オフィシャルブログ

「飽くなき挑戦」(藤井壮)

2022.01.23

平素よりお世話になっております。今回のブログを担当させていただくことになりました、法学部政治学科1年の藤井壮です。早いもので入部から約1年が経ち、最寄駅から日吉までの直通電車に1時間乗り続けてお尻が痛くなるという生活にも慣れ始めてきたところです。一方で、新チームになって、グラウンドやミーティングで近くに「たける」が2人いることには未だに慣れておらず、その場の流れと声の聞こえ具合で反応しています。ちなみに健(1年・國學院大學久我山高)とはお互いに「たける」と呼び合っています。皆を困らせているので何か良い解決案をお持ちの方は是非私のところまでご連絡下さい。
さて、今回が初めてのブログということで、普段はあまり口にしない自分のサッカーに対する想いをテーマに書いていこうと思います。最後まで読んでいただけると幸いです。

2021年2月7日、高校選びの段階から大学の体育会ソッカー部に入ることを決め、そのために家から7分の志木高を受験した私はこの日、ガチガチに緊張しながらもこれから始まる厳しくもハイレベルな練習の日々にワクワクして下田グラウンドに向かっていました。ただ、いざ練習に入ると、何もかもが速く感じ、練習についていくのがやっと、いや、実際置いていかれていました。既に高校3年間での時間より長い時間一緒に過ごしている香山(1年・慶應義塾志木高)と帰りの電車でサッカー談義を繰り広げてその日の練習の振り返りをしたりして必死にもがいていました。まぁ普通はそこで落ち込むんでしょうが、振り返れば、そこには全く悲観的に捉えていない自分がいました。もちろん、何でそんなパスも通せないんだ、何でそこで競り負けるんだ、下手すぎやろ自分!と自分にイラつく時はありましたが(今もですが)、それこそ望んでいた環境だ、伸び代しかない、ここから這い上がっていくしかないというマインドで練習に臨めていたと思います。これは、より質の良い練習を求める皆の意識や練習の雰囲気のお陰でもあると思いますし、基本から細かいところまで丁寧に教えて下さった昨シーズンのC1チームのスタッフ陣には言葉では表せないくらいの感謝でいっぱいです。

この1年で成長したなと感じる部分もあります。ですが、相変わらず下手なことに変わりありません。一緒にプレーしているチームメイトは自分よりも上手く、度々すごいなぁと羨ましく思うこともあります。対戦する相手の大学の人にもそう思うことがあります。でもそれは、その人達がこれまでに自分より厳しい環境で、自分より多くボールに触れたり、身体を追い込んだからであるだけで、自分の努力不足なだけです。ただ、大学も差をつけられたままで終わるつもりは一切ありません。爆発的に成長するための環境はあります。後は自分がやるだけです。そして、そういった高校年代までに脚光を浴びてきたような相手のエリート選手たちを、照明設備も完備されてない土のグラウンドで、良くて県ベスト8、16の高校にいた全くもって無名の凡人が抑えまくる、制圧してソッカー部の勝利に貢献する、なんてことを起こしたらこれ以上ない痛快なストーリーなんじゃないかと思います。やはり勝利を決定付けるあの試合終了の笛の音は格別です。この最高の瞬間を何度も味わうためには全てを捧げられます。

私のバイブルであるサッカー漫画『ジャイアントキリング』『アオアシ』ではどちらも同じようなことを言っています。
「想像を超えろ」と。
努力に限界はない、人間の成長にも限界はないと。だからこそ私は、凡人なりに、コツコツ粘り強く覚悟を持って、「もっと上手くなりたい」という衝動に正直に、1日たりとも無駄にせずに精進し、関東リーグに出て活躍する理想の自分を追い求めて、想像を超える3年間にしていきたいと思います。
ここまで柄にもなく熱く長々と書いてしまい、このままだと収拾がつかなくなるので、最後の決意表明をもって、今回のブログを締めさせていただきたいと思います。最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。
今後共、ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

「エンターテイナー」(山本雄士)

2022.01.15

平素よりお世話になっております。法学部法律学科2年の山本雄士です。SNS上では常に身を潜め、知人にすら自分のことを発信しない私にとって、おそらく全世界の人が見ることの出来る、この部員ブログで何かを発信するという半強制的なイベントは、合宿所の2階に上がる時のような心のざわつきを感じさせます。自分の尖っている部分を出さずに置きに行ったつまらない文章になりますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

