オフィシャルブログ

変えられるものと変えられないもの(宮川大史)

2018.11.04

宮川平素は大変お世話になっております。実は入部後初めて話した同期である、ありしゅんこと有本峻から紹介に預かりました、体育会ソッカー部4年宮川大史です。あと3週間もすると引退となりました。本当に時の流れはあっという間です。

以下、私がソッカー部での4年間で何を考えたのか、これについて書いていきます。
拙筆ながら、暫しお付き合い頂けますと幸いです。

世の中には、
「変えられるもの」と「変えられないもの」があると思っています。

これと似たような表現をひとつ紹介させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「神よ、変えることのできないものを静穏に受け入れる力を与えてください。変えるべきものを変える勇気を、

そして、変えられないものと変えるべきものを区別する賢さを与えて下さい。」(ニーバーの祈り)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これらをサッカーに置き換えて考えます。

シュート技術や、戦術理解度などはじっくり鍛えていくことで確実に向上する要素です。時間は非常にかかるかもしれませんが、やれば確実に成果は出ます。これらを「変えられるもの」と呼ぶことにします。
それに対し、足の速さや、ジャンプ力などはいくらトレーニングしてもなかなか効果が現れにくく、生まれ持った要素がモノを言うことが多いのではないでしょうか。加えて、コーチからの評価などもなかなかコントロール出来ません。これらを「変えられないもの」と呼ぶことにします。

1つ強烈に印象に残っているシーンがあります。運よく出場機会をいただいた、3年前期のリーグ戦の時のことです。私よりも身長が10cmほど低い選手に、ド派手に競合いで負けました。その時私は、
「あいつのジャンプ力半端ない。」
自分の力不足を棚に上げ、こう言い訳することで負けを正当化していました。知らぬ間に、「変えられないもの」に目が向いていました。そのほうが自分が傷つかないからこう発言したのだと思います。今思い返すと私自身、かっこ悪い典型のような考え方をしていました。

そんな中、3年時からフットサルでお世話になっている、四戸さんとお話ししていて気付いたことがあります。
「その日の調子で出せる最大限のプレーをすること。毎回100点満点でプレーを出来る訳はなく、その日のコンディションなどを踏まえ、臨機応変に対処する能力が大切である。」
四戸さんは常々こうおっしゃられます。実はこの言葉がキッカケで、私の考え方は大きく変わり始めました。四戸さん、本当にありがとうございました。
コンディションが良くない日に、むりやり100点を取りに行っても、悪循環にハマるだけです。良くないときは、良くない時なりに、すぐに修正することが何よりも大切なのではないでしょうか。それが結果80点だったとしても、その日の最大限のパフォーマンスならばそれで良いのです。100点を無理やり目指して、その試合を棒に振り、周りの足を引っ張っている暇などないのです。

詰まる所、一番大切なことは、
自分で変えられることに一早く気付き、行動に移せるかどうか。
これに尽きるのではないでしょうか。

スタメンで出た次節にメンバー外になるなんてことも実際にありました。正直この様な時の心理状態はメチャクチャです。加えて、そんな時こそ決まって評価のことばかりを気にしている自分がいました。
コーチの評価なんて変えられないから、まずは自分のパフォーマンスを変えろよ、言い訳ばかりしていた当時の私に言ってやりたいです。
後輩達には、限られた時間を最大限生かしきって欲しいです。心底そう思っています。

母校の暁星高校サッカー部監督林先生は、高校サッカー引退の瞬間、
「お前たちは人生の良いウォーミングアップをしたんだ、これが最後じゃなくて最初だ。」
こんな言葉をかけてくださいました。その時の情景は今でもパッと思い出せるくらいです。あれから4年間、捉え方によっては、ソッカー部でも悠長にウォーミングアップを続けていたのかもしれません。ここまで22年間、長い長い人生のウォーミングを許してくれた両親には本当に感謝です。

