オフィシャルブログ

負け方(鹿島祐平)

2018.10.27

鹿島new平素は大変お世話になっております。法学部政治学科の鹿島祐平です。
山浦敬史からバトンをもらいました。1浪した上に1年の夏に入部して来た彼は、サッカーを辞めることにより発生する体型の変化に一番理解を示してくれそうな人でありながら、少しばかり太ってしまった僕の事を容赦無くいじります。僕はそんな彼が結構好きです。練習後グラウンド横に座っていれば、Cチームの同期から「アザラシが座礁してるぞ!」と言われ、合宿所に戻ると「おい!カピバラ!!」と言いながら歩み寄ってくる副務にお腹の肉を摘まれる日々にも終わりに近付いていると思うと、清々するような、寂しいような、なんとも言えない気持ちに見舞われます。
 
僕は入部してから最初の2年間は選手として活動し、2年間はグラウンドマネージャーとして主にCチームのサッカーを支える立場で活動しています。サッカーへの携わり方は変わったものの、ソッカー部で過ごした時間は、自分の不甲斐なさ、至らなさを突き付けられ続けた日々のように感じます。思うように結果を出せていなかったが故に、プレーに悩み、存在意義に悩み、とにかく走りまくっていた選手時代。数えきれないほど怒られ、トラブルが発生したり、ミスをしたりしては先輩、後輩、そして同期のみんなに救われているグラマネとしての毎日。目を背けたくても、なるべき自分と今の自分との差を見つめなくてはいけない。僕個人にとってソッカー部とは、4年間を通してそういう場所でした。僕がグラマネとして関わるCチームはIリーグの1部リーグで公式戦を戦います。そこで対戦する相手は基本的に他の大学のBチームです。選手個々人のレベルで身体的にも技術的にも上回ってくる相手に対して2年間、苦しい戦いを強いられてきました。サッカーとは思えない点差で負けたことも何度かあります。

こうして4年間を振り返ると、何かと向かい風であったなと感じます。「逆境」という言葉がぴったりです。自分でも底なし沼に足を踏み入れてしまったような日々をたくさん経験しました。死ぬ気でやっていてもなかなか結果が出せないチームメイトの姿を目の当たりにしました。加えてグラマネとして格上ばかりのリーグで敗戦を重ねるチームに関わり、苦しんだ分だけ状況が良くなるとは限らないと、必死にやったからと言って結果が約束されている訳ではないこと痛感していました。
そこに戸田コーチのある言葉が刺さりました。Iリーグ後期の法政大学戦後、負けて項垂れるCチームのみんなに投げかけられた言葉です。「負け方にも色々ある」。全員がチームとしてやるべきことを意識し、実行しようとした上で、試合終了のホイッスルが鳴った時には立っていられない程走り、戦い、それでも相手に上回られてしまった敗戦には価値があると。結果だけ見ると負けた事実に変わりはないが、次の試合に繋がるものの大きさは違ってくると。これはソッカー部で活動する上で、絶対に忘れてはいけないことだと僕は思います。

160人の部員がいる中、トップチームで試合に出られるのはほんの一握りだけです。大半の人は入部時に掲げていた早慶戦、関東リーグ出場の目標を達成できずに4年間を終えてしまいます。一人一人がどれ程努力をしようとこの事実は揺らぐことはありません。結果のみを見ると、その人達のチャレンジは失敗。大学サッカーを1つの試合に例えると、負けて終えることになる人が大勢いると言うことです。しかし、大学サッカーという試合では、結果を出すことと同じ位、その負け方も大事なのではないでしょうか。負けてしまったとしても、目標を達成することができなかったとしても、思考を止めず、やるべきことを考えて実行し、これ以上は無理だと言える位もがき戦えば、次に繋がる4年間となるのではないでしょうか。
大事なのは「次に繋がる」という部分だと思います。大学サッカーが1つの試合だとすると、人生というリーグ戦はこの先も長く続きます。大学はまだその序盤の1試合にしか過ぎません。卒業と同時に次の舞台で、次の試合が始まります。人生の中で大学サッカーは単体で存在してはいないのです。大学サッカーを通過点として捉えた上で活動することが大事であり、そうした時に初めて負けた中でどこまでできたかが問われ、結果以外の部分の重要性が生まれてくるのだと思います。
 このことを理解した上で、後輩達には大学サッカーという試合、勝てるように全力で取り組んで欲しいです。そして例え結果が出なくても、良い負け方ができたと言えるように。なるべく多くのものが得られるように。側で支えてくれている人に、次の舞台は期待したい、次も応援していたいと思わせるような、熱く、がむしゃらで、見てくれている人の心を動かす戦い。そんな大学生活を送って欲しいと思います。

