オフィシャルブログ

2012年シーズン終了 応援ありがとうございました

2012.11.26

こんにちは。
一昨日最終節流通経済大学戦が行われ、昨日は西が丘にて閉会式が行われました。これをもちまして、ソッカー部2012年シーズンが終了し、4年生は引退となりました。
シーズンを通して、いつも温かい応援をいただき、本当にありがとうございました。

23日、B・Cチームの4年生は一足早く引退試合をしました。相手はライバル早稲田大学です。トップチームも応援に駆けつけ、下級生もお世話になった先輩のために戦いましたが、結果は悔しい敗北でした。


感謝の気持ちを込めて花束を
 

一昨日の試合は、インカレも残留も何も懸っていない、ただただ仲間たちと勝利を掴むための戦いでした。消化試合なんかじゃない、ソッカー部に何か残すため、未来へ繋ぐためなんだと意気込んで、感謝を胸に臨んだ一戦でした。試合前のロッカールームでは、3年生が用意したモチベーションビデオを試合前に見ました。


スタメン

試合は、点の取り合いのゲームとなりました。得点を挙げたのは、最後の試合で点取りたいなと意気込んでいた森田、絶望的な骨折から最終節にして奇跡の復活を遂げた川久保、後輩にも慕われチームを引っ張ってきた山浦ら、4年生でした。最後には4年生が10人ピッチに立ちました。それは4年生1人ひとりが努力してきた証です。主務や学連幹事、トレーナーなど学生スタッフとしても働いてきた4年生もピッチで戦ってくれました。
そして4年生は1年生の頃からとても仲が良く、いつもいつも明るい学年でした。今年の菅平合宿も4年生の明るさがなければ乗り越えることが出来なかったのではないかと私は思っております。そんな4年生に下級生も感謝しています。


10人が4年生です。


試合後の4年生

試合は終わってみれば、3-4で敗北という結果でした。シーソーゲームの中で何度も勝ち越されましたが、選手は最後まで決して諦めない姿を見せてくれたと思います。
試合終了したとき、ほとんどの選手の目から涙がこぼれました。

関東リーグ戦の全日程が終了し、7勝12敗3分、勝ち点24の第9位に終わりました。シーズンを通してなかなか良い結果が出ず、残留争いをすることになりました。先輩たちが勝ち取って必死で守ってきた関東1部の舞台を絶対に守らなければならないという思いで必死に努力してきました。

苦しいときでも沢山のOBの方がメールなどでメッセージを下さり、保護者の方や友人たちも会場に駆けつけて応援して下さいました。ソッカー部がどれだけ沢山の方に支えられているか、自分たちがどれだけ恵まれた環境にいるのかを身に染みて感じたシーズンでもありました。皆様には感謝してもしきれません。

昨日は閉会式の前に、西が丘にて早稲田大学vs日本体育大学、専修大学vs中央大学の上位対決を観戦しました。インカレの出場権を掴む姿を目にし、部員1人ひとりいろんなことを感じ取ったのではないかと思います。後期、私たちが屈辱の4連敗をした相手は、悔しいことにインカレへ出場する4校です。


閉会式の様子

 

「終了のホイッスルは始まりのホイッスル」。定番の言葉通り、4年生はこれからが社会に出るスタートになると同時に、ソッカー部にとって新たなシーズンの幕開けとなります。4年生の姿から教えてもらったことを大切にして、先輩方が残してくださった1部の舞台でさらに上を目指して努力し続けて参りたいと思います。

1年間、温かい応援、本当にありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。

文責 呉田幸子

 

記事一覧

月別アーカイブ