オフィシャルブログ

「ポジティブシンキング」(小林将太)

2020.05.10

平素からお世話になっております。コロナ禍による外出自粛が続く中、皆さんいかがお過ごしでしょうか。さて、今回初めてブログの執筆を務めさせていただきます、商学部2年の小林将太と申します。拙い文章ではありますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

突然ですが、サッカーに限らず、スポーツをしていると様々な挫折を味わうことがあると思います。この様な時に皆さんはどう切り抜けるでしょうか。
私は、常にポジティブであることで切り抜けてきたと思います。これは特に意識してこうなった訳ではなく、中高の間にいつの間にか前向きになる癖の様なものが身に付きました。例えば怪我をしてしまった時には、復帰した時に本当に怪我をしてたのかと周囲を驚かせるということ等をモチベーションにしていました。勿論、人間である以上、怪我以外にも思う様にプレー出来なくなってしまう時に一瞬は落ち込むかも知れません。しかし、落ち込んでいる間は成長することが出来ません。その様な状況に置かれた時、一刻も早く前を向くことで成長出来るので落ち込む必要がないと考える様になりました。私がそこまで落ち込んでいる所を見たことがないのはこうした理由からなのです。ここで、一つ注意しなければならないことがあります。それは、ポジティブというのは時に楽観的に見られがちであるということです。ポジティブと楽観の違いは、原因を反省して徹底的に分析をするかどうかです。楽観とは、反省をしないからとても楽で、何も準備をしないので、すぐ忘れてしまうでしょう。その為、次に同じ様な状況になった時にとても不安になります。前を向く為の理由は何でもありですが、周りの人はこのプロセスを見てはいないので、単に楽観的ではないということは結果で示すしかないのだと思います。

ソッカー部での1年はあっという間に過ぎましたが、これから先の3年間、全てが思い通りに進む訳ではありません。壁に当たった時には、あくまでも結果に繋げる為ポジティブシンキングを武器に乗り越えようと思います。私の求める最終的な結果は、トップチームで試合に出てチームを勝たせるGKになることです。引退時の最後のブログで達成報告が出来る様、1日1日を無駄にしない様に生きたいと思います。

拙い文章ではありましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援とご声援の程、宜しくお願いします。

《NEXT GAME》
未定

記事一覧

月別アーカイブ