そんな私のソッカー部人生を俯瞰してみた時に、悔いは全くありませんでした。と初めは書いておりましたが、1つだけありました。四戸さんを胴上げ出来なかったことです。後輩たちは来年、必ず日本一を取って四戸さんを胴上げして下さい。絶対に応援に行きます。また、最終学年特にお世話になった友峰さんも大好きです。毎日めちゃくちゃ楽しかったです。本当にありがとうございました。振り返ると、人に恵まれ充実した4年間でした。

そして最後に、長い間1番近くで見守ってくれた家族に感謝を伝え、締めの言葉とさせていただきます。日頃は小っ恥ずかしくてなかなか言えませんが、小さな頃から毎週末試合を見に来てくれ、どんなに朝早くても文句ひとつ言わず支え続けてくれた、父、母、妹は一番の原動力でした。本当に幸せ者です。ありがとう。

次は、空飛ぶ男ウッシーこと牛岡の登場です。日頃ポーカーフェイスな彼の想いを知るには絶好の機会です。ファンの皆さん、要注目です!

《NEXT GAME》
11月10日(土) 関東リーグ戦 第20節 vs拓殖大学
@栃木市立総合運動公園陸上競技場 11:30キックオフ

アリ、サッカーしてくれ!!!(有本峻)

2018.11.03

有本平素より大変お世話になっております。

井出からバトンを受け取ってしまいました。私のプライベートの事情は、彼なしには語れない。べた付き過ぎて、よく疑われてしまうのですが、変な関係ではありません。

今回のブログの担当は、有本峻です。

まず始めにCチームをIリーグ2部に降格させてしまい、大変申し訳ありませんでした。後輩に1部の舞台を残せなかったことは非常に悔やまれることです。しかしながら、我々は得たものも多かったのではないでしょうか。

Cチームにはもったいないほどのコーチの下で、勝利を勝ち取る為に必死に練習してきました。コーチの勝利に対する執念は、我々選手を上回ってしまうのではないかという程のものでした。彼が、サッカー選手としてプロになり、日本代表まで上り詰めたのも納得です。

練習メニューも刺激的で、最初の頃はついて行くのに必死でした。厳しい言葉をかけられながら、地べたを這いつくばって必死に食らいついて行く。こんなラストイヤーになるとは想像もしていませんでした。しかし、振り返ってみると、苦しいながらもどこか楽しかった気がするのです。

4年になると、成長するというよりは、いまの実力で全力を尽くすというイメージがあります。サッカーキャリアの終焉として、「四年の意地」をピッチで表現するのです。しかしながら、Cチームにおいて「四年の意地」なんて言っている暇はありませんでした。チームのプレーモデルにキャッチアップできない選手は、試合に出ることができません。プレーモデルをしっかりと理解した上で、自分ならどのような色が出せるか。どのようにチームの勝利に貢献できるのか。そんなことを毎日考えさせられました。ただ頑張るだけの選手は、何の評価もされません。

ラストイヤーに多くのことを学ぶことが出来ました。その中で、最も心に刻まれているのは、「常に成長し続けなければならない。」ということです。ある日の練習中、「アリ、サッカーしてくれ!!!」と怒鳴られたことを思い出します。練習中に遊んでいた訳ではありません。

これは、コーチが提示してくれた新しいプレーモデルをトライしなかったときに言われた言葉です。彼はプレーのミスよりも、トライしないことを嫌います。その時に、私は新しいものにトライして、成長していかなければと強く思ったのです。当たり前のことかもしれません。しかし、社会人になる前に自分の信念となったことは確かです。コーチには感謝してもしきれません。

最後に、素晴らしい大学生活を支えてもらった両親と仲良くしてくれた仲間、そして関田に感謝をしたいと思います。いつも、ありがとう!これからもよろしく!

