オフィシャルブログ

インカレ決勝!

2013.12.26

こんにちは。

昨日、今年度の全日本大学サッカー選手権大会(通称:インカレ)決勝が行われました。クリスマスの国立競技場において、国士舘大学と大阪体育大学が激突しました。結果は1-3で大阪体育大学が勝利し、日本一の座を手に入れました。

大学サッカー連盟の学生幹事として一日運営をした私は、昨日今シーズンを終え、悔しさを心に残しました。その理由はいくつかあり、一つ目はもうここでは日本一になれないんだという悲しさでした。2年前早慶戦に勝利し泣いて喜び、去年今年は負けて泣き、そんな特別な思い入れのある国立競技場でもう日本一になれないんだと実感すると悲しくなりました。そして、国士舘大学が目の前でプレーしている姿には、尊敬と悔しさを感じました。国士舘大学には、今年度前半戦で劇的勝利を収め、後半戦は惜敗し、そんなチームが日本一を懸けて戦っている姿には思うことが沢山ありました。

また今大会を通して見ると、大阪体育大学といい、夏の総理大臣杯で敗れた関西学院大学といい、関東以外のチームの力に脅威を覚えました。来年こういった大学を相手にするんだと思うと、身の引き締まる思いでした。

来年、4年間最後の年に必ず日本一を懸けて戦うと、そして日本一になると改めて気合いが入りました。

試合を観た慶應ソッカー部の部員も、何かを感じそれを自分たちに活かしてくれればいいと思います。

これで今シーズンの大学サッカーが幕を閉じました。
今日から、来年度リーグ戦がスタートする4月まで、大事な大事な期間になります。気を抜かず、新体制で臨みます!
今後とも、慶應義塾体育会ソッカー部をよろしくお願いします!

 

文責 鶴岡昇太朗

 

記事一覧

月別アーカイブ