オフィシャルブログ

仙台遠征4日目。

2012.08.24

こんばんは。

仙台遠征も最後の夜を迎えました。

今日の午前練習では、この合宿のテーマである”当たり前のことを当たり前にやること”を頭に体に染み込ませるために、
須田監督・森本コーチの檄が飛ぶ中、全員が声を出しながらとてもハードに行いました。

最後には、OBの日髙慶太さん(H24卒)に激励の言葉を頂き、練習を締めました。

須田監督・森本コーチは午前練習をもってお帰りになり、
指導者が高橋コーチ・グラウンドマネージャーだけとなった午後練習は、セットプレーの練習を徹底的に行いました。

全員が共通意識を持つことで、確実に点を取れるよう、真剣に活気のある練習となりました。

 

 

 

 

 

 

 

今日の練習は気温が非常に高かったこともあり、きつい顔の選手が多いように感じましたが、
そんな中でも全員で声を掛け合い、励ましあい、練習を乗り切りました。

トップチームにとって最後の遠征となった仙台遠征。
4日目にして慶應の団結力がさらに強くなったと感じます。

また、ここにいる4年生にとっては大学生活最後の遠征となります。
最終日を迎える4年生は感慨深い想いもあるのではないかと思います。

そんな仙台遠征最終日は、朝練習をした後、石巻に向かいます。

現在どのような状態なのかはわかりませんが、その状況を見て自分たちが何不自由なくサッカーが出来ている環境を幸せと思い、
何か感じれるものがあるんだと思います。

明日のブログではそういった気持ちをお伝えします。

 

文責 鶴岡昇太朗

 

記事一覧

月別アーカイブ