オフィシャルブログ

強い組織とは(松井隆明)

2016.01.11

松井あけましておめでとうございます。
この度ブログ担当させていただきます経済学部新2年の松井隆明と申します。
私がソッカー部に入部してからあっという間に1年目が終わりました。
去年の今頃、眠れないほどの緊張と不安で胸が塞がっていた自分を思い出すと、もう1年過ぎたのか、と時の流れの速さを感じます。
去年の1年間を振り返ると、内部生としてソッカー部に入部させていただきましたが、実力が足りず一番下のカテゴリーでプレーをする毎日でした。
プレーが上手くいかず気持ちが空回りしてカッとなってしまう日もあれば、ボールにすら十分に触れない日もありました。
そんな苦しい1年目でしたが、常に意識の高い先輩方や同学年の仲間からの刺激、食事などに気を配ってくれる親の支え、そしてやりたいときにサッカーが出来る幸せな環境があり、私自身も常に意識を高く持ち続けることが出来ました。

さて、昨シーズンはあと一歩のところで関東リーグ制覇を逃し、また早慶戦も敗れ、非常に悔しい思いをしました。

「強い組織とは何なのか」

この疑問が私の頭の中から離れませんでした。1年間全員が同じ方向に向かって全力を尽くしてきたにも関わらず目標を達成できず、関東リーグの厳しさを実感しました。結局勝った組織が強く、負けた組織が弱いということなのか。そんなことはないと思います。私は強い組織とは「厳しくも温かい組織」だと思います。そのために必要なものは、①明確な目標、②高い貢献意識、③信頼、④密な交流(対話)、だと思います。①と②はすでに十分だと思いますが、③と④に関しては十分であるとは言えないと感じました。学年単位で見てみると、ミーティングなど密な交流はあり、信頼も生まれているかと思います。しかし、学年を越えた縦の関係を見てみると特に密な交流(対話)は少ないと思います。「厳しくも温かい」の温かいは決して甘い、優しいということではなく、縦の関係に強い信頼があるということです。縦の信頼が強ければ、例えば後輩は「先輩方のために」と貢献意識もより一層上がると思います。そしてその信頼は密な交流なしでは生まれないと思います。厳しくも明確な目標があり、強い貢献意識があり、信頼があるからこそ、持てるものだと思います。今年で私は2年生となるわけですが、2年はチームの土台である1年の指導をしつつ、先輩方を下から盛り上げていかなければならない学年です。自ら先輩方に積極的に関わること、それに加え、1年生と先輩方が強い信頼を築けるための架け橋にもなっていきたいと思います。

最後に、新年なので今年の抱負を書かせていただきたいと思います。

「経歴など関係ない。」

これは経歴のある人だけが言える言葉です。私にとっては経歴は羨ましいものです。憧れているものです。しかし、私もまだ経歴を作れる、歴史を作れる立場にいます。今年で2年生となり、現役として長くてもあと3年しかサッカーをすることができなくなりました。残り3年となれば、突然やってくる大きなチャンスも挫折もあと数回しか来ないかもしれません。少し大袈裟かもしれませんが、今までのサッカーと向き合ってきた年数を考えるともう残り3年は「集大成」という言葉を使ってもおかしくないのではないかと思います。それくらいの覚悟を持って、個人としてより厳しく、より喜べるよう、そしてこの慶應義塾体育会ソッカー部というチームにおいて輝かしい歴史を残せるよう日々精進していきたいと思います。
乱文失礼いたしました。最後までご高覧いただきありがとうございました。

記事一覧

月別アーカイブ