オフィシャルブログ

ザンビアレポート①(日川優太)

2020.02.12

日川

平素より大変お世話になっております、商学部新3年日川優太です。
毎年春期休暇中に有志メンバーで行われる海外遠征ですが、今年は平成22年卒の中町公祐様にご協力頂き、アフリカ大陸にあるザンビア共和国に訪れています。
本日より、海外遠征に参加しているメンバーで活動報告としてザンビア遠征中にレポートを書かせていただきます。
まずは、初日の流れを写真を使って説明していきます。

成田空港を出発

 

 

 

 

 

 

機内食を合計4度食べ、トランジットを韓国とエチオピアで2回挟み、20時間以上のフライトを経てエチオピアに到着しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エチオピアからザンビアへバスで移動。
ホテルに荷物を置いた後、練習場へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、ゴールは枠だけ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベンチは虎柄とキリン柄

 

 

 

 

 

コート内に牛の足跡と糞が残されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

練習が始まると、現地の子供が飛び入り参加

 

 

 

 

 

最後には記念写真を撮りました。

 

 

 

 

 

この様に予想外のことも多々ありましたが、1日目からサッカーを通した国際交流を実現することが出来、充実した活動となりました。2日目は午前中にサファリに観光へ行き、午後はデイビッド リビングストーン 教員養成校との練習試合が予定されています。元青年海外協力隊の竹谷さんが現地でガイドを行なって下さり、ザンビアでの生活は順調に進んでいます。

2日目の様子は北澤快が伝えてくれます。彼なら面白おかしく、ザンビア遠征について語ってくれるはずです。乞うご期待ください

記事一覧