オフィシャルブログ

町田遠征~最高の準備を~(Aチーム)

2017.03.16

こんばんは。桜前線の北上が話題に上がる季節となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?

ソッカー部は現在C1チームが大阪に、C2チームが御殿場に遠征に行っています。Bチームは以前お伝えしたように鹿島遠征に参加し、今は下田グラウンドでトレーニングに励んでいます。

そして今回私がお伝えするのは、トップチームの町田遠征についてです。前述しましたように、他のカテゴリーは数日間県外へ遠征に行き、その中で多くの試合日程を組んでいますが、町田遠征は1泊2日という非常に短い遠征となりました。確かに短い遠征ですが、他の遠征にも負けない程の充実感をお伝え出来ればと思います。では、その1泊2日の町田遠征を時系列に沿って振り返ります。試合の詳細は、試合ブログにてお伝えしております。是非ご覧ください。

3月15日(水)

トップチームの練習時間は、いつも決まって8:00〜10:00です。そしてこの日もいつも通り、8:00からトレーニングに励みました。その後、各々の時間を過ごし、夕方に全員がもう一度ホテルに現地集合。夜は全員で夕食を食べ、その後ミーティングを行いました。比較的余裕のある日程が組まれていたせいか、選手間でコミュニケーションを取っている場面を多く目にしました。

3月16日(木)

空には一点の曇りもなく、清々しい朝を迎えました。朝食は、昨晩の夕食とは違い各自で食べ、それぞれのタイミングで部屋に戻る形になります。その後、国士舘大学グラウンドに向かいました。45分4本のトレーニングマッチで、この日もやはり試合前にはミーティングの時間もしっかり取られました。一本目はスコアレスのまま均衡した時間帯が長く続きました。このまま終わるかと思われた終了間際、国士舘大学に先制点を許されてしまいます。しかし、2本目の立ち上がりに池田(4年・浅野高)がGKとの一対一を落ち着いて決め、試合を振り出しに戻します。その後1点を失いますが、北城(2年・青森山田高)の目の覚めるようなミドルシュートで同点に追いつき、そのまま終了。3、4本目はメンバーを大きく変えて臨みます。しかし、ゴール前でのチャンスをうまく生かし切れず、そのまま2失点してしまいます。4本目37分ピーダーセン(2年・FCトリプレッタ)と、試合終了間際に井出(3年・桐蔭学園高)のゴールで4本トータルで見ると4-4の引き分けに終わりました。

今回の遠征は確かに短期間ではありましたが、新入生3名を迎えたトップチームが内容の濃い時間を過ごしていたように思います。各遠征の学びや経験を、下田に戻ってチーム全体に還元出来るようにしなければなりません。

2017年シーズンインから早一ヶ月。天皇杯予選も関東開幕までも残された時間はそう多くはありません。しかし、こういう時こそ「凡事徹底」というスローガンに立ち返り、一見平凡に見える取り組みを、非凡なまでに全力で取り組むこと。全員が1つの目標に向かって一歩一歩歩みを進めていきたいと思います。

このように全てのカテゴリーが、遠征に参加し、充実した時間を過ごすことが出来ているのも、他ならぬ皆様のご理解ご協力があってこそのものです。今シーズンもソッカー部一同、全力で戦って参りますので、今後共温かいご声援の程宜しくお願い致します。

文責 奥山大

《NEXT GAME》
3月22日(水) 天皇杯予選 準決勝 vs駒澤大学
@国士舘大学町田キャンパスサッカー場 13:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