オフィシャルブログ

「スポンジになりたい」(山本献)

2020.05.29

平素よりお世話になっております。今回初めてブログを担当させていただくことになりました、商学部1年の山本献です。拙い文章ではありますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

人は向上心を持っていればどんな時でも成長出来る。逆にどんなに環境が良くても向上心がなければ、成長は愚か、すぐに衰退していく。「現状維持では後退するばかりである、前進し続けないといけない。」という言葉を知っているだろうか。これはディズニーリゾート創立者であるウォルト・ディズニーの言葉だ。彼はどんな厳しい環境に置かれても常に高い志を持って成長してきた。

成長する為には立ち止まっている暇などない。向上心を持ち続け、努力するしかない。常に上へベクトルを向け、成長するのだ!と声高にして言ってみたいものだが現実はそう簡単ではない。高校時代までの私はむしろ逆だった。

成りたい自分像や目標を立てると、外部からの影響に触発されてその一瞬はやる気が出る。しかしきついことはやりたくない。何かしらの理由を付けてサボることを正当化する。目を背けていく内に向上心を失い、いつの間にかやらなくなっている。偽りの力に甘んじて自分が良い気になって、自分には実力があると思い上がるが、いざという時には努力の欠如から来る自信のなさが湧き出してくるのだ。そして後悔と自分の技量のなさに苛まれる。これが今までの私だ。この様に自分の心の中を内省してみると赤面したくなる様な情けなさだ。心の中をこの様に文字に興してみたのは初めてのことだ。自分を表面だけ加工しても、私自身はいつもその中身の弱い所を見ている。

ああ、こんな自分から脱却したい!緊急事態宣言による活動自粛期間で、自分に自信を持つ為には何が必要なのか考えてみた。そして出たのがこの3点だ。まず1つ目が実行力だ。やろうと思ったことをすぐに行動する力を身に付けなければならない。2つ目が目標を達成するのには何をどれ位やれば良いのか逆算する計算力が必要だ。そして最も重要であるのが吸収力だ。大学に入学して、これまでとは異なる環境に身を置くことになったが、新しい側面からの様々な考え方、見本になる先輩たちの姿に沢山の刺激を受けまくっている。どんな環境でもその気になれば色々なことが吸収出来る。今までは吸収しようとしていなかっただけだ。常に色々な刺激を受け、そこから素晴らしいことを取捨選択して自分の成長に繋がることは模倣して自分のものにしてしまえばいい。吸収するのだ、まるで大きいスポンジの様に。成長出来るチャンスは日々そこら中に散らばっている。拾うか、素通りするかは人次第だが、スポンジ状態の私はそれらを全て吸収して、一回りも二回りも大きく成長したい。
4年間この気概が続くことを祈って、いや、固く決意して文章を終えたいと思う。

末筆ながら、拙い文章ではございましたが、最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。現在、弊部では活動再開に向けた準備が進められております。今後共ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

記事一覧

月別アーカイブ