オフィシャルブログ

「冗談だよ冗談」(古川紘平)

2020.02.19

古川紘平素よりお世話になっております。ソッカー部新2年法学部政治学科の古川紘平です。勢い良く吹き付ける海風、心地良い波の音に調和する友峰さん(監督)、関さんの声が響き渡る沖縄の地で遠征中に初の部員ブログを書けることを光栄に感じています。段々と筋肉痛が体を襲って来ますが幸い腕にはまだ及んでないのでブログは書けました。拙い文章ではありますが最後まで読んでいただけると嬉しいです。

小学6年生の冬、中学受験を終えた私は知り合いの伝で特別に全国レベルのあるチームの中途セレクションを受けた。

練習会に行くと、如何にもトレセンで活躍して来ました感満載の選手たちが沢山いた。中途セレクションということもあり周りのプレーヤーは皆既に仲が良かった。小学生時代は海外生活が長く、日本のオーガナイズされた練習環境を前に小心者の私は緊張してプレーも萎縮してしまい、アピールする機会は全くなかった。結果は当然不合格。中学受験で幾つもの不合格を突き付けられて来たこともありその3文字にはもう慣れていたがそれでも相当悔しかった。サッカーで初めて挫折を味わった。

結局、小さい頃から負けず嫌いな私は絶対に何処かクラブチームに入りちゃんとした指導者の元で上手くなってやると言う思いの一心でセレクションを受け続け、その系列チームでプレーさせてもらうことが出来た。勿論、受験後ということもあって入団当初は白豚と言われるまでに顔は膨れ、色は白く、とてもサッカーが出来る体ではなかった為序列が1番下の生活が続いた。ただ淡々とサッカーをする日々だった。当たり前の様にメンバー外であることをいじられることも暫しあった。しかし、そんな状況でも幼い頃から冗談ばかり言う私はプレーを弄られる度に当時何故かジュニアユースの集大成である「高円宮杯に俺はスタメンで出る」と友達に言っていた。こんな俺に出れる訳がない、周りの皆はゲラゲラ笑ってくれた。自分がヘタクソであることをネタにしている訳だから当然内心は複雑だった。だが、目標を口に出していると不思議なもので月日が経つに連れて序列は段々と上がり、試合に出れる様になっていった。そして最終的に高円宮杯ではスタメンで出ることが出来、更には入団を断られたチームとの夏の遠征での対戦では互角に戦えるまでになった。試合後、相手チームの選手から「うちのチーム受けたよね?」と聞かれ多少は印象を残せたことが実感出来た時は心底嬉しかった。

今、私はソッカー部に所属しているが状況は上記の様な中学の時に似ていると言える。高校時代、知り合いの紹介で早稲田ア式蹴球部の練習に参加したが、怪我明けで全く動けなかった時期の練習参加ということもあって全く通用せず相手にされなかった。私が下手くそすぎて誰も話し掛けられなかったのだろう。軽く遇らわれた時はとても悔しかったし、練習参加してしまったことが恥ずかしくさえ感じた。状況的に小6の時の挫折と重なる部分が大いにあった。バカにされたからには絶対に見返してやりたい、そう強く思った。だからこそ浪人が終わり、早慶どちらに行くかの選択肢が与えられた時、慶應のソッカー部に入って誰よりも上手くなって早稲田を打ち負かすのを決意したし、それ以外選択肢が思い付かなかった。

ソッカー部での1年目が終わり、入部当時と比べたら少しずつではあるが上手くなってきたと感じる。前期はDチームのメンバー外が続きそれを弄られた回数は数えきれない。しかし日々の積み重ねと持ち前の冗談で「俺、もうトップチーム行くから」と言ってたら不思議と2年目にしてトップチームでプレーをする機会を与えてもらった。やっと早稲田と戦える土俵に立てたと思うと込み上げて来るものがあった。改めて目標は冗談でも良いから口に出してみるものだなと思った。

私は今まで全国レベルのチームでプレーしたことがない。特に高校時代は「T6」程のレベルにあたる地区リーグでやっていた。ちょんっとボールを蹴って数人を掻き分けて行けばゴール前にすぐ辿り着けた。毎試合の様に複数得点取るのが当たり前の環境で、サッカーを舐めていたとも言える。高校3年の夏のインターハイで後半早々に足を攣り戦力にならなかったにも関わらず、その後のトレーニングで自分を追い込むことはなく高校サッカーの集大成である選手権でも同じ時間帯に足を攣って殆ど走れなかったことからも高校時代の自分のサッカーに対する姿勢は甘かったと感じる。高校サッカーでの不完全燃焼、悔しさが大学サッカーでまたチャレンジしたいと強く思ったきっかけでもある。
先輩方のお陰でソッカー部は今年から関東1部の舞台で戦うことになるが、この舞台は自分の可能性を試すには絶好のチャンスだと思っている。高校時代と比べて普段の練習の強度も格段に上がり、日々得るものは多く成長を実感することが出来る。毎日の練習が競争である環境がとにかく楽しい。
私は、周りの皆の様に有名なクラブ出身でなければ選抜経験も一切ない。高校時のアメリカ留学では1年間サッカーをせずに筋トレのみをし、浪人期にはリフレッシュの為にボールをたまに蹴る位の生活を送っていた時期もあった。決してエリートとは言えないサッカー人生だが、誰よりも戦える選手になり、早慶戦で暴れたいというモチベーションだけは誰にも負けない。

アメリカでゲイと間違われない為に必死に筋トレした日々、浪人期の何時間にも及ぶ勉強で鍛え上げられた忍耐力、全てが今の自分の糧になっていると思う。

最後にこの場をお借りして私の残りの大学サッカー生活で言い続ける「冗談」を述べたいと思う。それは「自分のゴールで早慶戦で勝利する」ことである。8年連続敗北している早慶戦、こんな下手クソな自分が勝利の立役者になるのは簡単なことではない。去年の早慶戦では「問題児」が担当すると言われる駐車場警備だった奴がそもそもメンバーに入れるのかさえ疑問だ。だからこそ、ゲラゲラ笑われても良いからこの冗談を言い続けていきたいと思う。

長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
今後共、ご支援ご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

記事一覧

月別アーカイブ