オフィシャルブログ

「気付いたこと」(塩貝亮太)

2021.12.24

平素よりお世話になっております。商学部2年の塩貝亮太です。2回目となる部員ブログですが、前回作は初めてということもあり気合を入れて書かせていただきました。まだ読んでいない方は良かったら是非チェックしてみて下さい。

さて、今回はこれまで10年近くサッカーをやってきて、自分なりに気付いたことを皆さんにお伝えしたいと思いましたので、最後まで読んでいただけると嬉しい限りです。

僕がこれまでサッカーをやってきて、気付いたことは「努力」と「自己満足」の違いです。世間では努力は必ず報われるという言葉があります。僕もその通りだと思います。努力というものは身長の高さや足の速さと違い、誰しもに平等に与えられたものなのです。だから、持って生まれたものが他の人より劣っていたとしても、他の人よりも努力すれば、それは報われ、結果に繋がるのだと考えています。では何故、自分の中では最大限努力したつもりでも、結果が付いて来ない人がいるのでしょうか。それはその人が行ったのが「努力」ではなく「自己満足」だからだと僕は考えます。シュート練は楽しいです。入れば嬉しいし、ゴールという目に見える成果を得ることが出来ます。パス練は楽です。あまり動かなくていいし、その練習をすることで体のどこかが痛くなる訳ではありません。しかし僕は、これらは「自己満足」だと考えています。自分がやりたい練習をやる、楽な練習をやる。確かに練習をすることは大切です。どんな練習であれ、全くやらないよりはましです。でも、これではダメなのです。時には試合を振り返りながら、守備の正しい立ち位置を考える練習メニューを振り返ってどのように試合に繋げるかを考えるなど、つまらなくて、成果が良く分からないようなこともやらなければならない。きつくても体力を付けるために走り込まなくてはならない。僕はそう思っています。

「努力」とは、自分が今必要なことをやること。「自己満足」とは、今自分がやりたいことをやることだと僕は思います。

自分が今必要なことを、努力を続けていれば必ず報われる。僕はそう考えています。

と、これだけ偉そうなことを言っていますが僕も結局練習後にやるのは1対1の攻撃やシュート練ばかりです。これは僕なりの有言実行です。努力を重ねて必ず目標である早慶戦MVPを取りたいと思います。

文才がなく、長く拙い文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後共、ソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
12月26日(日)第27回東京都サッカートーナメント 学生系の部 予備予選 代表決定戦vs中央大学
@非公開  14:00キックオフ

「一生懸命」(齊藤淨)

2021.12.20

平素よりお世話になっております。経済学部3年の齊藤淨です。私がブログを書くのは残すところ4年ブログリレーだけだと鷹を括っていたところ、今回担当になり少々困惑しております。1年後書くことがなくなってしまわぬよう気を付けながら、今回は私の4年目に懸ける思いを綴らせていただこうと思います。最後までお付き合いいただけると幸いです。

ソッカー部は今シーズン、関東リーグ1部を最下位で終え2部に降格しました。開幕から厳しい戦いが続き、なかなか勝ち点が積み上げられないながらも、最後1勝すれば残留というところまで望みを繋ぐことが出来ましたが、惜しくも敗戦。リサーチとして試合に携わってきた身としては本当に身が焦がれるような思いでした。シーズン中もっとチームのためにやれることがあったのではないかと後悔の念もありましたが、シーズン終盤に4年生方が見せてくれた勝利への執念を、熱い魂を受け継いで来シーズンに向けて切り替えてやっていかなければなりません。来シーズンは2部という舞台ですが、監督がいつも口を酸っぱくしておっしゃっているように、甘い気持ちで臨めば都リーグ降格も十分にあり得る、決して甘くない舞台です。今の3年生はそんな2部の舞台を経験している最後の代なので、その厳しさを知っていますし、何としても1部に戻さなければならないと皆使命感を持ってやっています。