そう言う自分はどこまでできたのか。次に繋がる4年間が過ごせたのか。もっと失敗を恐れず主体的に動くべきだったのではないか。もっと色んな人に興味を持ち、関わりを持つべきだったのではないか。あの時もっと熱くなれたのではないか。ここに来て、「もっとできたかもな」と思ってしまうことがあります。とても寂しいことです。しかし、今頃悔やんでも仕方ありません。残りの1ヶ月を大切に過ごすこと、後輩が引退を目の前にした時に同じ気持ちになっていないように気付いたことを伝えていくのみです。

 その先に待つものを見据えつつ、大学で過ごす4年間を考える内容のブログとなりましたが、最後に現在について述べて終わりたいと思います。Cチームはこの1年間で最も大事な試合を目前に控えています。Iリーグの1部残留決定トーナメントが明日から始まります。2連勝すれば1部という舞台を来年に残すことができます。ソッカー部の未来を懸けた試合と言っても過言ではありません。苦しい戦いになることは間違いないです。ピッチに立たない自分にできることは限られているのかもしれませんが、Cチームを、慶應を代表して戦うみんなの追い風となれるように、僕の4年間の全てを懸けてそこに臨みます。応援、宜しくお願いします。Cチームのみんな、必ず勝って笑顔でシーズンを終えましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。次は共にサッカーをして10年目、Cチームをキャプテンとして引っ張ってくれている竹内君の番です。付き合いが長い分、僕の弱さを誰よりも理解し、フォローしてくれます。彼が支えてくれていなかったらと思うとゾッとします。ブログの内容に期待です。

《NEXT GAME》
10月28日(日) 関東リーグ戦 第18節 vs東京農業大学
@立正大学グラウンド 11:30キックオフ

兄を越えるために(山浦敬史)

2018.10.26

山浦平素より大変お世話になっています。Bチームのムードメーカーで、試合でキャプテンマークを巻くと大活躍すると有名なキムさんこと、木村からバトンを引き継ぎました、商学部の山浦敬史です。

いきなりですが、後悔とはなんなのか、どうすれば後悔のない人生にできるのか、ということを一度真剣に考えてみました。ネットで「後悔」と検索すると、初めに目についたのがKathryn Schulzという女流作家のスピーチでした。『Don’t regret regret』というタイトルの講演でした。
「後悔を感じないことは 実際には精神病と診断される特徴」で「後悔のない人生」を送るためには、「脳の眼窩前頭皮質に損傷を与えるロボトミーを行うしかない」と彼女は述べています。「もしも十分に脳が機能する状態で 十分に人間らしく人道的でありたいなら、後悔しないのではなく、後悔とともに生きることを学ぶ必要がある」。彼女は若い頃に彫ってしまったタトゥーを見せつつ教えてくれました。さて、なぜ、「後悔」から入ったのか。少しお付き合いください。

