オフィシャルブログ

「理由」(髙木龍之介) 

2021.10.01

平素より大変お世話になっております。
山田維新からバトンを受け取りました、商学部4年の髙木龍之介です。
彼はパスタ愛好会会長なんて言ってますけど、毎日パスタのスナップを送って女性ウケ狙ってるだけなんですよね。でも、味は確かでした。食べてみたい方は是非連絡をしてみて下さい。
そして狂った彼にビンタされるのもあと数回だと思うと、とても嬉しいです。

卒業ブログとは誰かしらに何かメッセージを伝えるべきものだと思うのですが、身勝手ながらこの場をお借りして、自身の活動について振り返らせていただきたいです。
拙い文章ではありますが、最後までお付き合いいただけると幸いです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

よく「なんで中等部コーチやってるの?」と聞かれます。そんな時にはいつも「中等部生は可愛いんだよね。」なんて返していますが、さすがにそれだけではありません。でも、どうしてここまで没頭してこれたのか、しっかりと考えたことはありませんでした。
徐々に卒業も近付いてくる中、そんなことを草加健康センターの露天風呂に浸かりながら考えてみました。そして行き着いた、私が中等部コーチをやる理由は「ここには私が最も尊敬している先生達と沢山の気付き、そして熱さがあるから」だと思います。

1. 監督と顧問の先生
私が中等部コーチを始める決断をした大きな理由には、このお二方の存在があります。
中学生時代からどれだけお世話になっているかは本当に計り知れません。今少しでも何かのお役に立てれば嬉しいと心から思っています。
このお二方の尊敬している点については全て挙げていたらキリがないので、私が最も憧れている点について書かせていただきます。
それは、相手の意見を否定せずに本気で考えてくれることです。これは、なんでも意見に肯定するイエスマンになるということではありません。否定せずに受け入れ、しっかりと考えた上で意見を伝えてくれるということです。
文章に書くだけでは簡単なのですが、私は正直これが出来ません。「いや、でも」なんて言葉をつい出してしまったり、イエスマンになってしまったりと、相手の意見を全て本気で考えられる余裕がありません。私も余裕のある男になりたいものです。意識していれば、いずれそんなかっこいい大人になれるのか。それは分かりませんが、意識してみます。10年後を楽しみにしていて下さい。

2. 気付き
全くのコーチ初心者だった私は、偉大な先輩コーチ達の様々な考え方から気付かされて、これまで成長してくることが出来ました。下手くそな私がコーチとしてどんな貢献が出来るか悩んだ時にも、いつもヒントをくれたのは先輩方でした。これからも迷子になった時は宜しくお願いします。
今の中等部サッカー部には70名程の選手に加えて、弊部に所属する私と維新(4年・慶應義塾高)、新里(4年・慶應義塾高)以外にも同期の足助などOBとしてコーチを務めている大学生が沢山います。
彼らも私の狭い視野をいつも広げてくれます。率直に意見を対立させてくれる人の存在は、本当に貴重だなと思います。他にも、選手から意見を聞いて新たな考え方に気付かされる時もあります。中学生から教わっていてコーチとして大丈夫なのか、と思われるかもしれませんが、私はそれでも沢山の気付きがある環境にいられることが出来て幸せに感じています。

3. 熱さ
高校卒業時、私は大学で何をしようかと迷っていました。ただ何かに没頭した4年間を過ごしたいという漠然な気持ちだけを持ち、新歓に行って長い棒を持ってみたりしていました。そんな中、先輩コーチから有難いお言葉をいただき、中等部コーチの活動を選択しましたが、今、胸を張って4年間没頭出来ていると言えます。当たり前なのかもしれませんが、練習に行きたくないなと思う日は本当に1日もありませんでした。むしろ元気が出ない時は、早く綱町グラウンドに行きたいと思っていました。
これは日々、熱さを感じさせてくれる選手たちのお陰です。
中学生の成長速度は凄まじいです。恥ずかしながら、勝手に私が「厳しいな。」と考えてしまっていたことを彼らは打ち破ってきてくれました。
14人で耐えて獲得した首都圏大会、夏の大会がなくなった悔しさを爆発させてくれた私学大会。
このような経験から若いエネルギーを貰ったお陰で、最近は私自身も若返り、対戦相手の監督から選手だと間違えられるようになりました。
また、このような感動的な瞬間だけでなく、日々の練習の姿や卒業後に塾高で頑張っているという噂を聞くことも私の原動力になっています。

そして最後になりますが、感謝の言葉を伝えさせて下さい。
1年生時、入部を許可して早慶戦までの練習に参加させて下さった監督やコーチ、先輩方。
学年ミーティングや早慶戦などでいつも優しく受け入れてくれると共に、当たり前の基準の高さを考え直させてくれる同期。
いつも元気いっぱいで、熱さをくれる中等部生の皆。
中等部サッカー部の活動を常に支えて下さっている保護者の皆様。
共に試行錯誤したコーチ陣の皆。
感謝してもしきれない柏村さんと小綿さん。
本当にありがとうございました。

拙く、メッセージ性のない文章になってしまいましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
10月からは私がコーチとして関われる最後の大会が始まります。過去最高成績を塗り替えることが出来るように選手と共に良い準備をします。
今後共、ソッカー部への温かいご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

次はソッカー部が誇る、選手とコーチの二刀流、ニーサトさん(新里侑也)です。
彼はカッコよくて優しくて、部員が選ぶ付き合いたい男ランキングでは、常に上位にいます。中学時代から共にしてきたクールな男がどんなブログを書くのか、楽しみで仕方ありません。

《NEXT GAME》
10月2日(土)関東リーグ戦 第18節vs明治大学
@非公開  11:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