オフィシャルブログ

「行動力が欲しいです」(西川陸斗)

2020.05.26

平素よりお世話になっております。今回初めてブログを担当させていただくことになりました、法学部政治学科2年の西川陸斗です。拙い文章ではありますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

世の中の人には才能に溢れた人、才能を遺憾なく発揮している人、所謂天才と周囲に呼ばれる様な人が沢山いるかと思います。それは例えほんの些細な、使う場面などない様なこと、ハングドラムのセンスがすごい!なんてことも才能の一つな訳です。

僕は自分にあるかも知れないサッカーの才能を信じて幼稚園の頃から現在まで本格的にサッカーをやってきているのですが、今まで「こんな奴に敵う訳ないじゃん!」と嘆きたくなる様な、そして同時に興奮してしまう様なサッカーの才能を持つ人を見たことがあります(2015年のU15クラブユースでセレッソ大阪の某選手が鹿島相手に無双しているのを見た時にはたまげました)。実際部内にも中々敵わないな、という天才がいるし、それに比べると自分は?となるのですが。
僕は中学受験で普通部から入った訳ですが、恥ずかしながら小学生の頃は、自分は天才かも知れないと思っていました(勉学面で)。所謂元自称スーパー小学生なのですが、大学で周りを見渡してみると馬鹿みたいに頭の良い人が沢山いる。部内でも同期の森本(2年・ 慶應義塾湘南藤沢高等部/エスタジオ横浜U18)は勉強の虫で、もはや君が成功しないで誰が成功するんだ、と思う程の天才なんです。

自分にはもしかしたら才能がないかも知れない。でも天才に勝ちたいなら何が必要なのか、と自分なりに考えた時に思い付いたのが行動力です。自分でも何か考えた割にありきたりな答えだなと辟易しますが、これしかないのかなと思います。
行動力とはご存じの通り、身に付いていると人生が豊かになると言われる様な、よく人に求められる力です。そして中々身に付かないものです。つまり「言うは易く行うは難し」です。
天才に勝つ為にはどうすれば良いか。僕は行動力の中でも特に「真似る力」が重要だと思います。
例えばサッカーに於いて、人を抜く時にメッシの様なドリブルでいとも簡単に相手をかわせる様になりたければその動きを真似て死ぬ程練習する。最初は猿真似でもその猿真似の精度がどんどん上がっていって気付けば習得して自分の力になっている。そうして真似て得た力の積み重ねが武器となって漸く天才に太刀打ち出来るのかな、と思っています。

才能に恵まれてないな、そう感じている人こそ特に行動力が大事になると思うし、その行動は自分の才能を発見する機会になり得るのです。ブログだって書いてみないとセンスがあるかどうかなんて分かりません。

そして、これだけ言っといて今の自分に行動力は無いです。苦手な英語を克服する為にやると言っているオンライン英会話は、半年程実行出来ていません。更にはこの部員ブログ、締め切りの前日になって漸く打っている始末です。
あと少しで成人するという年にまでなってしまいました。しっかり大学生の内に行動力を持った人間になるべく精進します。

そして最後に僕は早慶戦に出てゴールとアシストを記録する目標があります。この目標に向かって残り2年半悔いのない行動をとっていきます。

正直自分でも何が言いたいか分からなくなってきてしまいました。次ブログを書く機会があればもっと上手に書きたいです。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

記事一覧

月別アーカイブ