関東リーグ

第85回関東大学サッカーリーグ戦【後半戦】 第20節vs専修大学

2011/11/19(土) 13:50 KICK OFF @古河市立古河サッカー場

慶應義塾大学

専修大学

1
(勝点32→33)
1 前半 1 1
(勝点35→36)
0 後半 0
     
     
     
得点者(アシスト者) 17分 専大 大西 佑亮(北爪 健吾)
34分 慶大 日髙 慶太
警告・退場 警告19分 慶大 黄 大城
警告33分 専大 朴 泰希
警告54分 慶大 田中 奏一
警告86分 専大 池田 裕樹
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
中川 翔太 1 GK   GK 21 小島 一輝
黄 大城 3 DF DF 14 赤木 努
松岡 淳 4 DF DF 16 松下 純土
笠松 亮太 5 DF DF 28 甲斐 公博
田中 奏一 2 DF MF 13 山浦 新
藤田 息吹 6 MF FW 11 風間 荘志
増田 湧介 15 MF FW 27 川久保 理
日髙 慶太 7 MF      
河井 陽介 10 MF      
森田 達見 19 MF      
大塚 尚毅 9 FW      
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
61 森田 達見 風間 荘志      
 90+1 日髙 慶太  松下 純土      
           

戦評

インカレ出場、そしてリーグ戦優勝のためにも負けられない本塾は、同じくインカレ出場圏内の専修大と対戦し、激しい雨の中、両者一歩も譲らず1-1の引き分けに終わった。
前半立ち上がり3分の大塚のヘディングシュートを皮切りに、森田、日髙などがシュートを放ち、積極的な攻撃を見せる本塾だったが、短いパスを繋いでくる専修大に徐々にボールを支配され始めると17分、右サイドからのクロスを相手FWにヘディングで決められ先制点を許してしまう。しかしその後は立て直し、25分には河井のスルーパスから藤田がGKと1対1など何度かチャンスを作り専修大ゴールを脅かすと、迎えた33分、河井のスルーパスに田中が抜け出し、相手GKに倒されPKを獲得。これを日髙が冷静に決め、試合を振り出しに戻し、1-1で前半を折り返す。
後半開始早々の46分、いきなり1対1の場面を作られるなど、試合の主導権を握られ、何度か決定的な場面を作られるも、GK中川がファインセーブを見せチームを救う。反撃したい本塾は61分、森田に代え風間を投入する。68分には河井が自陣から一気にドリブルで駆け上がり、増田にパスを出すが打ち切れない。本塾は相手陣内に侵入するものの、なかなかシュートまで持ち込むことが出来ない展開が続く。しかし、笠松、松岡両センターバックを中心に集中した守備を見せ、88分にもカウンターから決定的な場面を作られるが、増田が体を投げ出すなど、気持ちの込もった守備でゴールは許さない。本塾もなんとか1点を奪おうと、ロスタイムに日髙に代え、松下を入れるがそのまま試合終了。
リーグ終盤、上位対決となったこの試合は1-1の引き分けに終わった。