さて、ここからは1部昇格のためにラスト1年私に何が出来るかという話です。悔しくも私は最終学年ながら、トップチームの練習試合に何度か呼ばれた程度で、まだ公式戦に出れていないどころかトップ昇格という目標も果たせていません。そればかりか参加した練習や試合では、監督から「じょうは一生懸命」とよく皮肉を喰らいます。昨日急遽帯同した静岡県の御前崎での練習試合でも喰らいました。そんな言い方しなくていいじゃないかと言われた際は思いますが、冷静になって考えると皮肉として受け取ってしまっているのは私の方で、直すべきことは明確ではありませんが、実は的確なご指摘をいただいていると思います。それは常に考えて頭を使ってプレーしろということで、確かに私に足りていない部分であると感じます。対人守備一つ取っても局面や場所を考えた上で相手をよく見て仲間に声を掛けながら冷静に対応しなければなりませんし、常に頭を働かせイメージを描いておかなければならないのは、どのプレーをする時も同じことです。ラスト1年はもっとその点に課題感を持って取り組み、トップ昇格を達成して少しでも慶應の勝利に貢献したいと思います。ただ一生懸命であることを辞めてしまえばそこには何も残りませんし、一生懸命にプレーすることの必要性を疑う余地はないので、その姿勢は常に示し続けていきます。そして最終学年である自分からそういった姿勢を持って毎練習取り組むことで周りに伝播させてチームの底上げに繋げていきたいと思います。
長くなりましたが、4年生になる私はサッカーに向き合う姿勢と取り組みで個人の成長とチームの底上げを実行し、今年1年で必ず慶應を1部の舞台に復活させたいと思います。
拙い文章でしたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
12月26日(日)第27回東京都サッカートーナメント 学生系の部 予備予選 代表決定戦vs中央大学
@非公開  14:00キックオフ

「縁の下の力持ち」(蛯名亮太)

2021.12.15

平素より大変お世話になっております。法学部法律学科2年の蛯名亮太と申します。2回目のブログ担当が回ってきて時の流れの早さを感じています。拙い文章ではありますが最後まで読んでいただけると幸いです。

私は、コロナ禍の中、何不自由なく、昨日も今日もそして明日もグラウンドでボールを追いかける日々を送ることが出来ています。今年から下田寮に住み始め、下田での滞在時間が増え、今まで見えなかったものが見えるようになったことで、毎日サッカーが出来る環境が整えられていることが当たり前ではないということをこの1年間で改めて実感しました。

自主練をしようと思って合宿所に行くと、あべしん君(4年・多摩大学目黒高)、ともき君(4年・慶應義塾高)、あきら君(4年・南山高/名古屋グランパスエイトU-18)が次の日の試合の準備をしている。
夜、アイシングのための氷を取りに行くと、マネ部屋に明かりが付いていて景君(3年・同志社高)が仕事をしている。
一緒に風呂に入ろうと思って慶人(2年・高崎高)や鬼(1年・春日部高)の部屋に行くとリサーチの資料作成をしている。

この数ヶ月で、こういった誰かが裏方の仕事をしている光景を何度も目にしてきました。

練習メニューを考えたり、練習の手伝いをしてくれたりするコーチ陣
アップメニューを考えてくれるフィジカル部門
横断幕を作成してくれる応援部門
資料と動画を作成して戦術ミーティングを開いてくれるリサーチ部門
Iリーグ運営のために審判や補助学をやってくれる人
アウェー戦のために荷物を準備してくれる積み込み係
マネグや来場者リストの作成、事務作業をしてくれるマネージャーと主務・副務
合宿所の番人を務める学生スタッフ
試合会場の設営と運営、検温のリマインドをしてくれる学連

