BRB・一貫校からのお知らせ

■2014年度東京都1部リーグ 第10戦vs東京蹴球団(4-0勝利)

2014/8/24(日) 14:30 KICK OFF

慶應BRB

東京蹴球団

4 0 前半 0 0
4 後半 0
得点者(アシスト者) 63分 慶應BRB 太田 大輔(川越 勇治)
67分 慶應BRB 太田 大輔(加美 義人)
78分 慶應BRB 岩田 修平(森田 達見)
90+2分 慶應BRB 三浦 良介
警告・退場 警告86分 東京蹴球団 鈴木 力也
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
今泉 誠也 51 GK GK 61 小野 真朋
筒井 寛樹 22 DF DF 2 佐潟 隆平
大和田 達 15 DF DF 7 金房 拓海
三上 佳貴 3 DF MF 11 藤村 龍生
大山 元輝 5 DF MF 17 小坂井 深
古賀 久善 6 MF MF 23 岩田 修平
加美 義人 16 MF FW 20 加藤 慧太朗
川越 勇治 24 MF
森田 達見 10 MF
三浦 良介 12 FW
太田 大輔 13 FW
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
HT 筒井 寛樹 岩田 修平
83 加美 義人 藤村 龍生
85 古賀 久善 小坂井 深

戦評

燃え上がれ 君の サマー・プロミネンス!
消せやしないさ 俺の サマー・プロミネンス!
当然ながらチーム内部でも全く浸透をみせない2014サマー・プロミネンス・シリーズ、平たくいえば2014年8月の慶應BRB公式戦三試合、は第二幕を迎えた。相手は東京蹴球団。後に天皇杯と名を変える、ア式蹴球全国優勝競技会の初代王者。設立から97年目の今年、13年ぶりに東京都社会人1部リーグに復帰。歴史に聞きな。何より現在もなお、プロミネンスを内に秘めた社会人集団として、慶應BRBを含め全ての社会人サッカーチームが模範とすべき存在。
会場は昭島市立・昭和公園陸上競技場。設備、駅アクセス、公園機能と全てに妙を見せ、このまま住民票移すのもありと思わせる東京社会人サッカー・西のメッカである。数々の苦い場面を生んできた芝の生え加減も今や人工芝。2014サマー・プロミネンス・シリーズ第二戦として申し分無し。平日の中央線通勤と週末の公園三昧が織りなす昭島市民生活を思いつつキックオフ。

前半終了0-0。シュート数はBRBの8に対して東蹴は1。BRBがボール保持する展開を、予定調和に封じ込めた東蹴のペース。勘所を押さえたディフェンスの前に、BRBはサイド突破にわずかな光明を見出すも中で合わせられない。試合の行く末は、BRBのラストパスがピンポイントで合うか、疲労が東蹴ディフェンスラインに隙を生むか、それともこのまま東蹴が押し切って最後寝技で一本どっちが取るかの三つに絞られた感。いずれにせよハーフタイムは福田監督の怒声オンステージ。おい、マイク持ってこいマイク! ハイどうも、あー、あー、テステス。ハイみなさんよろしいですか福田でーす! ふざけんな!! 大音量でお届けするぞこの野郎!! 紅炎に焼かれる陸上競技場。入道雲に蝉の声。社会人になって真剣にサッカーやってる奴等。2014年の夏の記憶。

後半。右サイドDF筒井寛樹に代えて岩田修平投入。相手にスペースを消された中で、スピードの筒井から足元確かな岩田で攻めの引き出しを増やす狙い。さらにこの日MFに入った森田達見や古賀久善のディフェンスが冴え、攻めるBRBとカウンター狙いの東蹴という構図は変わらずも、BRBの攻撃回数と種類が増える。あとは確率と根気の制限時間45分1本勝負。天皇杯最多王者と初代王者、数十年ぶりの顔合わせはいよいよ佳境。こじ開ける黄色・慶應BRB、そうはさせじの赤・東京蹴球団。混じり合って立ち上る様こそがサマー・プロミネンス。共感は得られない。
18分。相手パスを奪ったMF川越勇治が前線に。押し上げかけていた相手ラインを巧みに抜け出したのは本日FW起用の太田大輔。夏の似合う男が、そうめんのように涼やかに流し込んで先制点。さらに4分後、同じような展開からMF加美義人→太田と繋ぎ、今度は縁日の射的のごとく狙い澄まして2-0。勝負をほぼ決める。後は前に出ざるを得ない相手から33分岩田、ロスタイムにFW三浦良介と決めて4-0タイムアップ。後半は、このままビーチでバーベキューに繰り出したいぐらいの出来。褒めてもろくな事は無いので、2014サマー・プロミネンス・シリーズの名称は全日本プロレス「1981新春ジャイアント・シリーズ」からヒントを得ていることで締めくくって余韻を消すことにする。王道十六文。

写真

2014サマー・プロミネンス・シリーズ第二戦参加選手。ジャイアント今泉会長を中心に、ミスター・ハママツ、バロン・ヌラヌラ、GENKI FUTONEなど有名どころが揃った。

2014サマー・プロミネンス・シリーズ第二戦参加選手。ジャイアント今泉会長を中心に、ミスター・ハママツ、バロン・ヌラヌラ、GENKI THE FUTONEなど有名どころが揃った。