昨年末、紅白歌合戦を見ていてYOASOBIのボーカル、ikuraさんに嫉妬した。それはミュージシャンとして何か対抗心を持っているとかそういうわけではなく、同年代であの舞台に立つことの出来る才能とか器量に、ある種の劣等感を感じた。自分と1つしか年の変わらない人が、次元の違う活躍をしている姿を見て心が震えた。あのパフォーマンスを見て多くの人が心動かされたと思う。紅白という大舞台に立って、数え切れない程多くの人の心を動かすことの出来る凄さ。普通の人間はそんな舞台には立てないのだ。ミュージシャンが紅白を目指すように、ソッカー部員は関東リーグや早慶戦出場を目指している。幸いにもソッカー部には、何百人何千人何万人の前に立ってプレー出来るチャンスはある。そんな機会はもうこの先の人生で一度もないかもしれない。そのような舞台が揃っている環境には感謝してもしきれないし、部員の代表としてピッチに立たせてもらえるのなら、ミュージシャンと同じ、いちエンターテイナーとして人の心を動かすプレーをしたい。必ず感動を与え、惚れさせたいと思う。

新3年生は現在グラマネ決めの真っ只中にいる。数ヶ月後、2人の同期が選手を辞めることになる。グラマネになったら毎日の練習で汗を流すことも、試合に出てピッチで歓声を浴びることも、プレーヤーとして人に感動を与えることも、出来ない。誰もやりたくないようなことを、誰かがやらないと組織は回らないし、皆がみんな誰かがやってくれると思っていては組織は良くならない。グラマネを始めとした学生スタッフは、陽の当たらない陰で計り知れない時間と労力をかけてくれているけど、その努力の成果を最後に表現するのは、試合に出る選手であってスタッフではないのだ。

トップチームで試合に出る機会が増えて、やっとスタッフの存在のありがたみが分かったし、勝利のために全力でプレーしなければならないと心の底から思えるようになった。選手としてピッチに立って、人の心を動かしたいと思うのなら、沢山の人の思いを背負っているということを決して忘れてはいけない。選手を辞めてグラマネになる人に絶対に後悔させないように、日々の練習から締めていきたいと思う。

文字ではいくらでも書けても行動が伴ってなければ意味がないので、試合に出て、必ずピッチ上でこの思いを表現します。

最後までお読みいただきありがとうございました。今後共ソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

「期待」(根津拓斗)

2022.01.11

平素より大変お世話になっております。法学部政治学科1年の根津拓斗です。昨年は様々なことが起こりました。クーパー走をクリアした翌日に手術宣告をされ、やっと治ったかと思えば復帰戦で新津君(4年・上田高)に突っ込まれて違うところを怪我し、7年連続で観戦していた夢の早慶戦では、初の勝利をピッチに立つことなく見届けました。そして何よりの事件は、塾高時代から仲良くしているあの入江(1年・慶應義塾高)と茅野(1年・慶應義塾高)に春が訪れたことです。心に余裕の出来た彼らに私生活の心配をされると、自分も落ちたものだと本当に悲しくなる時があります。そんな激動の2021年が幕を閉じ、新年一発目のブログということで緊張していますが最後までお読みいただければ幸いです。

