オフィシャルブログ

きっかけ(江本優貴)

2017.12.18

江本こんにちは。平素は大変お世話になっております。総合政策学部2年の江本優貴です。

『成功する人には必ずきっかけがある。』
この言葉は、私をこれまで育ててくれた大宮アルディージャの育成部長を務めており、なでしこJAPANでもコーチをなさっていた中村順さんがおっしゃっていた言葉です。
成功している人には共通して、何かしらのきっかけがあります。

確かに、私の人生を振り返ってみても、手にした成功には必ずきっかけがありました。例えば、今こうしてブログを書き、素晴らしい環境でプレー出来ていることにも、慶應義塾大学に憧れつつも合格する自信が無く、指定校で進学しようとしていた私の気持ちを察したアルディージャのコーチが私に歩み寄り、受験を決心させてくれたというきっかけがあります。ユースでは全員がグラウンドの隣にある素晴らしい寮で生活させてもらい、サッカーに集中出来る環境を整えていただいていました。共に生活するチームメイトのほとんどがスポーツ推薦での進学を決めている中で、私は、進路が決まっていない状態でサッカーを頑張ることに対する不安やサッカーと受験の両立に難しさを感じていました。しかし、コーチと話していく中で自身が勝手に自分の限界を決めていたことに気が付くことが出来て、サッカーだけでなく受験に対しても全力で取り組む決心をすることが出来ました。私が今ソッカー部でプレー出来ているのはそのコーチのおかげであり、本当に感謝しています。

そしてソッカー部に入るというきっかけを経て、多くの人の支えがあってサッカーが出来ているということに気が付きました。ソッカー部は学生主体の組織で、自分の役割を全うする部員と、見えない場所で仕事に取り組む学生スタッフの努力によって成り立っています。そんな中、私達2年生は粗相を重ねてしまい、代バック(下級生扱いに戻されてしまうこと)してしまいましたが、これをきっかけに改めて一人ひとりの行動が組織に与える影響の重みを感じることが出来ました。また、同期から学生スタッフを出すこの時期は、同期や先輩との対話を通して自分がどの様にチームに貢献するのか、学年としてどの様に取り組んでいくのかを考えるきっかけとなり、この部に貢献したいという強い思いを抱く様になりました。

この様に、私達の現状は過去の何らかのきっかけの延長線上に存在しており、私達の周りには普段意識している以上にきっかけが溢れていることに気が付きます。しかし、そのきっかけはチャンスという形をしている訳でもなければ、必ずしも負の前兆を知らせてくれるとは限りません。すなわち、出来事そのものが善か悪かという意味を持つというよりむしろ、当事者がその出来事の重要性に気付いて行動を変えることによって、その出来事が成功へのきっかけとなるのです。

今年は、歴史と伝統あるソッカー部の先輩方が掴み取り、継承されてきた関東リーグ1部という舞台を失うという非常に悔しく、そして不甲斐無い結果に終わってしまいました。この部に残り来年を戦う下級生は、来年1部に戻す使命があると共に、この結果を今後のソッカー部の飛躍に繋げるきっかけにしなくてはなりません。そんな中、明日から1、2年生だけで出場する新人戦の全国大会が始まります。悔しい結果に終わった今シーズンの最後の大会では何よりも結果が求められていると思います。私は、この新人戦チームの主将を任せていただいたので人一倍責任感を持ってチームの勝利に貢献します。

新人戦全国大会への切符を勝ち取ったこと。これは、多くの方々の応援の上に成り立つものです。この全国大会を振り返る時、全国大会という事実から繋がる未来はどの様なものか、どんな未来へのきっかけとして認識されているのかはまだ分かりません。でも、この全国大会をきっかけに強くなれたんだとみんなが笑顔で振り返る未来を信じています。そして、まずはこの大会を来年の「1年で1部に復帰する」という目標を達成する為のきっかけと出来る様、全員で戦い抜き、優勝という結果を掴み取ります。応援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
12月19日(火) 第1回全日本大学サッカー新人戦 第1戦 vs甲南大学
@流通経済大学グラウンド 14:30キックオフ

