オフィシャルブログ

「Mr.オールラウンダー」(竹本海人)

2020.02.13

竹本海平素はお世話になっております。
商学部新2年の竹本海人です。

僕のサッカー人生は大学に入ってから大きく変わった。
小4の時から僕は東京都にあるFCトリプレッタに所属していた。トリプレッタに所属していた9年間で僕はGKを含めて全てのポジションをこなしていた。そして高校1年の夏にはSBとしてプレーし、「とにかく走る」というプレースタイルだった。それまで前線で攻撃に関わることの多かった僕は、守備は全く出来ず、攻撃ばかりしていた。

しかしトリプレッタを卒団しソッカー部に入ると、SBというポジションがないことを知った。攻撃が好きな僕はWBになるんだろうなと勝手に思いながら練習に行っていた。

しかし蓋を開けてみると1年間でWBとして出た時間はカテゴリー戦で怪我人の代わりに出た5分程度のみで、それ以外の全ての時間をCBとしてプレーしていた。今まで殆どやることのなかったCBをやることで、これまで殆ど求められてこなかった守備を要求され、今までの様に深い位置まで攻撃参加することもなくなった。求められる様な守備が出来ず、CBを辞めたいと思うことも、練習や試合で攻撃出来なくてもどかしい気持ちになることも毎日の様にある。それでも1年間を通してCBとしての自分の武器を見つけることが出来た。

今でもソッカー部の他のCBよりも多くの課題がある。他のCBを見ると僕よりも身長があり、パワーがあり、守備力がある選手ばかりだ。それでも僕がソッカー部の中で生きていく為に、課題と向き合い、自分の武器を磨き、少しでも成長し、他の選手と張り合うことが出来る様に練習をしている。

また僕はフットサル部門にも所属している。フットサルに関わったことはなかったが自分が成長出来るなら、と思い入部した。始めはルールも知らずなんとなくやってきたフットサルも、練習を重ねる度に少しずつ形になった。

フットサルでは、自分の守備力を鍛える為に、1番後ろのフィクソというポジションをやっている。フットサルとサッカーでは守備の仕方も違うし、求められる能力も違うが、活きることは沢山ある。フットサル部門は2度全国大会で準優勝している強豪だが、今年はリーグ戦でもインカレでも全国に出ることが出来なかった。

僕は4年生が引退するまで試合に殆ど関われなかった。やっと試合に出れる様になっても全国レベルの強豪には通用しないことが多いと分かった。僕は今まで全国大会というものに出たことがない。それでも全国がすぐ近くにあるこのフットサル部門で、全国大会に出たいと強く思う様になった。フットサルは週に1回の練習で、全国大会に出ることは簡単ではないが、自分の出来ることは全てやろうと思う。

僕はこのソッカー部という恵まれた環境にいることに感謝し、少しでもチームに貢献出来る様、毎日一歩ずつでも成長する為に、これからの3年弱を最高のサッカー人生だったと言える様に日々の練習に励んでいきたいと思う。

拙い文章でしたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。

記事一覧