BRB試合結果

■2014東京都社会人サッカーチャンピオンシップ VS.Criacao (1-3敗戦)

2014/2/23(日) 17:30 KICK OFF(35分ハーフ) 於駒沢オリンピック公園補助競技場

慶應BRB

Criacao

1 1 前半 1 3
0 後半 2
得点者 29分 山浦公裕30分 Criacao53分Criacao64分Criacao

 

 警告・退場
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
植松 燦 55 GK GK 51 今泉 誠也
 筒井 寛樹 22 DF DF 19 田中 進吾
古賀 久喜 37 DF MF 8  市川 慎士
佐潟 隆平 32 DF MF 36 加美 義人
太田 大輔 13 DF FW 14 毛利 惣治
原田 亮 30 MF FW 18 甲斐 悠佑
山浦 公裕 33 MF
小坂井 深 17 MF
藤村 龍生 11 MF
森田 達見 10 FW
三浦 良介 12 FW
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
47 小坂井 深 毛利 惣治

戦評

慶應BRBの2014年東京カップは一試合のみでチンと終わった。慶應BRB1-3Criacao。今年一部リーグに乗り込む新鋭チーム、そしてBRBとはリーグ開幕戦で当たるチームを向こうに回し、もやもやっと試合に入ると、ふらふらっと先制なんかしちゃったもんだからペースも変えられず、気が付いたらがつがつがつっとハットトリックを喰らうおよよぶり。昨年、幸運な勝利を二つ三つ掴んだだけで、大して強くもないのに関東社会人にまではるばるお邪魔し、年が明けたらあら不思議、周りがチャレンジャーの目じゃないの。え、僕らそんなんじゃないっすよ。だから前線から丁寧にプレスなんかしていただかなくっても、勝利に勝利以上のものを見いだしていただかなくっても、いや、ほんとあの、と目が泳いでる間にタイムアップ。慶應BRBが今より弱く、下ばかり向いていた時代はいくらでも思い出せるが、東京カップ初戦敗退となるとはてさていつのことやら。右肩上がりの四年間が終わり、真価が問われる五年目の初戦。自分たちは弱い。結構弱い。足先でやろうとするともっと弱い。逆転されて泡食ってファールとかし始めたらもう目も当てられないぐらい弱い。勝負は結果に帰趨するが、結果で次の勝負に挑んじゃいけないよ。重い鉛を添えたそいつを知らされて、慶應BRBの2014年東京カップはチンとお終い。誰のことも恨んでないが、もちろんこのままじゃ済まさない。