私は1年の夏にサッカーサークルから体育会ソッカー部へ転向してきました。体育会は強豪校出身が多く、都立進学校出身では活躍できないと、入学時にサークルを選びました。高校では主将を務め、10数年ぶりに都大会ベスト16まで進みましたが、最後の試合で0−10で負けました。越えられない壁があると感じたからです。
思えば、私の人生は挑戦する事から逃げ続けたものでした。とても頭の良い長男(でも変人です)や、サッカーで大活躍していた次男(ソッカー部OBの山浦新)を尻目に、自分はプロにはなれないだろうと、サッカーの強豪校ではない都立の進学校を選び、浪人してでも行きたかった東京大学に数点差で落ちた時にも、再挑戦する事は選びませんでした。兄と比較される事から逃げ、辛い事から逃げていました。
そんな自分を変えたいと思ったきっかけが、サークルの仲間に連れられて大学1年の時に観た早慶サッカー定期戦でした。実は、兄が何度も出場していたのにも関わらず、それまで一度も見にきたことがありませんでした。本気でサッカーと向き合い、大舞台で活躍する兄と自分を比べることが怖かったからです。(今でも後悔しています。この場を借りて兄に謝罪します。)
あの夏に観た早慶戦のことは今でも鮮明に覚えています。体育会部員の体を張ったプレーや、応援の部員までもが涙する姿を見た時、結果が出ないことを恐れ、挑戦から逃げている自分に気づき、たまらなく恥ずかしくなりました。逃げ続ける自分を変えたい、自分の壁を越えたいと思いました。逃げて後悔したくないと、翌日には入部を願い出ました。
入部直後の夏の走りでは、毎日のように吐いて倒れ、ボールを使う練習にすら参加できないこともありました。「あの山浦新の弟」として社会人や部員から見られ続ける毎日でした。(当時Cチームコーチだった冨田監督に、間違えて「新」と呼ばれることが何度もありました。)そんな時に支えてくれた同期には本当に感謝しています。途中入部なので、人一倍練習に真摯に取り組むのはもちろん、自分の強みや課題、チーム状況を分析し、FWからCBにポジションを変えてでも、自分の壁に挑みました。その姿勢が評価され、3年生ながらBチームの副将を任され、その後トップチームに昇格を果たしました。「いつかはあの早慶戦の舞台に・・・」。それが全ての原動力でした。しかし、順調に目標に近づいていると感じていた時にこそ、落とし穴が待っていました。

「右膝半月板損傷」
3年の11月に全治4ヶ月と診断されました。手術のために入院中のベッドの上で、Twitterを通してチームの2部降格を知りました。監督が交代し、新チームが始動し、着々と力をつけていく仲間たちが試合で活躍する姿を、ただ黙って見ることしかできない。そんな状況のせいか、焦ってリハビリをしては膝を痛めることを繰り返し、結局全治8ヶ月かかってしまいました。あんなに憧れていた早慶戦も、ついにはトップチームにおいてメンバー争いをすることすら叶いませんでした。
後期はBチームでIリーグに全試合出場するも、トップチームへの昇格も叶っていません。最後まで諦めていませんが、サッカーをするのが辛いと感じてしまう自分がいました。同期の堤や風間が関東リーグデビューを果たし、周りの部員たちが喜んでいる状況でも、私はあまり素直に喜ぶことができませんでした。自分に言い聞かせずにはいられませんでした。
ソッカー部への入部を決断し、自分と向き合い続けた4年間に後悔は無い。怪我などの過去に起きたことを嘆くのはまったく時間の無駄で、後ろ向きにならず常に前向きであるべきで、残りの期間で私にできるのは後悔のない人生にするよう努めることである、と。
そこで、「後悔」を考えてみたのです。(冒頭に戻ります。)

目標があって、夢があって、ベストを尽くそうとするなら、うまく行かないときに後悔して痛みを覚えるのは当然です。大切なのは後悔しないで生きることではなく、自分の後悔と向き合い、後悔とともに生きていくことなのです。後輩たちにはこの痛みとともにソッカー部での生活を頑張って欲しいと思います。
私自身も先日、トップチームへの昇格をかけ、やっとの思いで出場の機会を得たJr.リーグで、PKを外して負けてしまいました。大きな胸の痛みを感じています。

長くなりましたが、最後は、どんなに遠い会場でも欠かさず応援に来てくれる両親への感謝と決意表明で締めくくりたいと思います。
いつも応援に来てくれてありがとう。あと少しの間だけど応援よろしく。
残り少ない時間ですが、本気でサッカーと、自分と向き合っているからこそ感じることのできるこの痛みを楽しみつつ、トップチーム昇格、関東リーグ出場を目指して努力し続けます。

「山浦新の弟」ではなく、兄のことを「山浦敬史の兄」と呼ぶ人が多くなることを信じて。

さて、バトンはグラマネとして戸田コーチ率いるCチームを支え、私生活でも私の飲み友達である鹿島祐平の手に渡ります。グラマネとしての自信と共にお腹にぜい肉もついてきました。日本語より英語のほうが得意という噂もある彼ですが、きっと熱い想いを述べてくれるでしょう。
どうぞご期待ください。

