BRB・一貫校からのお知らせ

■2015年度東京都3部リーグ 第3戦vs瑞光会(4-0勝利)

2015/4/26(日) 15:00 KICK OFF

慶應BRB

瑞光会

4 2 前半 0 0
2 後半 0
得点者(アシスト者) 1分 慶應BRB 仲小路啓介(金房拓海)
30分 慶應BRB 遠藤智也(仲小路啓介)
54分 慶應BRB 塩津直樹
64分 慶應BRB 石川一将
警告・退場
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
辻 柾次 1 GK MF 19 野本 浩平
山田 慎 2 DF MF 29 毛利 惣治
山口 拓哉 4 DF MF 39  藤村 龍生
山村 祐樹 36 DF FW 28 塩津 直輝
佐藤 正和 26 DF TKO 46 田村 裕貴
金房 拓海 3 MF WJ 48 鶴岡 昇太朗
富永 晃司 37 MF
遠藤 智也 18 MF
山本 翔太 8 MF
仲小路 啓介 11 FW
石川 一将 9 FW
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
HT 富永 晃司  藤村 龍生 HT 仲小路 啓介  塩津 直輝
HT 遠藤 智也 野本 浩平
 HT 山本 翔太 毛利 惣治

戦評

東京都サッカー社会人リーグ開催地の面的広がりについては、既に国民一般に膾炙するところである。「都リーグの試合なのに何故今僕は海を越えて」。通称『うみほたるの問い』に自己崩壊を起こさないメンタルが第一に求められる世界。ゴルフ親父とデッドヒートだ常磐道、道を譲れよ行楽ファミリー関越道、近くて遠いぞガス橋一路。このような生活2-3年を経て、大宮健保ぐらいまでは23区、市原Vivaio Landぐらいまでならギリ都内と考える逞しき都リーガーが産まれる。皆さんが仕事で工場を視察中としよう。郊外なのにやたら近辺のコンビニやスーパー銭湯に詳しい者はいないか。そいつは都リーガーだ。嘘だと思うなら「それにしても富津は無いよね」と囁いてみればいい。戦友とも呼ぶべき絆が産まれるはずだ。

さて2015年4月26日。慶應BRBのリーグ第三戦会場は谷戸沢グランド。西多摩郡日ノ出町ときて東京サマーランドのさらに奥。夏の国の先に待つのは、斜面を拓いた処分場跡地のサッカー場である。2013年東京国体の遺産は、ついに都リーグに標高の概念を持ち込んだ。感慨と共に見やる多摩の山並み緑が萌えて。グランドは土だったが。触れ込みの天然芝ピッチはお澄まし顔で金網の向こうだったが。そちらはお預け立ち入り禁止だったが。帰ったらシューズが砂埃で真っ白になっていたが。

BRB集合。集合を掛けた古老の頬が既に緩んでいる。選手証揃ってっかの確認が、バーべーキューソース忘れてねえかと同じトーン。行楽日和。ぐるりの山々。だだっ広い駐車場。ここに着くまでで立派にひと冒険。間違いない。今日の敵はほのぼの感だ。ならば逆手にとってと監督・田村裕貴。アップは初手からサッカーテニス。目論見通り大いに盛り上がり、今日はもうこれで決着付けようぜと声も出始め、ほのぼの感が勝利への渇望へと無理なく変化する。山腹に漲る気迫やほど良く。抜かりなくキックオフ。

開始1分先制。ピッチ凹凸に苦しむ本日の相手・瑞光会ディフェンス陣の隙を逃さずFW仲小路啓介。これをサッカーテニス効果と呼ばずして。早い段階の1-0で、勝負の行方は次の1点に。BRBが再びこじ開ければ、そのまま勝利も強奪の流れ。瑞光会がFW26番を軸に同点にすれば、どっちに転ぶか分からない含み。果たして1-0のまま時間経過。BRBはピッチ状態に苦しみ、ゴール前の仕上げに工夫が見られない。これが続くと相手が自信持っちゃうんだよねー、こっちには焦りが出てきちゃうんだよねー。ベンチのしたり顔談義が花咲くばかりで時計は前半残り5分。嫌な雰囲気を打破したのはMF遠藤智也。本日のグランドに一人ほくそ笑み、アップ時から抜群の冴えを見せていたダートピッチのアデバヨールである。インドネシアとメキシコの大地が産んだボールタッチに凸凹は障害とならない。軽やかにドリブル突破すれば、最後は一直線のグラウンダーで突き刺す。人工芝世代の多い第七次慶應BRBに頼もしい男が誕生した瞬間。2-0で前半終了。

後半も攻めるBRBと守る瑞光会の構図は動かない。ただし後半投入のメンバーに足元上等が多く、ねっちりとボールを回して引き剥がす戦術。しかしいかんせんなピッチ状態に加え、ラインを割るとそのまま遠くネズミの穴までおむすびころりん的な開放性立地もあって時間空費。3点目は19分。FW塩津直輝。ゴール前DFと1対1になるや、またいでずらして隙間を作って流し込む。一連の所作は、血の滲むような特訓の果てに掴んだ「リーガ・エスパニョーラ シュート3号」。しかし身体への負担もまた大きく、3点差のセーフティリードと共に無念の負傷退場。命を削ってボールを蹴る男の面目躍如ではあった。そして締めくくりはFW石川”スポーツ大臣”一将。至近距離からぶん回しトゥキック。何もそこまでな弾道がネットへ。ざわつくベンチ。何キックでも入ったのに。政治的なメッセージとか込められてないよね。ただの個性と結論してから大騒ぎ。4-0で残り6分。リーグ優勝に向けて得失点差も稼ぎたいBRBとしてはここから畳み掛けられるかが課題ではあったが、5点目はならずにそのまま終了。まぁいい。命短し勝利を喜べBRB。2勝1敗の白星先行で、他会場結果により自力優勝の芽も復活ときて上の上だ。記念写真もばっちり撮って、意気揚々の中央高速。さらに首都高。さらにさらに東名。誰も事故ってはならない。
 

写真

ほのぼのアップ風景。純粋に楽しい。

ほのぼのアップ風景。純粋に楽しい。

ベンチしたり顔研究所。山並みとの対比が標高を物語る。

ベンチしたり顔研究所。山並みとの対比が標高を物語る。

 

スタメンと斜面と緑と土と次長。頬は緩んでいる。

スタメンと斜面と緑と土と次長。頬は緩んでいる。

 

記念撮影。前列右端の彼は構図というものを理解していない上、「チーズ」で持ちネタを披露するタイミングも逃したのでやはり10番剥奪がふさわしいと思います。

記念撮影。前列右端の彼は構図というものを理解していない上、「チーズ」で持ちネタを披露するタイミングも逃したのでやはり10番剥奪がふさわしいと思います。

広報の好む一枚

広報の好む一枚