オフィシャルブログ

「本気」(阿部真吾)

2020.05.08

平素より大変お世話になっております。今シーズンよりグラウンドマネージャーを務めています、環境情報学部3年の阿部真吾と申します。ソッカー部が今シーズン掲げたテーマは、Deep Impact 、見ている人に衝撃を与えて感動させる様なチームになることです。また、今シーズンよりチームの体制は変わり、トップチーム、Iリーグ1部から全国大会出場を目指すZチーム、Iリーグ1部昇格を目指すSチーム、Iリーグ2部に所属し選手の育成に特化したIチームの4カテゴリーがダイヤモンド型に構成されるチーム体制となっています。僕はIチームのグラウンドマネージャーとして、現在活動しています。今回は僕が経験した気持ちの変化について書きたいと思います。最後まで読んでいただけたら幸いです。

1年前、初めてブログを書いていた時、僕は焦っていたのだと今は思います。ソッカー部に入部してからは1年間刺激的な生活を送っていました。ソッカー部で昔のチームメイトと再会出来たし、大学の授業も面白いし、色々な経験を持った人と沢山出会うことが出来ました。と同時に自分の視野、そして生きてきた世界の狭さを実感することになります。何かのスポーツで日本一の選手、自分でビジネスを展開している起業家、語学堪能ハイスペックな学生、頭がキレて何かの話題について話している上級生。多様な学生や教授を見たことで自分は少し焦りを感じました。自分が胸を張って言える強み、才能、スキルはあるか。自分は一体何で価値を生み出すことが出来るのだろうか。漠然とした不安が襲ってきていました。当時はそんな焦り、危機感が強かったと思います。同じ位の時期にサッカー選手としても思う様にいかず、何の為にサッカーをしているのかが分からなくなってしまうこともありました。それまではただサッカーが楽しく、勝つのが喜びで、そんなこと考えたこともありませんでした。

今思うとその時の自分は、自分の能力や将来に関して不安を抱き、只々焦っていました。そして、目の前のことに本気になることが出来ていなかったと1年経ってみて感じます。将来を見据えること、将来の為に準備すること。勿論大事だし、常に必要なことだと思います。だけど今しか出来ないこと、心の底から本気になれるものの価値を少々低く見積もり過ぎていました。今あることに最大限のエネルギーを注げない人が将来のことをイメージして、不安になっても仕方ないのではないか。そう考え、目の前で必死に取り組んでいる対象に対して本気になること、本気になれることを僕は大事にしたいと思う様になりました。数年後には社会に出ることになりますが、そこで僕が心の底から本気になれることはどれだけあるのか。多分すぐには見つからないだろうと思います。だから残り約1年半の部活での生活が価値あるものになる様に、まずは今という時間を大切にして、本気になることを第一にしています。

Iチームの皆へ
今はコロナのせいで、活動出来ず、もどかしさを感じていると思います。いつ再開するかも分からない状況ですが、Iチームの選手にとってはもしかしたらチャンスなのかも知れません。部としての活動がない分、選手一人ひとりはより自分を律して、今この瞬間もレベルアップしていかないといけません。ただ、各選手がどれ位の練習強度やモチベーションを実際に維持出来ているか、正直今は電話や文面での報告だけで知ることは難しい状況です。Iチームの一人ひとりには重要な役割があります。一人ひとりの成長はソッカー部の底上げに繋がり、慶應を強くする一つのパワーになります。本気になることについて先程書きましたが、まずは自分のサッカー人生に本気になってください。心の底から本気になるそのプロセスは、それ自体にすごく価値があると僕は感じています。まずは自分が本気になって、この期間にも、ZやSの選手よりも強くなることを目指して欲しいです。何だか偉そうなことを言ってしまいましたが、僕も同様に1人でも多くの選手がトップチームに上がる為に、本気になって取り組みます。もし僕が弛んでいたら、思い切り叱って欲しいです。
最後に、元プロボクサーのフロイド・メイウェザー・ジュニアの言葉でお気に入りのものを一つ引用してこのブログを終えたいと思います。『お前らが休んでいる時、俺は練習している。お前らが寝ている時、俺は練習している。お前らが練習している時は、当然俺も練習している。』

最後まで読んでいただきありがとうございました。現在活動は出来ていませんが、それぞれの選手は目標に向かって邁進しています。活動が再開し、リーグ戦が開幕した時に、ソッカー部が周囲にDeep Impactを与えられる様に、全力を尽くして参りますので、今後共ソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

記事一覧

月別アーカイブ