《NEXT GAME》
10月28日(日) 関東リーグ戦 第18節 vs東京農業大学
@立正大学グラウンド 11:30キックオフ

ラスト1ヶ月に向けて(木村健志)

2018.10.25

木村こんにちは。名将本田完からバトンを受けました、今回ブログを担当する法学部法律学科の木村健志と申します。完から引き継ぐということで大学3年になる前の3月に完にめっちゃ怒られたことを思い出しました。すみませんでした。笑

ついに自分も4年生ブログを書く時がきて感慨深いです。
みんな今までのソッカー部生活を通して感じてきたことを書いている人が多いと思ったので、今回自分は引退まで1ヶ月切ったということでこのラスト1ヶ月について書こうかなと思います。
前置きとして、4年目のラストシーズンは一番試合に出場することができています。BチームのIリーグは就職活動期間を除いて全試合スタメンで使っていただき、フットサル部門でもインカレ準優勝までの16試合に加え、夏の御殿場遠征中に日帰りドライブでリーグ戦に出たり、本当に充実したシーズンを過ごしています。さらに、自分はフットサル部門の関係でどのカテゴリーに所属していようと、11/24、つまり引退の日まで公式戦が用意されています。運が良いんです。
最後の最後まで成長するチャンスがあります。自分はもっともっとサッカーが上手くなりたいんです。というかまだまだ足りていません。
誰しもが入部時に思っている、トップチームで関東リーグに出場するということが達成できていません。
そもそもトップチームにすらいないのでスタートラインにも立てていません。
幸いにも(トップの選手にとっては嬉しくないかもしれませんが)来週にはAB戦が予定されています。僕を含めた4年生にとっては最後のトップ昇格のチャンスです。4年生だけでなくBチームの選手はみんなギラついていると思います。笑
ここで結果を残せるかどうか。そこでラスト1ヶ月が決まってくるんじゃないですかね。
そこでダメならしょうがないです。Bチームの最後の公式戦、フットサル部のリーグ戦に全部勝つだけです。楽しむことも忘れずに。
何が言いたいかというと、「ラスト1ヶ月最後まで上を目指して成長します!」ということです。
まずは来週のAB戦、Aチームの道を切り拓けるかは自分次第。楽しみです!
プレーがダメダメだったら笑ってください。笑

最後の最後に寝坊やケガ、当日気合い入りすぎて空回りしないよう最大限気を付けます。笑

最後までお読みいただきありがとうございました。
続いてバトンを渡すのは同じくBチームの最年長DF山浦敬史です。ベテランの味のあるブログをお楽しみに!

《NEXT GAME》
10月28日(日) 関東リーグ戦 第18節 vs東京農業大学
@立正大学グラウンド 11:30キックオフ

見えるものと見えないもの(本田完)

2018.10.23

本田new平素は大変お世話になっております。常に切れ味鋭い意見を持ち、頼りになる「いとしゅん」こと、伊東駿からバトンを引き継ぎました、総合政策学部グラウンドマネージャーの本田完です。
最後のブログということで、後輩へのメッセージも込めて書こうかなと思います。

 

 

 

わたしが普段どのようにサッカーを捉えているか、読んでいただいている人と共有できたら嬉しい。
将棋とサッカーは似ている。玉を奪うために、ピッチ上を所狭しと選手たちは動く。選手それぞれに特徴があり、局面を突破すると盤面優勢になる。チームによって得意とする形があり、玉を囲う(ゴールを奪う)瞬間は至ってシンプルであることが多い。

せっかくなので、もう一つ例を挙げてみる。
「じゃんけん」とサッカーも良く似ている。でも単に確率任せってわけではどちらも勝てない。人は硬くなると初手にチョキを出しづらいし、負けられない局面になればなるほどグーを出してしまう。(初手にチョキは確率が低いというのに。)緊張する試合で、いかに冷静さを保てるか、いつも通りを貫けるか、最後勝負の分かれ目になるのかもしれない。

だから!話がくどい。
今日も誰かに怒られそうだ。でも最後のブログである。お付き合い頂きたい。
野球とサッカーは似ていない。そもそも手でボールを扱うなんて、サッカーの世界では考えられない。私は野球も好きだが、ある友人は野球が嫌いだと言っていた。理由を聞くと「なんで守ってる方がボール持ってるんだ」と怒ってた。これには納得である。

