オフィシャルブログ

バトンタッチ~新たなる時代~(比留間敬太)

2013.03.28

比留間こんにちは!!今回のブログリレーを担当する新2年の比留間敬太です!

全チーム、春の遠征も終わり、松下主将とエース武藤選手も帰国しました。

あと10日と迫った関東リーグ開幕に向け、全員の気持ちが高まってきました。全員が開幕に向け切磋琢磨しているため、チームの入れ替えも多く、開幕戦本当に誰が出場するか分からない状況です。今シーズンのテーマである「KYOSO-競争 共創」が出来ているなと私自身ひしひしと感じています。私も競争に勝てるように、日々の練習を頑張ります!

hirumablogさて、私は今回『代替わり』というものについてお話ししたいと思います!
私達慶應ソッカー部では練習に関する仕事(水をボトルに入れたり、道具を準備したり、ビデオを撮ったりなど)を、1年生が中心となってやっています。私も今まで約1年間、暑い日も寒い日も、毎日コツコツと仕事に勤しんで参りました。そして遂に、2年生となった私達は1年生に仕事を受け渡す時がやってきたのです。

しかし、「あー、じゃあ明日から1年生仕事やっといてねー!よろしくー(^^)」と、こういうわけにはいきません。
ここで私たち2年生の前には『代替わり(だいがわり)』という強敵が立ちはだかります!この『代替わり』というものは、先輩達が私たち新2年の日頃の仕事をみて、1年生に仕事をちゃんと継がせることができるか、新2年としての自覚をしっかり持てているかということをみる行事です。仕事が出来ていなかったり、ミスをしてしまうと『代替わり』は認めてもらえません。

上級生としての自覚を持ち1年生への指導もしっかりできると先輩方に認められた時、初めて『代替わり』というものは達成され、僕達にとっての運命の日はやってくるのです。

仕事を1年生に受け渡し、よりサッカーに集中するためにも常に気を張って、すぐこの『代替わり』を終わらせたいと思います!!

記事一覧

月別アーカイブ