてしまいます。私自身、サッカーが大好きです。しかし、どこかであまり好きではなく、本気でない自分を見せようとしているのかもしれない、と感じることがあります。

桐蔭学園高校サッカー部に所属していた私は、周りの選手が上手であった為、1年生の頃から3年間試合に関われることは無いだろうと、正直諦めていました。実際に1年時はベンチを温めることが続きました。しかし何処かで自分に対する嫌気が差しました。諦めていたのに、ベンチであってもヘラヘラしていたのに、本当の自分は試合に出たかったのです。皆に認められたかったのです。そう感じた瞬間からサッカーに対して真摯に向き合うように心掛けました。その結果、2年の後半から試合に出場する機会が増え、最高学年になった時にはスタメンの座を奪い、選手権予選を戦っていました。

私は弱い人間です。それは自分が1番よく分かっています。言葉で自分を取り繕うしかないのかもしれません。でもひとつ、大きな信念があります。それはビックマウスに似合う大きな男になるということです。1週間前に祖父が亡くなりました。手術を受けて3週間意識が戻らず、そのまま帰らぬ人となってしまいました。その3週間、彼は私達に心の準備をさせてくれていたのかもしれません。「俺はもう疲れたから後は頼んだぞ」と、そう言われている気がしました。彼は最期まで一家の大黒柱として立派に責務を果たしました。そんな彼に言いたい、「強い男になる」と。

拙い文章ではありましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後ともソッカー部へのご支援、ご声援の程宜しくお願いします。

《NEXT GAME》
第54回慶應・延世サッカー定期戦
8月19日(土) 15:00kickoff @日吉陸上競技場

記事一覧

月別アーカイブ