オフィシャルブログ

原動力(山田敦久)

2018.07.27

山田敦平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただきます、法学部政治学科2年の山田敦久です。拙い文章ではありますが、最後までお付き合いいただけると幸いです。

先日開催された4年に1度のサッカーの祭典であるFIFAワールドカップは、フランスが2度目の優勝を果たし幕を閉じました。私は小学4年生から中学1年生までの3年間、パリの郊外に住んでおり、パリ・サンジェルマンのジュニアチームに所属していた経験があります。当時は、現在のような各国のスターが集結するフランスの一強の時代ではなかったものの、名門とだけあり、本気でプロを目指す選手達が各国から集結していました。またチームの大半がアフリカ系の移民であり、中には子供に生活を賭け、父親を母国に残して母親と移住してくる選手もいました。

チームの練習では毎回のように多くの保護者が見学し、自身の子供を激しく鼓舞するような姿も珍しくありません。金曜日には、週末の試合に出場するメンバーのみに招待状のようなものが配られるのですが、例えそれが地元のチームとの親善試合であっても、落選した選手達が号泣するといった光景は何度も目にしました。また、彼らに冷たい態度を取られたり、ドリブルばかりの自己中心的なプレーによってボールに全く触れることが出来ないようなことも多々ありました。当時の幼い私は、事あるごとに気が滅入っていましたが、突然現れたアジア人に気を遣いパスを選択する余裕等、彼らにはなかったのだと、今となっては思います。親の期待を一身に背負い、将来の家族の生活は自分次第であるという重圧を原動力とし、彼らは日々サッカーをしていました。この経験から、私はフランス代表の中心選手の殆どが移民であること、またその若い新戦力の活躍による今回の優勝は必然であるかのように感じました。

私は帰国後、所属していたチームのミーティングにおいて、監督が選手に対し「誰かの為に、チームの為に必死にプレーしろ」と熱弁する光景を目の当たりにし、驚愕したことを今でも覚えています。フランスでは、自身が上に行く為に、周りを蹴落としてやると意気込む選手が殆どでした。しかし、これまでのサッカー人生の中で、チームの為に、という日本特有の思いがプレーへの絶大な原動力となることを、私自身も様々な場面で体感してきました。そして今回のW杯においても、圧倒的な個を尊重する強豪国に対しても、日本の強みであるチーム力は十分に通用することは証明されました。

ソッカー部は学生主体であるが故に、大学サッカーの中でもこういった思いが特に強いように感じます。前期は理想とは程遠い結果となってしまいましたが、試合を重ねるごとに着実にチームは良くなっています。夏の全体合宿等を通し、慶應の武器であるチームの結束力、チーム力に磨きを掛け、後期に巻き返しを果たせるよう、日々精進して参ります。

拙い文章ではありましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
8月25日(土) 第68回慶應・神戸サッカー定期戦 vs神戸大学
@慶應義塾大学グラウンド 14:15キックオフ

2つの早慶戦と決意(八田和己)

2018.07.24

八田平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただきます、総合政策学部3年の八田和己です。今回は先日行われました2つの早慶戦とこれからの決意について書きたいと思います。拙い文章ですが最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

私達は7月7日(土)に定期戦、7月16日(月・祝)には「アミノバイタル」カップで宿敵早稲田と戦いました。 まずお越しいただきました皆様、そして応援して下さった皆様へこの場をお借りして心より感謝申し上げます。ご承知かもしれませんが、どちらの試合も1-2で敗戦と、とても悔しさの残る試合となりました。私がどちらの試合でも感じたことは早稲田の“勝負強さ”です。決めるべきところで決め、守るべきところで守る。定期戦では先制するも逆転され、「アミノバイタル」カップでは前半 1-2で折り返し、後半は猛攻を仕掛けるも得点を奪うことが出来ませんでした。正に決めるべきところで決められ、守るべきところで守られてしまいました。決して早稲田を認めている訳ではありませんが、今の慶應にはこの“勝負強さ”が足りないと思います。

慶應は昨年、関東リーグ2部に降格し、今年は1年で1部昇格という目標を掲げてスタートしました。しかし現在、前期終了時点で2部リーグ9位と思うような結果が残せていません。徐々に試合内容は良くなってきているものの、やはり勝ち切れないというのが今のチームの現状です。しかしまだ諦めていません。この夏でどのチームよりも成長し、後期必ず巻き返します。今年は菅平で全体合宿も行われる為、チーム一丸となって成長出来るよう日々精進して参ります。そして何よりこの夏で早稲田以上の“勝負強さ”を身に付け、後期リーグは勝って勝って勝ち続けようと思います。今までにない慶應を後期リーグは見せます。

