オフィシャルブログ

明日は延世定期戦!

2012.12.14

こんにちは。

4年生が引退して早、3週間が経とうとしています。

1週間のオフを経て始動した新チームも2週間、筋トレなどといったフィジカルトレーニングを折り込んだ練習が続いております。

そんな明日は49回目を迎える延世定期戦が行われます。

新チームが始動して間もなく、自分の代が最高学年になって初の公式戦ということで、私個人的にも勿論チームとしても非常に楽しみな一戦です。

そして今日、延世大学選手団が来日しました。羽田空港には天野弦(3年)、田村裕貴(3年)、金昇基(3年)が迎えに行ってくれました。

延世来日時の様子

 

 

 

 

 

 

 

そして早速、前日練習を行っていました。

延世大学


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塾ソッカー部

 

 

 

 

 

 

 

看板も出来上がりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気が若干不安ではありますが、年に一度の定期戦、

たくさんの応援をお待ちしています!

文責 関根司

延世定期戦まであと3日!

2012.12.12

こんばんは!

関東大学リーグ最終節をもって、107人もの部員がいるチームを
今シーズン引っ張ってくれた4年生が引退してしまいました。
苦しい状況に立たされることが多く、向かうべき目標が揺らぐこともあったシーズンですが、
4年生が持つ明るさと優しさに何度も救われた1年でした。
1部残留守ることが出来たのは主務でありながら
トップチームの選手として活躍した馬場達月(4年)や主将として圧倒的な存在感をピッチで放ってくれた藤田息吹(4年)、
後期怪我に悩まされながらも副将として部員全員の思いを背負って戦ってくれた松岡淳(4年)をはじめとする
4年生全員が作り上げてくれたチーム力のおかげであると思っています。
4年生がいない練習を見ていると寂しい気持ちでいっぱいになりますが、
一方では新しい時代の幕開けにわくわくする様な気持ちです。
新体制のチームとなってから初の試合が今週末に控えている延世定期戦です。
そこで延世定期戦に向けて選手にインタビューしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年 保田隆介
新チームの初めての試合であり、来季を占う意味でも大切な一戦となります。
伝統のある延世との試合で歴史に刻まれる戦いをしたいと思います。
延世との試合で慶應ソッカー部の一員として出場出来ることに喜びを感じながら、
勝負にこだわっていきたいと思います。

ここから始まる新チームを会場にて是非ご覧ください。

文責 杉田優奈

延世定期戦まであと5日!

2012.12.10

こんばんは。

延世定期戦まであと5日になりました。
新チームが始動し、直近での目標としているのが延世定期戦に勝利することです。
選手たちは気持ちも新たに毎日練習に励んでいます。

入部して以来、未だ海外のチームを迎えたことがないということもあり、この定期戦がどのような雰囲気で行われるのかわからない部分もあります。
また、延世大學校がどのようなチームなのか気になるところでもあります。

そんな本日は昨年度、韓国で行われた定期戦に出場し、延世大學校に短期の留学もした山内浩道(2年)に、
彼が延世大學校とはどんなチームだと感じたのか、そして今年の定期戦にどんな気持ちで望むのか聞いてみました。

「昨年度末の延世大學校でのサッカー留学で感じたこと、それは彼らのサッカーに対する熱い気持ちです。
朝は7時の基礎練習から始まり、夜の10時の筋トレまで、授業以外はサッカーをしているという環境にいる彼らにただただ感心させられました。
しかしその一方、自分の日頃の生活を振り返り、焦燥感に苛まれました。
須田監督がおっしゃっていたように彼ら一人一人の心の片隅には自分たちはセミプロであるという自覚を持ち、
プロになるという夢に向かって日々切磋琢磨しあっており、
その環境で練習に励んでいることこそが韓国大学サッカーの王者たる所以であるのかなということも感じました。
相手はチャンピオンで、個々の技術や強さなどは高次元ではあるものの、
私たちも慶應ソッカー部の誇りと伝統を胸に、部員一同本気で勝利を目指し戦いたいと思います。」

