オフィシャルブログ

引退を間近に控えて(佐潟隆平)

2012.11.19

こんにちは。ソッカー部4年の佐潟隆平です。

今年度の関東大学リーグ戦も残すところ1試合となりました。
同期や後輩のみんなとあと1週間しかサッカーが出来ないと思うと、本当に寂しい気持ちでいっぱいです。

引退まで1週間ということで、過去の先輩方が引退する時に自分自身がどう考えていたか思い返してみました。
3年前は、練習への取り組み方や後輩への接し方、部への貢献の仕方など、ソッカー部員としての在り方を背中で見せてくれた当時の4年生に、ただ憧れるばかりでした。
2年前は、上級生になることを頭では分かっていても実感が湧かず、まだ上級生としての自覚に欠けていた気がします。また、ソッカー部生活の半分が過ぎ様としているにも関わらずサッカー面で何も結果を残せていなかったことに、ただただ焦っていました。
去年は、圧倒的な技術と存在感で部を引っ張ってくれていた1個上の先輩方がいなくなり、結果を残す為にはどうすれば良いのか、サッカーの技術で劣る自分や学年がどの様な行動をとれば後輩達がついてきてくれるのか、そのことをひたすら考えていました。

4年間を振り返り、本当に多くの苦しい経験をしてきました。今年に関して言えばリーグ戦や早慶戦などで結果を残すことが出来ず、悔しい思い出ばかりが蘇ってきます。個人的にもチームに何か影響を与えられたのか分かりません。それでも何不自由なく4年間サッカーが出来たことには本当に感謝していますし、尊敬出来る先輩や慕ってくれる後輩、そして4年間を共に駆け抜けたかけがえのない同期に巡り会えて、自分は本当に幸せ者だと思います。

慶應ソッカー部に入り、サッカーをしたことに少しの後悔もありません。
残り1週間、少しでも多くのものを大好きな後輩達に残せる様、最後まで突っ走りたいと思います。

最後に、まだ引退してはいませんが、応援していただいた保護者やOBの方々、ソッカー部に携わる全ての方々に、最上級学年の1人として感謝したいと思います。
4年間本当にありがとうございました。

記事一覧

月別アーカイブ