拙い文章でしたが最後までお読みいただきありがとうございます。どうかこれからも温かいご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
8月25日(土) 第68回慶應・神戸サッカー定期戦 vs神戸大学
@慶應義塾大学グラウンド 14:15キックオフ

理想と現実(小山内慎一郎)

2018.07.20

osanai平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただくことになりました、総合政策学部1年の小山内慎一郎です。

「皆さんは今自分が思う理想とは何ですか?」
皆さんが思い描く理想は100人いれば100通りあると思います。ですが、誰しもが自分自身で思い描く理想通りにいく訳ではありません。思い通りにいく人もいれば、思い通りにいかず苦悩している人もいるかもしれません。今回は私が人生で感じた“理想と現実”についてお話しさせていただきたいと思います。

小学校1年生からサッカーを始めて今年で13年目になります。サッカーを始めた時からの夢は全国高校サッカー選手権大会で優勝することでした。この夢を叶える為に小学校を卒業し青森山田中学校に入学を決めました。中学3年生で全国大会優勝を経験し青森山田中学を卒業と同時に青森山田高校に入学しました。高校2年生でスタメンになり、夢であった全国高校サッカー選手権大会で優勝することが出来ました。サッカーを始めた時からの夢を叶えることが出来、この時を境にプロになるというまた新しい夢が出来ました。高校3年生の時にはキャプテンに就任しチームの中心として高校サッカー生活を送り、充実していましたし、理想的な日々を過ごせていたと思います。

大学に入学し、また新しい環境からのスタートになりました。1年目から試合に出て活躍出来ると思っていた私の理想とは裏腹に全く違ったものでした。トップチームにはいますが、試合に出られる立ち位置でもなければそれにも絡んでいくことが出来ない私の力の無さに、悔しい気持ちよりも情けない気持ちの方が強かったです。

理想としていた自分と今の現実。やはりそんなに甘くない。大きな壁にぶつかりました。上手くいかない時、悩みに悩んで今自分が出来ること、自分自身の殻を破り少しずつでも前に進んでいかないといけないと改めて感じました。

私が理想としている活躍、最高の舞台に立てるように今の現実と向き合いたいと思う。そんな現実から、思い描いている理想に近づく為に日々成長し続けなければならない。

“理想と現実” その壁を超えた先に輝かしい舞台がきっとある。

拙い文章でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。これからもソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願いします。

《NEXT GAME》
8月25日(土) 第68回慶應・神戸サッカー定期戦 vs神戸大学
@慶応義塾大学グラウンド 14:15キックオフ

早慶戦とフットサル部門について(大久保晴)

2018.07.17

大久保平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただきます、商学部1年の大久保晴です。

私は塾高ソッカー部出身なので、早慶戦は幾度か観戦させていただいたことがあります。ですが、ソッカー部の一員として見た早慶戦は今回が初めてになります。その中で感じたことを拙いながらも文章にさせていただきました。最後までお読みいただけましたら幸いです。

私が初めて早慶戦を観戦したのは高校2年生の夏です。会場の熱気と鳴り止まない応援、そして何よりピッチ上の選手のプレーに圧倒されたことを今でも覚えています。いつかこの舞台に立ちたいと思い、ソッカー部への入部を決めたのもこの時です。

当時は裏方の仕事等何も知らなかった為、早慶戦の輝かしい面しか見たことがありませんでした。ですが大学生になり初めての早慶戦を迎えるにあたって自分が考えていたよりずっと多くの人に支えられ、沢山の時間と資金を費やして成り立っていることを知りました。そしてその中に自分の仕事があり、役割があり、見る側から作る側に変わった瞬間でした。

裏方の全貌を知り、微力ながらも作る側として携わったことにより、以前は深く考えることのなかった早慶戦を作り上げている方々への感謝を感じるようになりました。

当たり前の様に毎年開催している早慶戦でしたが、影では沢山の人の支えがあって成り立っています。そのことを忘れずに1年後、2年後、3年後にまずは選手として、それが出来ない時は裏方として、最高の早慶戦を作れるように尽力していきたいと思います。

早慶戦とは関係ありませんが先日、ソッカー部フットサル部門のインカレ出場が決定致しました。こちらでも選手として関わることは叶いませんでしたが、メンバー入りした選手達の素晴らしいプレーにより見事、関東大会2位を勝ち取ることが出来ました。「初出場で初優勝」というタイトルを手にする為に全国大会でも全力で戦いますので応援の程、宜しくお願い致します。