最後に笑おう(小谷春日)

2017.12.16

小谷2平素は大変お世話になっております。環境情報学部3年の小谷春日と申します。

新チームになり2週間が経ち、私たちは1年での1部復帰を使命に活動しています。
あっという間に最終学年となり、もしかしたらあと1年で現役を引退するという状況に戸惑いつつも明確な目標を持って取り組んでいます。

今までを振り返るとサッカーが私の全てでした。日韓ワールドカップに憧れてサッカーを始め、ひたすら上を目指して来ました。
優勝する喜び、国際大会の緊張感、早慶戦という大舞台、降格という大きな失望と、様々なことがある中で全てが私の要素であり、成長させてくれました。
学生サッカー最後の1年はどんな瞬間が待っているのか分かりませんが、それを決めるのは私のたった今からの行動です。後悔のない様突っ走ります。

みんなで最後に笑おう。

《NEXT GAME》
12月19日(火) 第1回全日本大学サッカー新人戦 第1戦 vs甲南大学
@流通経済大学グラウンド 14:30キックオフ

努力の天才(酒井和真)

2017.12.12

酒井平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただきます、商学部2年の酒井和真です。今回はこの場をお借りし、“努力”について話したいと思います。

努力。目標を実現する為に、心や身体を使って努めること。一般的にはこの様に解釈されています。よく使われる言葉ですが、本当の努力とは何なのか、努力は本当に報われるのか、と最近よく考えます。

メジャーリーガーのイチロー選手は努力の天才です。イチロー選手の数々の記録は、日頃からの積み重ねが元になっていると思われます。日米通算4000本安打を達成した際にも、8000回以上の悔しい思いをしてきて、打てなかった理由を分析し、対応する努力をしてきたからこそ辿り着けた記録だとイチロー選手は語っています。これが40歳を超えてもなお、活躍出来ている理由ではないのでしょうか。

自分はサッカーが下手くそです。だからこそ人よりもやらなくてはなりません。努力した人が必ずしも成功するとは限りませんが、成功している人達は皆、努力をしています。成功したければ努力をするしかありません。努力の天才になるしかありません。このことを胸に刻み、日々精進して参ります。

拙い文章でしたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。今後共、皆様のの温かいご支援ご声援の程、宜しくお願いします。

《NEXT GAME》
12月19日(火) 第1回全日本大学サッカー新人戦 第1戦 vs甲南大学
@流通経済大学グラウンド 14:30キックオフ

伝統と変化の中で(安藤謙生)

2017.12.07

安藤こんにちは。今回のブログを担当させていただくことになりました、環境情報学部1年の安藤謙生です。色々な方の支えがあって充実した日々を過ごせていることに幸せを感じ、生活しています。今回は、僕が大学生になってから感じた違和感の一つを言葉にしてみました。

午前4時20分。今日もアラームの音と共に1日が始まります。振り返るとこの10ヶ月、所属するカテゴリーの練習時間と授業の時間割の関係で1週間のほとんどは始発電車に乗っていました。一方で高校の時は早くて6時半、遅くて8時に起きていました。今のは一例ですが、何かのきっかけで生活は一変します。ソッカー部入部当初は様々な変化が不安で仕方ありませんでした。高校の時の何もかもが少しずつ変化していることに気付き、悲しくなる時があります。人は、変化に不安と喪失感を抱きます。

皆さんは変化について考えたことはありますか?僕が兄貴のように慕っている先輩(友達)の言っていたことがとても核心を突いていたので紹介します。

「田舎から東京に出てきた人が、数年後に故郷に戻ってみたら都市化してた。謙生ならどう思う?」

多くの人が喪失感を感じると思います。僕もそうです。帰る場所が無くなったかの様な感覚に陥ると思います。そしてこの後、彼はこのようなことも言っていました。

「変化することがその場所の為になるなら俺は変化を受け入れる」

僕もそう思います。大学生になり、伝統をとても大切にしていることを実感する機会が多くあります。しかし、伝統を守ることがベストな選択ではない時があるのではないでしょうか?帰る場所を残しておきたいというエゴであったり変化を恐れていることであったりで、今、その場所で生きる人達を縛り付けているのではないでしょうか?僕は伝統も変化も受け入れた上で最もベストな選択をするべきであると思います。
皆さんはどう思いますか?

