BRB・一貫校からのお知らせ

■第22回クラブチーム選手権東京大会 1回戦vs東京教員クラブ(1-2敗退)

2015/6/21(日) 16:50 KICK OFF

慶應BRB

東京教員クラブ

1 0 前半 1 2
1 後半 1
得点者(アシスト者) 20分 東京教員 15番
46分 東京教員 16番
56分 慶應BRB 田中貴逸
警告・退場 警告10分 東京教員 6番
警告29分 東京教員 6番
退場29分 東京教員 6番
警告32分 慶應BRB 上田裕介
警告58分 慶應BRB 山村祐樹
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
天野 弦 31 GK MF 19 野本 浩平
上田 裕介 32 DF MF 22 田中 貴逸
宮部 元太郎 5 DF
山村 祐樹 36 DF
山田 慎 2 DF
金房 拓海 3 MF
伊藤 豪一郎 6 MF
毛利 惣治 29 MF
山本 翔太 8 MF
井内 泰祐 24 FW
石川 一将 9 FW
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
HT 毛利 惣治 野本 浩平
50 山本 翔太 田中 貴逸

戦評

君よ、全国を狙ってみないか。
この際だ。全国制覇までは人外魔境とあきらめよう。「全国大会出場」の甘美な六文字を見据え、これを自らのものとし、各地方言が乱れ飛ぶ試合会場に身を置いて震えてみないか。どこぞのイベント会社によるまがい物ではない。JFA主催のほんまもんだ。君よ、クラブ選手権にようこそ。週末リーガーに夢と目標を。

我が国の社会人向けサッカー全国大会に3種類あるをご存じか。ご丁寧にレベル別。飽食の時代とすらいえよう。説明を始める。読者諸氏の興味あるなしに、執筆側の興味は無いのだ。

1つ目。ご存じ天皇杯。プロアマ問わず全チーム参加可能。文字通りの日本一を決めるオープントーナメントである。「天皇杯覇者が真の日本一」とお札に書いて、歴代最多優勝チームに敬意を払えという腹の底を、我々は割と隠さない。

2つ目。全国社会人サッカー選手権。地域リーグ以下(JFL未満)の参加。お題目としてはアマ頂点よ誰の手にだが、現実的にはJFL参入権を目指して漏らす、土日月火水5連戦のうめき声。んなもん何度かに分けてやれよと簡単に言うべきではない。そんなに毎週末、社会人を全国から集めるわけにはいかないのだ。

そしてクラブ選手権。正式名称・全国クラブチームサッカー選手権大会。都道府県リーグ以下の希望チームが参加。Jリーグ発足直後、社会人レベル普及の一環として開始。それでも今年で22回。全国9地域の予選を制した16チームが集うのは、国体を翌年に控えた都道府県。運営側にとっては絶好の予行演習なのだ。「扱いとしてはW杯に向けたコンフェデ的な?」というジョークが競技場の壁コンクリートに染み込んで、これぞ君の狙う全国。ちなみに上2つとの違いは、ギラつき具合とニコつき具合のバランスである。学生時に届かなかった全国大会を、ついに現実のものとしたその目。みな嬉しさを隠せないのだ。

さて。慶應BRBは2011年と2012年にクラブ選手権に参加。1度目は東京都予選決勝敗退。2度目は東京都と関東予選を制して勇躍全国大会。土日月火の4連戦トーナメントに挑むも日曜の準々決勝にて敗退。勝ったら月曜はどういうメンバーで臨むつもりだったのか。「今日勝ってたとして、明日も来られた人!」で背けられた視線。2013年以降はリーグ戦集中のため参加を見送っていたが、体制刷新の2015年は再び荒鷲の目。6月21日、東京都予選1回戦の会場となる赤羽スポーツの森公園競技場に乗り込んだ。試合については多くを触れない。東京都2部所属の名門・東京教員クラブと渡り合うも、ロングスローで2点を取られ、退場で10人の相手から1点しか取れなかった。ようこそ。クラブ選手権にようこそ。うまくいったら全国大会、負けたらもらえる試合球。どっから見てもプラスしかない大会の、負けた後の雨粒は冷たくて。君よ狙えや全国を。夢と目標と喪失のある人生を。

写真

IMG_5143