さて次のブログの担当をするのは、あの色男、宮川大史です。彼とはよく人生の話をする大切な友人です。深い思考と行動力が持ち味のたいしは、どんなブログを書いてくれるのでしょうか。楽しみです。
《NEXT GAME》
11月4日(日) 関東リーグ戦 第19節 vs日本体育大学
@Shonan BMW スタジアム平塚 11:30キックオフ
★集中応援日となっております★

幸せなサッカー人生(井出悠介)

2018.11.01

井出平素より大変お世話になっております。私が22年生きてきてこんなにも面白い人はいないと感じた大勇からバトンを受け継ぎました、環境情報学部4年の井出悠介です。大勇にはピッチ内外で笑顔にさせてもらいました。

私は幼稚園からサッカーを始めて今年で17年目になります。中でも慶應ソッカー部で過ごした生活では本当に自分は恵まれているんだなと実感することが多く、幸せなサッカー生活が送れていると心の底から思いました。そこで、今までのソッカー部でのエピソードを振り返りたいと思います。

1つ目はリサーチの存在です。ソッカー部では相手チームを分析するリサーチという部門があり、相手チームの試合を撮影したり、泊まり込みでスカウティング発表の準備を行います。私自身サイドバックという守備を重視されるポジションにも関わらず、守備が私のウィークポイントでした。そのような状況でリサーチのメンバーと一緒にマッチアップする対戦相手の特徴を映像を使いながら研究することによって、自分のウィークポイントを最小限に抑えることができ、試合に出場し続けることができていると思います。特に早慶戦では関東リーグ前期11試合の情報を参考に早稲田のエースである相馬選手の対策を入念に行ったことによって早稲田の攻撃の形を封じることができたと思います。リサーチはソッカー部での強みであり、大きな戦力です。

2つ目はフットサル部門との出会いです。私が3年生の頃、トップチームに所属していたものの試合に出場することができていませんでした。そこでフットサル部門との出会いがあり、私のサッカー人生が大きく変わりました。四戸監督をはじめ、フットサル部門のメンバーが温かく私を迎え入れてくれ、関東リーグや全国大会と貴重な体験をさせていただきました。競技は違うものの全国大会準優勝や日々のサッカーとフットサルの2部練習は技術向上や自信につながり、サッカーにおいても関東リーグ出場や早慶サッカー定期戦出場など、私が目標としていた舞台でサッカーをすることができました。また、下級生の中でフットサル部門の入部に迷っている部員もいると思いますが、現況を打開するひとつの選択肢になると思います。怪我のリスクやコンディション面で気になることは多いかもしれませんが、四戸監督のもと行われるフットサルでは得るもののほうが多く、サッカーにおいてもフットサルにおいても成長できると自信を持って言うことができます。

3つ目は仲間と過ごした4年間です。ありがちなワードかもしれませんが、私が幸せなサッカー人生であったと言い切れるのは間違いなく仲間のおかげだと思います。部員のみんなをはじめ、私の想いに真剣に向き合ってくれた監督のとみけんさん、怪我の多かった私をいつも治療してくれたトレーナーの三浦さん、最高の早慶戦を作り上げてくれたスタッフやマネージャー。全ての仲間がそれぞれに悩みを抱えているなかで切磋琢磨し合いながら己を高めていく経験は今後の社会人生活でも活きるものだと感じました。

3つのエピソード挙げましたが、この大学4年間で数えきれないほどの素晴らしい経験をさせてもらいました。そこでこの場を借りて私のサッカー人生に関わってくれた全ての人にお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。11月25日でこの部を引退することは寂しいですが、残りの短い期間、大好きなサッカーを全力で行い、後輩たちに笑顔で襷を繋げるように努力します。
と意気込んでいたものの本日の練習で怪我をしてしまいました。人生いつなにが起こるか分かりません。復帰への望みがある限り、最後まで諦めず、リハビリに励みます。

拙い文章となりましたが、最後までお付き合い頂きありがとうございました。
次は、サッカーも頭脳もキレキレなありしゅんこと有本峻です。どんなブログを書いてくれるのか、ご期待ください。

