オフィシャルブログ

新たな伝統を(眞中佑斗)

2016.11.22

眞中

こんにちは。平素より大変お世話になっています。今回ブログを担当させていただくことになりました、総合政策学部1年の眞中佑斗です。

ソッカー部は今シーズンより関東大学フットサルプレリーグに参戦したこともあり、今回はフットサルについて書かせていただきます。

私は全国高校サッカー選手権の舞台に憧れ、親元を離れて作陽高校に入学しました。部員は150名、カテゴリーは4つ、どのポジションも常に熾烈な争いが行われていました。そんな中、私はなかなかトップチームの試合に絡むことが出来ないまま高校2年の1月を迎えました。チームでは新人戦のメンバーが決められていく中で、私はある決断をすることにしました。それはフットサルをするということです。これは選手権の夢を捨てることにもなりかねない大きな決断でしたが、
「このまま何も成し遂げられないなんてもったいない、フットサルで絶対一花咲かせてやる。」
という思いから、残りの高校生活をフットサルに捧げる決意を固めました。

しかし、現実はそう甘くありませんでした。初めて出た大会の結果は1敗1分。何も出来ないまま敗退しました。それから半年間毎日フットサル漬けの毎日を送りました。ときにはフットサルの動画を見て研究し、実践する。ときには自分たちでサインプレーや戦術を考えていく。フットサルに取り組んだ日々はとても充実していました。

そしてこの1年で、全国制覇など様々な経験をすることが出来たこと、また、高校入学当初はこれといった武器がなかった私がドリブルという新たな強みを手に入れることが出来たのは紛れもなく真剣にフットサルに取り組んできたからだと思います。

そして現在ソッカー部でも、少ない練習時間で希望者を集め、フットサルにも取り組んでいます。関東大学フットサルプレリーグでは5試合を終えて暫定2位とフットサル経験が少ない選手が多い中で奮闘中です。
私は慶應のフットサルで、高校時代の全国制覇をもう一度実現し、サッカーのスキル向上という目的と共に、ソッカー部を日本フットサル界を支えていけるような組織にしていきたいです。そして、ソッカー部の新たな伝統を築いていきたいです。

サッカーとフットサルの両立はハードな時もありますが実現に向けて尽力していきます。
今後共、温かいご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
12/7(水) インカレ 1回戦 vs四国学院大学
@ゼットエーオリプリスタジアム 11:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