オフィシャルブログ

一般受験生 道家拓真 インタビュー

2022.03.06

今回は、一般受験生の道家拓真(新3年・鹿島学園高)にインタビューしました。

慶應にはスポーツ推薦がないため、一般受験生でもランテストに合格すればソッカー部に入部可能であることが特徴です。

–慶應を受験した理由を教えてください

学業、サッカー、共に一流を目指す人が集まる組織で試行錯誤する日々は、刺激的で成長できると考えたため受験しました。

–受験明けで苦労したことを教えてください。

私は1年間浪人生活をしていました。そのため、体力はもちろん、ピッチ上での判断が鈍っており、試合に入り込めない感覚がありました。「もっと出来ていたはずなのに」と思い練習に行きたくない時もありました。しかし、感覚を取り戻すというより、新たな自分を作り上げるという考えに切り替えると、毎練習、新たな能力を得ているようで、ワクワクした気持ちでグラウンドに向かうようになりました。

最後に今後の活動への意気込みをお願いします。

関東リーグ前期で1ゴール1アシストを中期目標として掲げています。激しく戦おうと思います。

記事一覧

月別アーカイブ