BRB・一貫校からのお知らせ

■2014年度東京都1部リーグ 第3戦vs東京消防庁サッカー部(5-0勝利)

2014/4/20(日) 18:00 KICK OFF

慶應BRB

東京消防庁

5 2 前半 0 0
3 後半 0
得点者 2分 慶應BRB 三浦 良介(古賀 久善)
14分 慶應BRB 三浦 良介(筒井 寛樹)
52分 慶應BRB 川越 勇治
76分 慶應BRB 三浦 良介(古賀 久善)
90+2分 慶應BRB 甲斐 悠佑(川越 勇治)

 

 警告・退場 警告30分 東京消防庁 生江 良
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
小野 真朋 61 GK GK 21 藤安 雄治
筒井 寛樹 22 DF DF 7 金房 拓海
佐潟 隆平 2 DF DF 27  毛利 拓史
三上 佳貴 3 DF MF 8 市川 慎士
大山 元輝 5 DF MF 10 森田 達見
古賀 久善 6 MF MF 17 小坂井 深
加美 義人 16 MF  FW 18 甲斐 悠佑
川越 勇治 24 MF
藤村 龍生 11 MF
太田 大輔 13 FW
三浦 良介 12 FW
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
78 加美 義人 甲斐 悠佑
81 太田 大輔 市川 慎士
85 筒井 寛樹 毛利 拓史

戦評

「今の話、本当だろうな」
「間違いない。俺達は知らなかっただけなんだ」
「でも、おかしくないすか? だって僕等そんなもの見たことすら・・・」
「お前は黙ってろ! すまんその話、もう一回だけ聞かせてくれ。おい親父! 酒だ! この店一番の酒をこいつに振る舞ってくれ!」
「分かった。すぐに信じられないのも無理はない。何度でも言ってやる。いいか、試合には勝ち点0と1の他に、3てのがあるんだ」
「でも負けて0だろ? 引き分けて1だろ? じゃ3てのはどうすれば・・・」
「そこだ。どうやら勝つ、というものがあるらしい。勝つと勝ち点3なんだ」
「本当に本当なのか? サッカーってなんだか知らない内に1点取られて、後半サブの奴が思い詰めた顔で入ってきて、最後の10分なんてこの世の終わりみたくなるんだけど結局笛が鳴っちゃて、監督にどやされたりあきれられたり哀れまれたりして家路に付くとああもう明日仕事じゃねえかよって一連じゃないのか?」
「ところがだ! 勝ち点3には喜びってのが付いてくるんだ。お前ら試合後の相手が盛り上がってんの、なんかおかしいとは思わなかったか? あれが勝ち点3の喜びだ」
「あれか!」
「あれすか!」
「俺達にも出来るのか? 教えてくれ! それは俺達にも出来るのか!」
「出来るとも! 簡単さ! 勝てばいいんだ。相手より点を多く取って試合を終えればいいんだ。そうすりゃ勝ち点3だ」
「1点多く!」「勝ち点3!」「喜び!」
「日曜の夜も怖くない!!!」

慶應BRB最後の勝利は2013年11月17日。それ以来2014年4月20日の今日まで、公式戦での勝ち星が無い。負けはすべて1点差。気まじめな彼らは、どの試合でも力尽きるまで走り、足が折れるまで蹴り、負けて自分の至らなさを責める。どうやったら勝てるのか考えあぐねる。さらに翌日の月曜日から金曜日まではデスクで責められっぱなし。土曜日だけ夢をほんの少しだけ見て、日曜にまた突き落とされて考え込む。この繰り返しで五ヶ月。さすがにこんな修行僧のような日々は何かおかしい、要は難しく考えずに勝てばいいんだろ? という雰囲気が満ちてくる。ここで輝いたのが「え、勝てばいいんすよね」を言わせれば関東リーグ級のFW三浦良介。合理的思考のみを食べて生きる彼に、勝ちたいなら勝てば良い、以外のロジックは無い。勝ちたいなら勝つ、その具体的手段としてゴールを取る。俺は今、シンプルで合理的な筋道に貫かれている。この快感が分からない奴が愚民でなくて何だ。だって勝てばいいんすよね? 開始2分でゴールを取ればいいんすよね? 前半もう1点取っておけばいいんすよね? 後半にも1点とってハットトリックかませばいいんすよね? これで上昇気流だとか、新戦力のMF川越勇治も1得点1アシストでいよいよ馴染んできたとか、FW甲斐悠佑の初ゴールも生まれたしとかって、いったい何の関係があるんすか? 勝てばいいんすよね?
その通りだ慶應BRB。考えすぎずに勝ち点3だ。慶應BRB 5-0 東京消防庁サッカー部。今はともかくこの夜を喜べ。