ブログを書くこと自体が初めてで何を書けばいいのか分からないので、これを機にとりあえず今までの自分のことを振り返ってみたいと思います。
今となっては191cmまで成長しましたが、私も中等部入学時は163cmと周りよりも少し背の高いくらいの普通のキーパーでした。しかし、中学在学中に24cmという驚異的な身長の伸びを見せ、気が付けば周りよりも頭1個分も大きくなっていました。身長が1つの評価基準となり得るキーパーというポジションでは、身長が高いだけで周りから期待をされます。
私は、その期待に応えようとそのまま塾高ソッカー部に入部しました。高校に入ってからは周りからの期待をもっと分かりやすく感じるようになります。高校1年の秋には髙橋コーチに声を掛けていただき大学の練習に参加し、さらに2年次のリーグ戦では怪我での欠場を除き、全ての試合に出場させてもらいました。技術面で勝る先輩ではなく、大きさだけを取り柄にプレーしていた自分がスタメンで出場していいのかと悩むこともありましたが、そんな状況でも自分がプレーしやすいように声を掛け続けサポートしてくれた1つ上のキーパー先輩陣には感謝しかありません。3年生では副将を任せていただきました。チームを牽引する機会も設けてもらい、少しでもチームが良くなるためにと努力を重ねました。
ある日、中学からの同期が「お前が早慶戦に出てたら多分おれ泣くわ」とふとした会話の中で言ってきました。言った本人は何にも考えていないし覚えてもいないだろうと思いますが、この言葉は、私に大学で活躍することが誰かの感情を動かすことに繋がるのではないかということを気付かせてくれました。そして、それは大学でサッカーを続ける原動力としては大きすぎるものでした。
こうしてソッカー部に入部し、早慶戦出場を目指して練習に励もうとした矢先、高校時代の怪我が悪化し手術をすることになりました。他の同期がどんどん上手くなっていくのを目の前で感じながらも「4ヶ月の遅れなんてすぐに取り返せる」と自分に言い聞かせ、リハビリに励みました。しかし、治ったと思えば今度は復帰戦で膝を怪我し一瞬でリハビリ生活に戻ることになりました。千葉(1年・慶應義塾志木高)はC2のIリーグでクリーンシートを達成し、我空(1年・川崎フロンターレU-18/慶應義塾高)も安定したプレーでC1に勝利をもたらし、健(1年・國學院大學久我山高)は関東1部リーグで活躍し勝ち点3を勝ち取る。
このような週末の時は、チームに結果で貢献出来ない自分に不甲斐なさを感じ、地味で退屈なリハビリにも嫌気が差して逃げ出したくなった日もありました。そんな状況に陥った時、私を助けてくれたのは周りの人たちでした。グラウンドに行けば同期や先輩が「早く根津のプレーが見てみたい」と言ってくれ、キャンパスに行けば友達が「来年の早慶戦は出てくれよ」と期待を込めた激励をしてくれる。そんな言葉に救われ、今は無事に復帰し、毎日の練習に取り組めています。
日記のようになってしまいましたが、こうして振り返ってみると私は応援に助けられ、期待に応えるためにサッカーをやっているということに気が付きました。自分のためだけにサッカーをするのもいいけど、せっかく時間を掛けてやるのだから沢山の人に影響を与えたい。漠然とした目的ながら、この目的はどんな状況でも自分を掻き立ててくれるものだと確信しています。幸いにも私の周りには、応援をし、期待を抱いてくれる人が沢山います。そんな人達に4年間という与えられた時間の中で結果という形をもって恩返しすることを誓い、ブログを締めさせていただきます。
大変長く纏りのない文章ではありましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

「気付いたこと」(塩貝亮太)

2021.12.24

平素よりお世話になっております。商学部2年の塩貝亮太です。2回目となる部員ブログですが、前回作は初めてということもあり気合を入れて書かせていただきました。まだ読んでいない方は良かったら是非チェックしてみて下さい。

さて、今回はこれまで10年近くサッカーをやってきて、自分なりに気付いたことを皆さんにお伝えしたいと思いましたので、最後まで読んでいただけると嬉しい限りです。

僕がこれまでサッカーをやってきて、気付いたことは「努力」と「自己満足」の違いです。世間では努力は必ず報われるという言葉があります。僕もその通りだと思います。努力というものは身長の高さや足の速さと違い、誰しもに平等に与えられたものなのです。だから、持って生まれたものが他の人より劣っていたとしても、他の人よりも努力すれば、それは報われ、結果に繋がるのだと考えています。では何故、自分の中では最大限努力したつもりでも、結果が付いて来ない人がいるのでしょうか。それはその人が行ったのが「努力」ではなく「自己満足」だからだと僕は考えます。シュート練は楽しいです。入れば嬉しいし、ゴールという目に見える成果を得ることが出来ます。パス練は楽です。あまり動かなくていいし、その練習をすることで体のどこかが痛くなる訳ではありません。しかし僕は、これらは「自己満足」だと考えています。自分がやりたい練習をやる、楽な練習をやる。確かに練習をすることは大切です。どんな練習であれ、全くやらないよりはましです。でも、これではダメなのです。時には試合を振り返りながら、守備の正しい立ち位置を考える練習メニューを振り返ってどのように試合に繋げるかを考えるなど、つまらなくて、成果が良く分からないようなこともやらなければならない。きつくても体力を付けるために走り込まなくてはならない。僕はそう思っています。

