オフィシャルブログ

「まとまり」の追求(中谷真史)

2012.11.22

こんにちは。ソッカー部4年の中谷真史です。

私たち4年生は今日を含めて残すところあと2日となりました。毎日通ったこの下田のグラウンドに来ることがなくなると思うと寂しいです。

引退を間近に、“慶應義塾体育会ソッカー部”について改めて考えることが多くなりました。
このチームの強みはやはり何と言っても、『まとまり』だと感じます。

ただ一言に『まとまり』と言ってもわかりづらいかもしれません。簡単に言うと、『全員がチームの勝利の為に全力で取り組むこと』だと思います。とてもシンプルで当たり前のことのように思えますが、これがとても重要で難しいことでした。

そして、この『まとまり』を追求することが伝統であり、それを代々受け継いできたことがこの部の誇りなのだと自分なりに理解しています。先代の方々が築き上げてきたこの伝統や誇りを下の世代に正しく伝え、且つ付加価値を付ける。試合で活躍できない私の様な部員でも、この伝統の一端を担うことは出来ます。
これが使命だと考えたとき、ふと私が1年時の4年の主将(H22卒中川靖章氏)が仰っていた難しい言葉の意味を理解できた気がしました。

その『難しい言葉』とは、“割れ窓理論”のことです。
割れ窓理論をご存じない方は是非調べてみていただきたいのですが、
軽微な犯罪も徹底的に取り締まることで凶悪犯罪を含めた犯罪を抑止できるとする環境犯罪学上の理論で、「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」という考えでのことです。

これがソッカー部にも当てはまります。
1年生の頃は全く理解出来ませんでした。なぜ勝利の為に部室を掃除をするのか。なぜ学ランのホックを締めなければならないのか。
ほんの些細な部員一人の気の緩みが組織に蔓延すると、敗戦に繋がる。

なのでこの部の理不尽に思えるような規則も、『まとまり』を生むための術なのです。

そして、試合に出られない選手の「勝ちたい」という思いやサポート、応援は選手に届き、チームは強くなります。それを感じさせられる試合をいくつも見てきました。(直近では今年の後期の日本体育大戦)

多くの規則や長時間に及ぶミーティングがあり、辛いことがあっても、全て『まとまり』を生みチーム一丸となる手段だったのだと今になって思います。
この部活の『まとまり』は他チームには真似できない、かけがえのないものです。

それを次の世代に伝え、この部を卒業していきたいと思います。

残り1節、最後の4年生の雄姿を会場にて御覧ください。
応援の程、宜しくお願い致します。

≪LAST GAME≫
第86回関東大学サッカーリーグ戦【後期】 最終節 vs流通経済大学
11月24日(土) 11:30キックオフ @龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド

記事一覧

月別アーカイブ