オフィシャルブログ

今(林大晟)

2016.02.28

林大
こんにちは。時折暖かい日差しを感じることの出来る季節になりました。今回で2回目のブログ担当となります、法学部政治学科の新3年林大晟です。

今年よりグラウンドマネージャーとしてこの部に携わらせていただくことになりました。意気込み等はSOCCER TIMESに掲載させていただいたのでここでは短めに書かせていただきます。私は、グラマネになるにあたって早慶戦を強く意識していくつもりです。早稲田出身のグラマネとして、私にしかない早稲田への特別な思いを早慶戦にぶつけたいと考えています。学年として、個人として全ての面において「早稲田に勝る集団」を作っていきたいと思っています。「早稲田に勝って日本一」が私の最終目標です。チームの支えになることが出来るよう、精一杯取り組んでいく所存です。どうぞ宜しくお願い致します。

では本題に入らせていただきます。と言っても然程重要な話ではありません。私がこの数か月で感じてきたことを書かせていただきます。人によってはあまりにも当たり前の話に受け取れるかもしれませんが、どうぞ最後までお付き合い願います。
では私がこの数か月で感じたこととは何か。それは、「今を生きるしかない」ということです。人ならば誰しも「あの時~だったら」「~していれば」といったことを考えると思います。況してサッカーをしている部員の皆ならよく考えてしまうことなのではないでしょうか。私はその「たられば」を考えることは無駄ではないのかと思います。なぜならばどれだけ考えたところで現状は変わらないからです。この事を私は12月から2月にかけてのグラマネミーティングで痛感しました。どんどん自分が追い込まれていく中で毎晩のように自分のサッカー人生を振り返り「あの時こうしていれば…」と何度も考え、後悔しました。いつの間にか「情けない」という感情に支配されていました。しかしそれを考えても全く自分の現状は変わりませんでした。その時初めて「たられば」を考えることが本当に意味のないことなのだと認識したのです。「今」を生きなければならないのだと気付かされました。宮地主将の言葉を借りると「未来の自分を作るのは今の自分」という事になります。

過去の自分のいくら悔いたところで今も未来も変わらない。
悔いる暇があれば今を精一杯生きろ。

ここ最近、自分に言い聞かせている言葉です。果たしてこれが正しいのか間違っているのか分かりませんが、自分が何か戸惑うことがあると真っ先にこの言葉を思い出します。すると必ず目の前のことに集中することが出来るようになります。この1か月間、グラマネの仕事をしてきて自分がブレそうになることは何回もありましたが、それでもこの言葉のおかげで真っ直ぐに仕事に取り組むことが出来たのではないかと思っています。
選手のみんなには死ぬ気でプレーするという役目があります。自分にはみんなを全力でサポートするという役目があります。一人ひとりに「今」があります。その「今」を100パーセントで生きれば自ずと何かが付いてくるのではないでしょうか。自分はそう考えて毎日グラウンドに行っています。早慶戦に勝つ為に、本当に自分を信じてくれた同期を喜ばせる為に、そして自分がグラマネをやって良かったと思えるようになる為に。そんな「未来」のために「今」を精一杯生きようと思います。

拙い文章でしたが最後まで読んでいただき、ありがとうございます。今シーズンもご支援ご声援の程宜しくお願い致します。

記事一覧

月別アーカイブ