彼が言うように、一人一人がサッカーに対して強い熱い気持ちを持っています。

しかしホームで開催する今年度は、
試合に出場する選手も、応援・仕事に回る選手も、運営側も、部員全員が勝つために気持ちをひとつにします。

新チームの初陣。
必ず勝利を収め、慶應の強みが”団結”であることを新チーム初勝利で証明したいと思います。

是非たくさんの方にご観戦いただければと思っております。
よろしくお願い致します。

文責 鶴岡昇太朗

小さな嬉しい出来事

2012.12.08

こんにちは。

新チームとして練習を再開し、早くも週末を迎えています。
前回のブログでもご紹介した通り、慶應延世サッカー定期戦まで一週間を切りました。
新チーム初の公式戦で勝利を掴める様、最高の準備をしてチーム全員で全力で戦います。

今日は毎週土曜日の午前中に行われている慶應サッカースクール(以下KSS)があり、寒い中でも子供たちは元気良く練習をしていました。KSSも来週が今年最後の練習になります。
先日、KSSに通う子ととても嬉しい出来事がありました。
その子はいつも楽しそうに練習をしていて、見ていてもサッカーが大好きなことが伝わります。大学の試合にも時間があると観戦しに来ては、大きな声で応援をしていました。あるリーグ戦の日、お手紙を持って応援に来てくれました。
それは憧れの選手への応援メッセージでした。その子は、幼稚園の頃に塾ソッカー部の選手のプレーに憧れ、今ではKSSで日々練習しているそうです。
お手紙を受け取った選手も試合前に笑顔を見せていました。

よくあるお話しかもしれませんが、私はこんなにも身近の子が大学のサッカーを見て憧れ練習をしているということが、とても嬉しく、あんなにも小さいファンの子が居る塾ソッカー部は本当に幸せだと心から思いました。
小学生と大学生がお互いに応援し合い、それを励みに練習をする、これこそ塾ソッカー部が持つ組織の強さのひとつだとも実感しました。

小さな出来事ではありますが、とても嬉しく思いました。
今後更に大学とKSSの交流を深め、大学だけではなく慶應として強いチームになれる様精進して参りますので、応援よろしくお願い致します。

文責 安成眞衣子

来週、延世定期戦!

2012.12.06

こんばんは!

さあ、来週の土曜日には慶應延世サッカー定期戦が行われます。
この定期戦は今回で49回目となる、歴史ある定期戦で、
日本と韓国で1年ずつ交互に場所を代えて行われます。

今年度は日本で行われる年なので、
マネージャーを始め、韓国語を話すことが出来る部員にも協力してもらいながら
延世大学校の皆様をお迎えするべく、準備を進めています。

実はこの定期戦、延世大学校の選手たちとただ試合をするだけでなく、
選手達と共に食事をしたり、
試合の次の日にはソッカー部の部員達が日本の街を案内し、
一緒に観光をしたりします。

部員の中には、昨年韓国で行われた定期戦の際に延世の選手と友達になった人も多く、
1年ぶりの再会を心待ちにしている人もいます。

 

昨年の様子

 

 

 

懇親会の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宿舎の食堂の方と

 

 

 

 

 

 

観光の様子

 

 

 

 

 

 

 

観光の様子

左が延世の選手、右が慶應の選手です。

 

 

 

 

 

 

 

延世の選手達

 

 

 

国境を越えた50年近く続く友情を誇りに、しっかりと受け継ぎ、
サッカー以外の面でも延世大学校の選手達に楽しんでもらえればうれしいです!

試合の方でも、第45回大会(当時の記録はこちら)以降勝利することが出来ていないので
今年こそは勝利を掴めるよう、部員全員で良い準備をしていきたいと思います。

当日は皆様是非会場にお越しいただき、
応援の程、宜しくお願い申し上げます。

文責 大塚安希

記事一覧

月別アーカイブ