《NEXT GAME》
11月4日(日) 関東リーグ戦 第19節 vs日本体育大学
@Shonan BMW スタジアム平塚 11:30キックオフ
★集中応援日となっております★

“Life is a tragedy when seen in close-up, but a comedy in long-shot.”(鈴木大勇)

2018.10.30

鈴木大2タケ、紹介ありがとう。
タケとの思い出は数え切れないほどあります。例えば、、、、、

平素より大変お世話になっております。
このブログを担当するのは、経済学部の鈴木大勇です。

“Life is a tragedy when seen in close-up, but a comedy in long-shot”

この言葉は今年に入ってから、いつものようにネットで記事を読んでいるととあるインタビューの中で紹介されていて知りました。まさに自分のソッカー部での四年間にも通じていると思ったので、今回のブログではこの言葉を私の四年間と重ね合わながら紹介していこうと思います。

この言葉は説明するまでもないかもしれませんが、”人生は近視眼的に見ると悲劇であるが、遠巻きに見れば喜劇である”ということを言っています。喜劇王として知られ、私も尊敬するコメディアンであるチャップリンの言葉です。

とはいえ、私のソッカー部での四年間において悲劇とまで感じたエピソードを例として多く挙げることは難しいかもしれません。

私が一年生、二年生のとき、私は毎日退部することを考えていました。
例えば、練習中にいきなり笛を吹かれ、グラウンドを走ることを命じられたり、
例えば、GK三人で練習にいったところ、自分だけ厳しいフィジカルトレーニングが始まったことがあったり、
例えば、肘を脱臼して痛がっていると、うるさいと言われたり、
例えば、同期のGKがネックウォーマーをしていると、暑いならアップが必要だと言われ、目の前でグラウンドを走らされていたり、

と、例を挙げるとキリがありませんが、とにかくその時点で私にとってソッカー部にいることは悲劇でしかありませんでした。毎日かりそめの理由を自分に言い聞かせ、サッカーをしていたように思います。いまでも、当時のことを思い出すとセービングしてしまいそうになります。

だがそんなこと、断じていい思い出とは言いませんが、いまとなってみれば全て面白く、エピソードトークの仲間入り。

二年間退部せずに続けていると、三年生のときにはフットサルというスポーツと監督である四戸さんに出会うことができ、貴重な経験をさせてもらいました。四年生の初めに、四年間で初めてCチームでプレーすることを命じられ激しく落ち込んでいたけれど、Cチームであの戸田さんに教わることができ、そこで人生で一番サッカーがうまくなりました。そして、その二人は私の考え方に大きな影響を与えてくれました。なにより、人生においてサッカーをやる意味を教えてくれました。
息子が産まれたときには髪型を赤色のモヒカンにし、四戸と名付けることはもうとっくに決めている。

一、二年生のとき、次の日の練習が嫌すぎて夜は眠れなかったことが嘘のように、いまは次の日の練習が楽しみすぎて眠れません。結果、四年間で私は一睡も出来ていないことになります。二年間で大嫌いになっていたサッカーも、今ブログを書いている時点では大好きです。

加えて、ソッカー部では正直、ここまで考え方が合わないのかという人と出会い落ち込んだこともありました。しかし、私の考えが否定される度に、その言葉は薪となり、炎はより強くなりました。そして反対に、生涯付き合うことになるであろう友達も見つけることができたのは良いことです。夜な夜な中目黒で乗り換え、トレーニングに励んだ関田トレーニングの皆にも本当に感謝しています。ありがとう。

その時点で激しく落ち込んだり、悩んだりすることは人生で必ずありますが、今の私にとってそれは全てコメディにしか過ぎないように思えます。「人生ウケ狙い」この精神を私はソッカー部での四年間から学ぶことができました。悩んでる後輩がもしいたら、一杯ひっかけに行きましょう。

長々と綴ったブログではありますが、この人への感謝を抜きにして終えることはできません。全く、母への感謝はいつだって照れくさいものです。
先日はフットサル全国大会をはるばる大阪まで応援に駆けつけてくれました。高校生のときから常に支えていただき、気にかけていただいて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。そしてこれからもよろしくお願いします。お体には気をつけて、ノリコさん(H30卒 田野稔明の母)。

次はいでっちこと井出くんのターンです。その器用な右足から綴られる文章には期待を抱かざるを得ません。乞うご期待!