ここに挙げたものに留まらず、見えないところで膨大な時間を仕事に費やしてくれる人がいて、社会人スタッフの方々、下田の近隣住民の皆様、そして家族の支えがあって初めて15分のミーティング、2時間の練習、90分の試合が成り立っています。ソッカー部での自分の活動の裏には多くの人の支えがあり、その数と量は想像以上であるということを肌で感じたことで、結果を出したい、そして恩返しがしたいという想いが強くなりました。
入部から約2年が経ち、ソッカー部での活動も残り2年しかありません。自分のサッカーのために尽力して下さる人達の想いを胸に、残りの2年間を戦い、必ず結果を出します。
最後に、脚光を浴びるのはIリーグでも関東リーグでもピッチに立っている選手達ですが、選手が全力でプレー出来る環境を整える、“縁の下の超力持ち”もソッカー部にはいるということを改めて伝えさせていただいてブログを締めようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。今後共ソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
12月26日(日)第27回東京都サッカートーナメント 学生系の部 予備予選 代表決定戦vs中央大学
@非公開  13:30キックオフ

「嫌いなものでも続ければ好きになる」(堀溝大貴)

2021.12.07

平素よりお世話になっております。総合政策学部1年の堀溝大貴です。当初は4時半起きからの6時半練という狂気の沙汰とも思えるような時間帯の練習に戸惑っておりましたが、今ではすっかり慣れ、濃いメンツの同期と共に大学サッカー生活を切磋琢磨しています。そろそろ茅野たん(1年・慶應義塾高)の世話をするのは疲れたので代わりのお世話係を絶賛募集中です。幼い頃から敬虔なキリスト教信者であるため、常に旧約聖書を持ち歩いているイメージをお持ちの方が多いと思いますが、自分は全くそんな信心深い人物ではありません。ここでありのままの自分を語らせていただこうと思います。
今回初めてのブログを担当させていただくということで、今までずっと内に秘めていたことを綴らせていただきます。拙い文章ではありますが読んでいただければ幸いです。

サッカーを楽しいと思ったことがないし好きだったこともない。
何度も何度も何度も何度もサッカーを辞めようとしたが辞める勇気すらなかった。

これが高校3年生までの私が感じていたサッカーに対する率直な感想である。練習メニューにあるランメニューや筋トレが嫌いなのではない。サッカーというスポーツ自体が嫌いだった。この文章を読んで、それは大袈裟だと思ったり誇張していると思った方もいるかもしれないが、紛れもなく本心である。父と兄がサッカー経験者であった影響から、自分は幼少期からグラウンドでボールを蹴っていた。しかしサッカーそのものは惰性でやっているに等しく、チームの練習にいく際は常に憂鬱な気分で一杯であり、練習が終わった後にチームメイトと遊ぶことなどを考えて必死に気分を紛らわせていた。そんな甘いメンタルを持っている自分が本当にサッカーが好きで真摯に向き合っている同世代の選手達に勝てるはずがなく、瞬く間に周りに追い越されていった。

年齢が上がっても、漠然とサッカーつまらないし早く辞めたいという想いを抱えたままサッカー人生を歩んでいった。しかし、サッカーを辞めるという決断を親や周りの友人に伝えるということは軟弱者の私にとってはあまりにも難しく、仲の良い友達に相談すらも出来なかった。そして、親にがっかりされたり友達にどう思われるかが怖くて、必死にサッカーが好きなように振る舞っていた。学校でも周りの友人から「サッカー好きなんだね」と言われる度に後ろめたい気持ちになり、適当に返事を誤魔化していた。