大学3年生に上がるタイミングで私は学生コーチ(グラウンドマネージャー)になった。今思えば、当時サッカーを辞める決断ができたのは、選手としてプレーする自信がなくなったからのようにも思えるし、体が想像以上に動かなかった自分に嫌気がさしたからのようにも思える。一方で、サッカーは大好きだし、浪人していても入部を受け入れてくれた慶應のソッカー部に何か貢献できる道を探していたのもまた事実で、同期からの温かい推薦もあった。

学生コーチになってからは、見える世界は途端に変わった。あれ程ボールの移動中に周りを見なさいと言われていたのに、まったく見なくて良くなった。あたりまえといえばあたりまえで、相手のプレスとは無縁の所(ピッチ脇)で戦況を見ていられるからである。

2つ目もなかなか共感してもらえると思う。
監督の顔色ももちろん見なくなった。コーチになってこそ、そんなものは二の次と分かるのだが、選手たちはなかなかそう行かない。自分のプレーへの評価が気になるのは当然だし、ベンチを見てしまう気持ちも分かる。(もちろん気にしすぎるのはダメな選手だけれど。)当然、コーチになれば監督の顔色よりも見なくてはならないものの数が増え、見ている余裕がないと言うこともできそうだが。

来季は何を見なくなるのか、少し楽しみで、少しさみしい。と時々思う。
一方で、見えるようになったものもある。
例えば、選手の調子だ。単にプレーが良い、悪いだけではない、より深い意味での調子について。毎日グラウンドで選手を見ているからこそ、気づいた発見でもある。
さらに言えばプライベートをピッチに持ち込んでしまう選手もいれば、寝坊してもあっけらかんとしてプレーできちゃう選手もいる。良し悪しではなくて、どの選手にも個性やその人となりが出ているということなのだろう。(この点将棋の駒とは別物なのだが)

年中、選手に向き合っていれば失敗やうまくいかないことは多々ある。
その中でもちろん、私は学生コーチとして接し方や声のかけ方も変えるし、時には気に留めないことも必要なのかもしれないと思って振舞ってきたつもりだ。
迷惑も散々かけた。
でも、いろんな選手がいる中で、名前を呼ばれることだけは、共通して嬉しいのかなと選手を見ていて思う。良いプレーはもちろん、ミスをしたときも名前を呼ぶだけで、頬が緩むこともある。確かに、逆も然りであり、声のトーンやタイミングには細心の注意が肝心なのであるのは間違いない。

はい。結局、何が言いたいかって言うと、人によってモノの見え方は違うってことだ。立場によっても違うし、精神状態によっても違うし、比較する対象が変化しても違う。
モノサシを変えれば、きっと「亀が遅い」と決めつけるのには、まだはやいことに気づくに違いない。ウサギと競争なんかするから、遅いと言われる。

勝ったのは亀だ!と誰かにつっこまれそうだ。
でも、本質はそこじゃない。ここで真に伝えたいのは、モノを見るための眼(モノサシ)はたくさん持った方がいいってこと。誰かの思考を借りることはできても、その人になることはできない。だとしたら、自分が持つモノサシの数を増やしておく必要があると思う。もっと勉強すべきだし、もっと本読むべきだし、もっと多くの人と話してみるべきだと思う。その積み重ねが、大学生活で一番大事なんじゃないかなと、大学4年生の今強く感じている。

ついでに、最後のブログ執筆なので、おこがませながら、最後のお願いをしておこう。
ここまで読んでくれた人にお手数だが、一番はじめに戻り、空白の後(各段落)の最初の文字だけを抜き出してほしい(最初の文字はわたしはの「わ」)。また新しいこのブログへの見え方があると期待し、それを後輩たちへのエールとして、このブログの締めくくりにしたい。
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

次にブログを書くのは、チーム随一のテクニシャン、キムさんこと木村健志です。

《NEXT GAME》
10月28日(日) 関東リーグ戦 第18節 vs東京農業大学
@立正大学グラウンド 11:30キックオフ

積み重ねが全て(伊東駿)