《NEXT GAME》
11月4日(日) 関東リーグ戦 第19節 vs日本体育大学
@Shonan BMW スタジアム平塚 11:30キックオフ
★集中応援日となっております★

好敵手(竹内浩貴)

2018.10.28

竹内平素は大変お世話になっております。選手皆から愛され、個人的には10年の付き合いになるかっしー(鹿島)からブログを引き継ぎました。法学部政治学科4年の竹内浩貴と申します。既に16人の同期がブログを書いてくれましたが、どれも個性ある面白いものでした。綴りたい想いは山程ありますが、今回は少し皆とは違った切り口で書いてみようと思います。

私には中学1年生の時から、勝手にライバルだと思い続けてきた選手がいます。名前は伏せますが、部員であればすぐに分かると思います。私のライバルは、常に私の一つ上を進んでいました。
中学2年、2人で受けに行った藤沢市選抜のセレクション。ライバルは合格。私は不合格。
中学3年夏、高校に向けて2人でパーソナルトレーニングを始めました。そしてライバルは1年からレギュラー。私はたまにベンチ入りさせてもらえる程度。
高校3年、主将と副将の関係に。
ソッカー部に入部してからは同じCチームでスタートしたものの、今では二つ上へ行ってしまいました。
そして1週間前の10月21日(日)、ライバルはついに関東リーグデビュー。嬉しさ半分、悔しさ半分みたいな心境でした。本人には恐れ多いですが、私なりの分析では身体的な強さなどは優れている前提として、何を武器に勝負するか、いつが勝負どきか、これらに対する直感や集中力が群を抜いていると思います。手を抜くのが上手いのに、結果が必要な場面で必ず結果を残す。そういう選手かなと。偉そうで申し訳ないです。
今では手の届かないところへ行ってしまいましたが、10年間、このライバルの存在が私のモチベーションの一部であったことは間違いありません。プライベートでめちゃくちゃ仲がいいという訳ではないですが、意識しなかった日はないです。ライバルにも色々な関係がありますが、サッカー人生が終わりに近づいている今、感謝の思いでいっぱいです。

さて、「最後に、後輩に残したいものが一つあります。それはIリーグ1部の舞台です。」
と、ここから先は抱負を綴っていたのですが、本日の作新学院大学との残留決定戦に敗れ、内容を変えざるを得ません。「皆の前では喜ばないと決めている。」と言っていた戸田コーチを、皆の前で滅茶苦茶に喜ばせてやるつもりでしたが、それも叶いませんでした。正直、頭の中は真っ白です。後期開幕の前日に骨折し、復帰の二文字が手の届くところまできていましたが、結局間に合いませんでした。キャプテンとして、ベンチから仲間を見守ることしかできない最期でした。それでも、戸田コーチと過ごした1年は最高に素敵なシーズンだったということだけは胸を張って言えます。Cチームの皆にも、頭をフル回転させながら、毎日の練習にドキドキしながら過ごしたこのシーズンに胸を張ってほしい。そして、この先もサッカーに対して真摯に向き合ってほしい。それがせめてもの戸田さんへの感謝の示し方だと思う。頼みます。

どこか自己満足な文章になってしまいましたが、最後まで読んでいただき有難うございました。次は、人生で出会った仲間の中で1番面白い鈴木大勇(トモハヤ)にバトンを渡します。お楽しみに!

《NEXT GAME》
11月4日(日) 関東リーグ戦 第19節 vs日本体育大学
@Shonan BMW スタジアム平塚 11:30キックオフ
★集中応援日となっております★

記事一覧

月別アーカイブ