「努力」とは、自分が今必要なことをやること。「自己満足」とは、今自分がやりたいことをやることだと僕は思います。

自分が今必要なことを、努力を続けていれば必ず報われる。僕はそう考えています。

と、これだけ偉そうなことを言っていますが僕も結局練習後にやるのは1対1の攻撃やシュート練ばかりです。これは僕なりの有言実行です。努力を重ねて必ず目標である早慶戦MVPを取りたいと思います。

文才がなく、長く拙い文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後共、ソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
12月26日(日)第27回東京都サッカートーナメント 学生系の部 予備予選 代表決定戦vs中央大学
@非公開  14:00キックオフ

「一生懸命」(齊藤淨)

2021.12.20

平素よりお世話になっております。経済学部3年の齊藤淨です。私がブログを書くのは残すところ4年ブログリレーだけだと鷹を括っていたところ、今回担当になり少々困惑しております。1年後書くことがなくなってしまわぬよう気を付けながら、今回は私の4年目に懸ける思いを綴らせていただこうと思います。最後までお付き合いいただけると幸いです。

ソッカー部は今シーズン、関東リーグ1部を最下位で終え2部に降格しました。開幕から厳しい戦いが続き、なかなか勝ち点が積み上げられないながらも、最後1勝すれば残留というところまで望みを繋ぐことが出来ましたが、惜しくも敗戦。リサーチとして試合に携わってきた身としては本当に身が焦がれるような思いでした。シーズン中もっとチームのためにやれることがあったのではないかと後悔の念もありましたが、シーズン終盤に4年生方が見せてくれた勝利への執念を、熱い魂を受け継いで来シーズンに向けて切り替えてやっていかなければなりません。来シーズンは2部という舞台ですが、監督がいつも口を酸っぱくしておっしゃっているように、甘い気持ちで臨めば都リーグ降格も十分にあり得る、決して甘くない舞台です。今の3年生はそんな2部の舞台を経験している最後の代なので、その厳しさを知っていますし、何としても1部に戻さなければならないと皆使命感を持ってやっています。

さて、ここからは1部昇格のためにラスト1年私に何が出来るかという話です。悔しくも私は最終学年ながら、トップチームの練習試合に何度か呼ばれた程度で、まだ公式戦に出れていないどころかトップ昇格という目標も果たせていません。そればかりか参加した練習や試合では、監督から「じょうは一生懸命」とよく皮肉を喰らいます。昨日急遽帯同した静岡県の御前崎での練習試合でも喰らいました。そんな言い方しなくていいじゃないかと言われた際は思いますが、冷静になって考えると皮肉として受け取ってしまっているのは私の方で、直すべきことは明確ではありませんが、実は的確なご指摘をいただいていると思います。それは常に考えて頭を使ってプレーしろということで、確かに私に足りていない部分であると感じます。対人守備一つ取っても局面や場所を考えた上で相手をよく見て仲間に声を掛けながら冷静に対応しなければなりませんし、常に頭を働かせイメージを描いておかなければならないのは、どのプレーをする時も同じことです。ラスト1年はもっとその点に課題感を持って取り組み、トップ昇格を達成して少しでも慶應の勝利に貢献したいと思います。ただ一生懸命であることを辞めてしまえばそこには何も残りませんし、一生懸命にプレーすることの必要性を疑う余地はないので、その姿勢は常に示し続けていきます。そして最終学年である自分からそういった姿勢を持って毎練習取り組むことで周りに伝播させてチームの底上げに繋げていきたいと思います。
長くなりましたが、4年生になる私はサッカーに向き合う姿勢と取り組みで個人の成長とチームの底上げを実行し、今年1年で必ず慶應を1部の舞台に復活させたいと思います。
拙い文章でしたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
12月26日(日)第27回東京都サッカートーナメント 学生系の部 予備予選 代表決定戦vs中央大学
@非公開  14:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