そんなこんなであっという間に時間は過ぎていき、選手として何も成長しないまま高校最後の年になった。そんな私に転機が訪れたのがコロナ禍での長い練習自粛である。学校は長期間行くことが出来なくなり、怠惰な生活を繰り返していた。腐ってもサッカー部員なのに1日ボールを蹴らない日が平気である。さすがにそんな自分に嫌気が差し、コロナ禍で自分はこのサッカー人生で何をしたかったのか見つめ直した。そこで気付いたことがある。それは嫌々ながらもこなしていたサッカーが自分の人生において1番取り組んできたものであり、最早自分のアイデンティティの一部として形成されているということだ。また、嫌々ながらもしていたサッカーでもチームとして何かを達成した瞬間や勝利した瞬間は大好きであった。コロナ禍によって自分を整理した結果、自分が実はサッカーが好きだったのだと理解した。そこからは残り半年を悔いがないようにサッカーに全力で取り組んだ。しかし十数年間真剣にサッカーに向き合ってきた人と逃げ続けてきた人の差はあまりにも大きく、目標として掲げていた全国大会出場は叶わないまま最後の大会が終わってしまった。

ある日、選手権予選に負け受験勉強をしている時にテレビで全国高校サッカー選手権が放送されていた。そこでは昔のチームメイトが味方を鼓舞し熱く戦っていた。今でも不思議だが、選手権で昔の仲間がテレビ越しに大活躍しているのを眺めて、悔しいという気持ちよりもまた同じピッチでプレーしたいという気持ちが猛然と湧いてきた。こんな中途半端な気持ちでサッカーを辞めたくない、だから慶應でもサッカーを続けようと思い、ソッカー部体験入学前まで受験期真っ只中の友人を気分転換という名目で引っ張り出しサッカーの練習に付き合ってもらった。

大学サッカーは高校までと比べてレベルは数段上でハードであったが、不思議と毎日の練習が楽しかった。そして何より、ともき君(4年・慶應義塾高)とC1チームのおかげで更にサッカーが大好きになり、楽しみながら努力するのが1番成長するという実感をこの歳にして初めて得ることが出来た。サッカーが好きになると意識も変わった。いつの間にか高校の練習後に食べに行った金のとりから(渋谷店)やちばから(渋谷・道玄坂店)は所にある米やプロテインに代わり、寝る時間も前より早くなった。さらに、前までは絶対にしなかったであろう自主練をオフの日にも行うなど、以前の自分では考えられないほど真摯にサッカーに向き合うようになった。そのお陰か、現在ありがたいことにTOPチームに所属させてもらっている。もちろん全員が自分よりサッカーが上手く日々学ぶことで一杯である。座右の銘にもしているからこそ”好きこそものの上手なれ”、この言葉を常に頭の片隅において練習していきたい。

大変読みづらい上に長く拙い文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
12月12日(日)第27回東京都サッカートーナメント 学生系の部 予備予選 2回戦vs日本大学
@非公開  13:30キックオフ

「174cm/72kg」(川合我空)

2021.12.02

平素より大変お世話になっております。今回初めてブログを担当させていただくことになりました、商学部1年の川合我空と申します。入部から約10ヶ月、大学生活にも慣れ、部室では徐々に大学生らしい会話も増えてきました。同期の入江(1年・慶應義塾高)を中心にホットな話題に溢れ、茅野(1年・慶應義塾高)は順調に人脈を広げているようです。先輩方の素晴らしい卒業ブログリレーが幕を閉じ、新年度一発目のブログは少々荷が重いですが、最後までお読みいただければ幸いです。
このブログの執筆に際して、どうせなら私にしか書くことの出来ないことを書こうとテーマを考えました。そして辿り着いた、キーパーとは切っても切り離せないトピックである身長について私自身の考えを綴っていきたいと思います。
ご存知の方も居られるかとは思いますが、私の身長は170cm台前半とゴールキーパーの中ではかなり小柄な部類に入ります。
・・・
この身長に幾度となく悩まされてきました。ジュニアユースの頃には当時のGKコーチの計らいで私だけ夜遅いチーム練習を早く上がらせていただき、22時には就寝するという生活を数ヶ月間続けたこともあります。しかし思うようにはいかず、中学3年生から今現在まで身長はほとんど変わっていません。あと10cm、いやあと5cm身長が高ければ私のサッカー人生は全くの別物になっていたのではないかと現実逃避を繰り返し、ひとえに私の実力不足だということは承知の上、身長というあまりに明確な差に打ちひしがれたことを鮮明に覚えています。奇跡的にユース昇格を果たした後も試合に出られない時期には自身の実力不足を棚に上げ、身長に言い訳を求めたこともありました。もはやコンプレックスのようなものです。私はこれまでのサッカー人生において自分より身長が小さい選手とポジション争いをしたことがありません。当然ソッカー部でも例に漏れず、そしてこれは今後も変わらないことでしょう。GKの身長を語る上で、よく「身長は関係ない」といったことを主張する人がいますが、私にはこれが正しいとは到底思えません。私自身の経験上、また近年の世代別代表などを見ても身長は明らかに評価基準の一つとして存在しています。これはGKとして戦っていく上で身長が非常に重要であることの現れでしょう。一方で、評価基準の一つに過ぎないという見方も出来ます。身長という尺度で劣っても、自分次第で評価など如何様にでも出来るのです。

