オフィシャルブログ

新シーズンへ向けて(豊川功治)

2016.01.20

豊川今回ブログを担当させていただくことになりました、総合政策学部新4年の豊川功治です。

本当に時が過ぎるのは早く、あっという間に大学生活ラストシーズンとなってしまいました。
この3年間を振り返ると、自分の思うようには試合に絡むことが出来ず、入学時に描いていたものとはかけ離れたものとなってしまいました。
喜びや楽しさより悔しさや不甲斐なさを感じることが多い3年間だったと思います。
しかし、今は最上級生として気持ちを新たにし、シーズンインが待ち遠しくとても楽しみです。

ソッカ―部では毎年シーズンに入る前、学生コーチを中心に学生のみで練習を行います。今年はA,Bチームに分かれて1週間の練習を行い、最後には紅白戦も行いました。
いつも仲良くふざけあったり、背中で引っ張ってくれていた先輩がもういないというのは寂しい思いもありますが、最上級生としての自覚を再認識する良い機会となりました。
練習の中では新シーズンへの競争はもう始まっていることを感じ、非常に手応えのある時間を過ごせたのではないかと思います。

先日の納会で新主将の宮地元貴(4年)がこんな言葉を話していました。
「須田さんを漢にします。」
納会の場では少し場が和むところもありましたが、今シーズンはこの言葉に尽きると自分は思っています。
個人としての目標ももちろんありますが、この言葉を成し遂げることができれば必然と自分の目標が達成出来ると考えています。

そして、昨年達成することが出来なかった関東リーグ制覇という目標を成し遂げる。
自分は関東リーグにコンスタント出たことがないのでどのようなものかわかりませんが、この同期とチームで目標を成し遂げたいし、成し遂げなければならないと感じています。
自分はスタッフでもありませんし、サッカーが上手いわけでもないので、チームのために何が出来るか正直わかりません。
しかし、自分らしく、今までの思いも全てをこの1年にぶつけ、みんなで笑って、最後の日まで今年1年突き進んでいこうと考えています。

本年もソッカー部の応援を宜しくお願い致します。

記事一覧

月別アーカイブ