最後までお読みいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
8月25日(土) 第68回慶應・神戸サッカー定期戦 vs神戸大学
@慶応義塾大学グラウンド 14:15キックオフ

サッカーが出来る幸せ(大薗慶悟)

2018.06.28

大薗平素よりお世話になっております。総合政策学部1年の大薗慶悟です。今回のブログでは、私の高校時代の話をさせていただきます。

私は宮崎県から親元を離れ神奈川県の高校に入学しました。私の通っていた高校のサッカー部は入学当時から監督問題等があり、練習が無いという異例な状態からスタートしました。また、部活が始動したと思いきや、2年生や3年生とは全く関わることが無く、まるで別のチームであるかのような、あり得ない体制でした。そんな中でチームメイトが監督からパワハラを受けるトラブルに巻き込まれる等、沢山の問題が起きました。そして、私達はこの監督の元ではサッカーが出来ないと思い、ある種のストライキを起こしました。その結果、元々先輩方を指導していたコーチが私達を指導して下さることになりました。しかし、私達はグラウンドが使えない、使えたとしても隅だけであったりと十分にサッカー出来る環境がありませんでした。その後も5回も監督が変わる等、私自身もこのままサッカーをしていていいのだろうかと悩ませられる日々が続きました。

この状況のせいで仕方なくサッカー部を辞めていく仲間や転校していく仲間さえいました。気付けば最初40人いた同期もいつの間にか半分になっていました。「全国大会に出たい」というただそれだけの目標に向けて残ったメンバーで1日1日を大切に過ごしてきました。そんな中、私達は理不尽にも学校と監督側から「関東大会、インターハイでどちらもベスト8に入れなければ選手権には出さない」という条件を突き付けられ大会に挑むことになりました。関東大会では見事3位になる事が出来ましたが、夏のインターハイではベスト8を決める試合で逆転負けしベスト16に終わってしまいました。負けたと同時に私達の引退が決まったのです。

しかし、私達は選手権を目指しこの高校を選び入った為諦める事が出来ませんでした。インターハイで負けてからグランドは使えなかったものの、毎日部員全員で集まり話し合いをし、どうしたらサッカーをする事が出来るのか、どうしたら選手権に出る事が出来るのか等、全員一丸となって考えました。選手の保護者の方々も私達の為に全力を尽くして下さりました。学校側の最終的な答えが出るまでグラウンドの4分の1しか使えないという不十分な環境の中でも、全員が選手権に出る事だけを考え一生懸命練習に取り組みました。

選手権の直前に、私達が選手権へ出場出来るという発表がありました。グラウンドが当たり前のように使え、当たり前のように自主練が出来る環境を有難く思いながら毎日練習に取り組みました。私達は全力で予選を戦い抜き、決勝ではライバルである桐光学園と対戦しました。決勝戦では我らのキャプテンが退場するという絶体絶命の状況に置かれ、神様はどこまで私達を見放すんだと思いつつも、必死でゴールを守り抜き運命のPK戦に縺れ込むことになりました。両者4本目まで決め、迎えた5本目。緊張の一瞬に私は心臓が止まる感覚さえ覚えました。私達は難なく決め、相手のキャプテンの番が回ってきました。私は素直に「お願いだ。外してくれ。」そう願いました。次の瞬間、ボールは白く輝くバーの遥か上を飛び夕日の中へと消えていきました。ここで長い長いホイッスルが会場中に響き渡ったのです。こうして私達は目標であった神奈川県制覇、全国大会出場を果たす事が出来ました。応援席にはこれまで支えてくれた保護者、学校の先生方、辞めた後も応援してくれた仲間、OBの方々がいてみんなが讃えてくれました。優勝と共に、嬉し涙はもちろん、今までサッカーが出来なかった辛い時期のことなどが思い出され、「今まで辛かった」と号泣したのを今でも鮮明に覚えています。

私はこの高校サッカーを通して、沢山のことを学ぶことが出来ました。その一つは、どんなに辛い時でも前を見て進むことが大事だということです。これはサッカー以外にも通用することだと思います。「All is well」(きっとうまくいく)と物事をポジティブに捉えて前進すれば成功すると私は考えます。そして一番に学んだことは「サッカーが出来る環境を当たり前と思ってはいけない」ということです。この事は高校で痛い程実感しました。ソッカー部はとても素晴らしい環境です。この最高の環境下にいるからこそ、沢山のことを吸収してサッカーが出来ることに感謝し、この環境を最大限に生かしていきたいです。

拙い文章でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
7月1日(日) 関東リーグ戦 第11節 vs日本体育大学
@Shonan BMWスタジアム平塚 11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