オフィシャルブログ

一丸(山浦公裕)

2012.11.09

こんにちは。ソッカー部4年の山浦公裕です。
突然ですが、サッカーというチームスポーツにとって、勝利する為に一番大切な要素は、チームが「一丸」となって戦うことだと僕は考えています。 大学4年間のソッカー部生活で、「一丸」となる難しさ、また「一丸」となったときの強さを感じてきました。

僕が入部して間もない頃の試合後の全体集合で、当時の主将であった中川靖章さん(以下、ヤスさん)が、「今日の敗戦は、昨日の小さな粗相から繋がっている。反省してくれ。」といった内容のお話をされたことに対し、僕は「いやいや、試合に出ている選手が責任を負うべきでしょ。」と、今思い返すと、未熟にも反感を持ったことを覚えています(ヤスさんがこのブログを見ないことを心から願っています。笑)

しかし、その後1年間、先輩達とリーグ戦を戦って行く中で、慶應ソッカー部の「一丸」となって戦うという素晴らしさを思い知ることとなりました。 今思えば「一丸」となって戦う為に、ヤスさんはあえて部員みんなの前で厳しい発言を繰り返していたのだと思います。

サッカーを辞めてコーチになるグラウンドマネージャー、自分の練習時間を削って相手を分析するリサーチ班、1日中マネ部屋で仕事をする主務・副務・マネージャーのみんな、それ以外にも多くの部員が自分の為ではなく、チームの勝利の為に「一丸」となって戦っているのが慶應の強さであり、この伝統、マインドは、先輩方から脈々と受け継がれてきた慶應魂なのだと思います。この「一丸」というのは慶應の最大の強みだと思います。

今年は前期から大変厳しいリーグ戦になりましたが、夏の地獄のような合宿をそれこそ「一丸」となって乗り越え、連敗をしてもみんなで励まし合い、全部員がどうにか勝利を!という気持ちでもがいた結果、直近の試合ではやっと慶應らしい戦いが出来るようになってきました。残りのリーグ戦も、全部員が「一丸」となって戦い、5連勝を成し遂げることを誓います。

明日は東京学芸大学戦です。絶対に勝利を収めたいと思います。
明日の試合も含め、残りのリーグ戦も応援宜しくお願いします。

≪NEXT GAME≫
第86回関東大学サッカーリーグ戦【後期】 第20節 vs東京学芸大学
11月10日(土) 11:30キックオフ @笠松運動公園陸上競技場

記事一覧

月別アーカイブ