「自分次第で変えられることにエネルギーを注ぐこと」
「成長に貪欲でいること」

私がサッカーに限らず生きる上で大切にしていることです。何かに祈っても急に身長が伸びることはありません。生まれ持った資質のなさを嘆くことは容易ですが、それではいつまで経っても自分に身長で勝る選手からポジションを奪うことなど出来ません。またこれは身長に限ったことではなく「なぜ試合に使ってくれないのか、あいつは監督に好かれているからだ。」など、人は往々にして自分以外の要素に逃げ道を作りがちです。自分と向き合わない人間に成長などあるのでしょうか。これまで出会った指導者の方々は「自分に矢印を向けなさい」、「自分事化して考えなさい」、と言葉は違えど似たようなことを言っていたように思います。これこそが人が成長する上で最も重要なことなのではないでしょうか。私は常に自身の課題と向き合い、考えてプレーし続けてきた自負があります。チームに唯一無二の価値をもたらし、必要とされる選手でなければ生まれ持った体格で劣る選手に勝つことは出来ないからです。アジリティ、インテリジェンスなど、体格差をカバーしようと様々なアプローチでサッカーと向き合い、高校1年生の頃まで味方すら予想出来ない弾道で幾度となくピンチを生み出してきたキックも、今では私のストロングと評価していただけるまでになりました。
もちろん、現状トップチームで結果を残せていないことを考えると今以上にすべきことは多く、成長に成長を重ねなければなりません。幸いにもソッカー部にはそのために最高の環境が揃っています。同期ながら関東リーグの舞台にて慶應のゴールを守り続けた健(1年・國學院大學久我山高)には何度も闘争心を掻き立てられ、全体練習後もボールに食らいつく千葉(1年・慶應義塾志木高)の姿に影響を受けて自主練の回数は確実に増えました。他にも個性豊かなGK陣と切磋琢磨し、この1年間は非常に密度の濃い充実したものとなりました。
私には、残りのサッカー人生を懸けてこれまで支えていただいた方々への感謝をプレーで示す責務があります。先程述べたような思考が身についたのも、全ては自身の身長と向き合い、生まれ持ったこの体格でどのようにして競争に打ち勝つかを常に考えてきた結果です。そういった意味では低身長でGKをやってきて良かったと言えるかもしれません(とは言っても根津(1年・慶應義塾高)がバー上のボールを軽々キャッチしているのを見ると複雑な気持ちになりますが、、、)。残されたサッカー人生もあと3年。この3年間で低身長でも大学トップレベルで輝けることを体現します。そして早慶戦で慶應を勝たせられる選手になります。
・・・
と、熱く決意を語ってはみましたがまずはピッチ外から。特にロクハンの時には起床確認を徹底することをここに誓い、ブログを締め括らせていただきます。
非常に長く拙い文章ではありましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。今後共ソッカー部へのご支援ご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
12月5日(日)第27回東京都サッカートーナメント 学生系の部 1回戦vs成蹊大学
@非公開  13:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