2018.10.21

伊東1平素は大変お世話になっております。共に励まし合いながら多くの怪我を乗り越えてきた山村桂介からブログのバトンを引き継ぎました、商学部4年の伊東駿です。

最後のブログということで、ソッカー部生活を経て、自分が感じたことの中で最も後輩に伝えたいことを綴りたいと思います。

4年間のソッカー部生活を振り返ると、とにかく怪我に悩まされた期間が長かったと思います。今思い出せるだけでも6回は大きな怪我を経験し、手術2回、合計すると2年以上の間リハビリ生活を強いられました。
入部当初思い描いていた理想とはかけ離れた現実に苦しむ日々でしたが、この誰も味わったことのないような苦境を乗り越えてきたからこそ見えてきたものもあります。

それは積み重ねることの大切さです。一見当たり前のことのように思えるかもしれませんが、私自身16年間サッカーをやってきた中で、それに気づき、本当に意識をして取り組み始めたのは大学3年生の時でした。当時は望月大知監督の元、Bチームで毎日のように対人練習と 走りの繰り返しでした。アップをしたら、すぐにコロシアム(1vs1の地獄のミニゲーム)が始まり、最後はダブルボックスで追い込むのが定番の練習メニューで、時にはボールを使わず中山の公園まで行って、ひたすら走る日もありました。今までのサッカー人生を振り返っても、日々の練習がこんなにきつかったことはありません。始めはただ練習がきつくて、対人プレーにも自信の無かった私は、練習についていくだけで精一杯な状態でした。それでも大知君は決して妥協を許さず、声を荒げて選手を鼓舞し、練習の強度と質を追求し続けていました。そんな情熱的な監督のおかげで密度の濃い1年間を過ごす事ができ、自分自身大きく成長できたと感じています。選手として秀でた特徴をなかなか見い出せず、伸び悩んでいた私にとって、対人プレーでの球際の強さや最後まで走り負けない走力いう武器を身に付ける大きなきっかけとなり、結果として初のトップチーム昇格にも繋がりました。

それまでの私は、選手として上に這い上がっていくには、人以上に自主練を行い、練習量こなしていくしかないと考えていましたが、この1年間を通じて、チームの練習の中での強度を高めることが最も大切だと身を以て感じました。怪我でピッチを離れる時間が長ったからこそ、試合同様に味方がいて、相手がいて、ボールが常に動いて、状況が変わり続ける練習の中でしか得られないものは非常に多いように感じます。その中で強度と質を追求することは、どんな自主練をするよりも、どんな筋トレをするよりも大切なことなのではないでしょうか。周りの人よりも積極的に筋トレに励んだり、怪我をしても前よりも強くなって戻ってこようと努力してきたのに、なかなか成長を実感する事が出来ていなかったそれまでの自分には、練習に対する姿勢が足りていなかったのだと今になって痛感しています。

毎日の練習に対して100%の準備をして、練習中の1つ1つのプレーにこだわりを持ち、全ての力を出し切ること。上手くいかなくて先が見えなくても投げやりにならず、とにかく毎日少しでも成長してやるという気持ちを持つこと。自分の身体の事を1番に考え、怪我なくピッチに立ち続け、毎日の練習を積み上げること。
これがソッカー部での4年間を通じて私が感じた選手としてのレベルアップに最も大事なことであり、後輩に最も伝えたいことです。このブログを読んだ後輩達が一度立ち止まって自問自答し、練習への取り組む姿勢を見直す機会にしてくれれば嬉しいです。

長々と書いてしまいましたが、これはあくまで私自身の経験であり、人それぞれに成長のプロセスは異なると思います。ただ、2年までの自分のように伸び悩んでいる選手にはまず日々の練習を大切にしてほしいという想いがあり、最後のブログで書かせて頂きました。

最後になりましたが、今まで自分のサッカー人生で出会った仲間や指導してくださった監督・コーチの方々、そして常に何不自由なく支えてもらった両親には感謝の気持ちしかありません。
私のサッカー人生に関わって頂いた全ての方に感謝を伝えたいと思います。

本当にありがとうございました。
そしてこれからも宜しくお願いいたします。

拙い文章でしたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次にブログを書くのは、ベンチに座っているとベテランの名将のような風格を漂わせるグランドマネージャー本田完です。

《NEXT GAME》
10月28日(日) 関東リーグ戦 第18節 vs東京農業大学
@立正大学グラウンド 11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