オフィシャルブログ

沖縄遠征レポート②(橋本健人)

2020.02.22

橋本平素より大変お世話になっております。総合政策学部新3年、橋本健人です。

沖縄遠征は3日目を迎え、今までの2日間とは違い、沖縄らしい、暖かく過ごしやすい気候になってきました。

3日目は、まだ日の出ていない6時30分からラントレ、午前中は紅白戦、午後はGK、ストッパーが考案したTRのハードな3部練を行いました。今回の遠征でも、ポジション毎にTRメニューを考え、より主体性を持って強くなる為に練習に励んでいます。

図1

 

 

 

 

 

 

4日目は、沖縄SVさんとの練習試合でした。勝ったら午後OFF、負ければTRというとても重要な試合で、皆ハードなTRで疲れている中、勝ち切ることが出来ました。得点してくれた人ありがとう。
勝利することは出来たものの、「声掛け」の部分で沖縄SVさんとの差を感じました。声だけで改善出来ること、声だけで解決する問題は多々あります。前の選手を動かす「声掛け」はまだまだ課題があるので、この遠征中に質を上げていければと思います。
図2

 

 

 

 

 

 

5日目は、体調不良者が出たこともあり、1日OFFとなりました。それぞれ観光したり美味しい物を食べに行ったり、充実したOFFを過ごしたはずです。
私は同期と祐二朗(2年・藤枝東高)と一緒に万座毛という景色の素晴らしい所でまったりした後、夜はアグー豚を堪能しました。帰りはお店の方が車で送迎して下さり、沖縄の人の優しさ、温かみを感じ、とても良いオフでした。

6日目からまたハードな練習が再開します。この遠征から、新たに、練習のセッション毎に円陣を組むことや、練習後に全員とハイタッチをしています。一体感を持って、一歩一秒にこだわり、気持ちを入れて練習に臨む為です。ハードではありますが、とても良い雰囲気でTRに取り組めています。
図3

 

 

 

 

 

 

 
「常に関東リーグのつもりで練習に取り組めているか」
日頃から淺海監督がおっしゃっていることです。
関東リーグで「Deep impact」を残す為に沖縄でのTRを全力で取り組み、強くなって下田に帰ります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

《NEXT GAME》
未定