オフィシャルブログ

沖縄遠征レポート③

2020.02.22

春寒の候、ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
TOPチームは暖かな日差しのもと、沖縄にて2/17から2/28の12日間の遠征に来ております。

初日は少し寒さを感じましたが、立ち上げを行い天然芝という最高の環境で練習をし、その後走りのメニューを行いました。
cd76fe68657797eaaaf113a8ca345d80f_22342985_200218_0052
 

 

 

 

 

 

2日目は、早朝から砂浜でのトレーニングを行いました。砂浜でのトレーニングは普段の環境とは異なり、より実りのある充実したものとなりました。
また練習後はビーチの清掃を行いました。

3日目は天然芝での走りのトレーニングを早朝に行い、午前中に紅白戦を行いました。3日目からは沖縄らしい温かさを感じ始め、動きやすい気候となりました。また毎晩、ポジションごとの発表を行い翌日の午後には選手提案のメニューでの練習を行いました。実際に練習メニューをこなすことで、フィードバックが生まれより質の高い理想像を選手皆で共有することが出来ました。
23
 

 

 

 

 

 

4日目は沖縄SVと練習試合を45分×3本させていただきました。公式戦を意識し、昨シーズンの公式戦ユニフォームを着用して試合に臨みました。
1本目では先制されるものの、2本目には山田大(3年・京都サンガFCユース/立命館宇治高)と中畝(4年・桐蔭学園高)が得点を決め勝ち越します。3本目立ち上がり早々、飯塚(3年・慶應義塾高)が決めるもすぐに失点を喫しました。一進一退の中、齊藤滉(2年・FC町田ゼルビアユース/都立町田高)が得点し最終結果4-3での勝利に終わりました。
45
 

 

 

 

 

 

5日目は1日OFFとなり、各自沖縄を満喫したり息抜きの1日となりました。
遠征も折り返しとなった6日目は、3部練を再開し午後は重慶当代力帆足球倶楽部斯威隊と練習試合をさせていただきました。
体格差を感じる相手でしたが前半に馬場(4年・桐蔭学園高)のパスから杉本(4年・名古屋グランパスエイトU-18/南山国際高)が得点し先制します。本塾の流れのまま杉本に古川紘(2年・学習院高)合わせ追加点を挙げました。試合はそのままリードを守りきり、2-0での勝利となりました。
①DSC05765
 

 

 

 

 

 

金武町の方々のご協力のもと、TOPチームの沖縄遠征は充実した練習を行えております。心より感謝申し上げます。
遠征後半には大会も待ち受けております。前半の合宿の成果が現れる様、後半も気を引き締めて取り組んで参ります。

今後共、皆様の温かいご支援ご声援の程宜しくお願い致します。

文責:大嶽真恋

《NEXT GAME》
未定