関東リーグ

第96回関東大学サッカーリーグ戦【前期】第11節vs立正大学

2022/6/18(土) 14:00 KICK OFF @非公開

慶應義塾大学

立正大学

0
(勝点18→18)
0 前半 0 2
(勝点10→13)
0 後半 2
     
     
     
得点者(アシスト者)

69分 立正大 板橋 幸大

84分 立正大 多田 圭佑(五十嵐 海斗)

警告・退場

警告14分 慶大 茅野 優希

警告55分 立正大 井上 竜太

警告78分 立正大 深港 壮一郎

慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
根津 拓斗 21 GK   GK 12 村上 健
山本 献 7 DF DF 22 入江 修平
牧野 晋作 5 DF DF 28 藤井 壮
山口 紘生 2 DF DF 36 勝木 耀
川野 太壱 3 DF MF 24 山本 雄士
森 友紀 6 MF MF 38 金子 和樹
内藤 豪 20 MF FW 18 廣田 尚
角田 惠風 15 MF FW 25 香山 達明
茅野 優希 29 MF FW 30 立石 宗悟
齊藤 滉 10 FW      
熊澤 維吹 27 FW      
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
54 熊澤 維吹 廣田 尚 78 茅野 優希 金子 和樹
73 内藤 豪 山本 雄士 86 齊藤 滉 立石 宗悟
78 森 友紀 香山 達明        

戦評

関東リーグ第11節、曇り空の下行われた立正大学との試合は0ー2という悔しい結果で終わった。

前期の集大成である今節を良い結果で終わろうと、勢いをつけて試合に臨んだ本塾は、前半9分にいきなりピンチを迎える。サイド奥への展開を受け、クロスに反応した相手のボレーがゴールをかすめる。さらに42分、パスを受けた相手のクロスに合わせられ、ピンチを迎える。ここで立正大からの攻撃を守り切ると、このまま互いに上手くチャンスを作ることができず、スコアレスで前半を折り返す。

後半開始早々に、本塾に好機が訪れる。48分、FW熊澤(3年・國學院大學久我山高)からパスをうけたMF茅野(2年・慶應義塾高)のロングシュートをFW齊藤(4年・FC町田ゼルビアユース/都立町田高)がつめるが、惜しくも枠を捉えることができない。さらに、54分にはFW熊澤に代えてFW廣田(4年・暁星高)を投入し、攻撃の活性化を図る。62分にはDF山本献(3年・國學院大學久我山高)のセットプレーにMF内藤(2年・駒澤大学高)が合わせチャンスを作るも決め切れず、流れを引き寄せることができない。すると69分に、相手がペナルティエリア手前でスローインを受けると、ロングシュートを放ち、ゴールを決められる。流れを持っていかれた本塾は73分、MF内藤に代えてMF山本雄(3年・慶應義塾高)を投入し、流れを変えようとするも、さらにピンチを迎える。78分、右サイドを崩されて相手が放ったシュートが枠を捉えるも、根津(2年・慶應義塾高)の好セーブで難を逃れる。MF茅野に代えてMF金子(4年・國學院大學久我山高)を、MF森(4年・FCトリプレッタユース/学習院高等科)に代えてFW香山(2年・慶應義塾志木高)を投入し、流れを押し戻そうとする。しかし、押し込まれる時間が続き、クリアミスを拾われ放たれた相手のシュートがゴールに吸い込まれる。0ー2と厳しい試合展開となり、立正大が自陣に引く中で、86分、FW齊藤に代えてFW立石(1年・桐蔭学園高)を投入し波状攻撃を仕掛けるも、得点とはならず、敗戦で3連戦を終えることとなった。

チーム全体が強い思いを持って迎えた前期最終節を敗戦で終え、中断期間を迎えることとなる。この敗戦を糧に、更に強くなって後期開幕戦を迎えたい。

《注目選手》
角田惠風
ポジション:MF
出身校:横浜F・マリノスユース/慶應義塾高
一言:1年生ながらチームの中心を担い、安定したプレーで試合を支配する。後期も活躍に期待したい。