拙い文章でしたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

《NEXT GAME》
12月19日(火) 第1回全日本大学サッカー新人戦 第1戦 vs甲南大学
@流通経済大学グラウンド 14:30キックオフ

信じること(手塚朋克)

2017.11.17

手塚
平素はお世話になっております。主務の林草太郎からバトンを受け取りました、主将の手塚朋克です。草太郎が必要以上に熱く言葉を残してくれたので、今自分が思うことだけを素直に責任を持って伝えたいと思います。

責任。重圧。今シーズンこの言葉を自分の中で上手くパワーに変えることに苦しみました。初めは正直な話、責任を背負ってプレーする気は全く無かったし、他の何かでその重圧を押し返したかった。もちろん主将としての役割があってこのチームを引っ張っていかなきゃいけないと思っていたし、誰よりもその気持ちは強かったと思う。だからこそまずは自分のプレーと行動で最大限表現すること、それこそが主将としての責任だと言い聞かせてきた。むしろ自分一人のプレーと行動で全てが変わると思っていたし、変える自信があった。自信を持って日々を過ごしていたが、現実はそう甘くなかった。

2017年は想像以上に苦しいシーズンになってしまった。真剣にこのチームに向き合い、周囲の期待を上回る結果を出す、必ず勝つべくチームを創り上げると宣言したその自信さえ、何も上手くいかない日々が続いたことで消え去り、自分の行動一つひとつに疑問を持つ様になった。周囲からの厳しい声、仲間からの指摘、僕には全てネガティブに胸に響き、誰も信用出来なくなった時もあった。本来なら誰よりも強く自分を信じ仲間を信じ、チームを引っ張る存在が。どうにか腹を括ろうと、自分の力で何とかこのチームを救おうと必死に考えたが、込み上げて来るものが多すぎて、もうそんな余裕は自分には無かった。

そんな心境から迎える第20節、明治大学戦。必死に応援する同期、それを支えている下級生、このプレッシャーの中ピッチで死ぬ気で走りまくる選手達。スタンドで観ている自分は全てが輝いている様に感じた。何一つ間違っていなかったと。今までしてきた努力は、今までしてきた行動はこうやって全員で戦う為にやってきたんだと。この時初めて救われた気がした。こんな状況が続いたからこそ今までに無い感情を持つことが出来た。そして自分だけが責任、重圧やこの言葉に真正面からぶつからずに逃げ、今の自分と向き合うことを止めてしまっていたんだとみんなに気付かされた。この時遅かったかもしれないけどやっと腹が括れたんじゃないかなと思う。このたった2週間で、部員全員の熱意と同期の一つひとつの行動の後押しのお陰で人として成長出来た。

この1年間主将をやっていて何一つ正解は見つからなかった。一生懸命もがき苦しんでもやってきたことが何一つ評価されないことだってある。でもこれまで自分がしてきた最大の努力を信じようと思う。部員全員でやってきたこの1年間は何一つ無駄ではないし、ここまで一つになってやってこれた事実を信じようと思う。辛かった、苦しかった経験が明日は全て僕のパワーに変えることが出来ると思う。

最後に。このチームの主将を1年間出来て良かった。辛かったけど心からそう思うし本当に誇りに思う。この仲間とサッカーが出来て良かった。この同期と4年間過ごせて良かった。本当にありがとう。明日は自分を信じて仲間を信じて一つになって勝とう。勝って残留して、みんなで笑って終わろう。

明日は俺の大学サッカー4年間、そしてサッカー人生全てをぶつける。

4年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《NEXT GAME》
11月18日(土) 関東リーグ戦 最終節 vs流通経済大学
@味の素フィールド西が丘 14:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