オフィシャルブログ

「文武両道」(牧野晋作)

2019.10.02

牧野平素よりお世話になっております。今回初めてブログを担当させていただくことになりました、経済学部1年の牧野晋作と申します。拙い文章ではございますが、どうぞ最後までお付き合い下さい。

”東大落ち”
そう聞いて皆さんは何を思うだろうか。恐らく多くの人が「東大に未練がありそう」と思うだろう。しかし、本当はそんなことは全くないということをこの機会にお話しさせていただきたい。

僕の信条は文武両道。小学生の頃からそれだけは曲げたことがない。いや、曲げられなかったという方がきっと正しい。片方だけで勝負することが怖かったのだ。それは文と武、双方に於いて僕は小学生で一度挫折しているから。

サッカーを始めたのは小学2年生の頃。小学生の中では比較的体格と身体能力に恵まれていた僕は、守備面だけなら戦えるプレイヤーで、守る楽しさに気付いてからはサッカーにのめり込むまでそう時間はかからなかった。そんな矢先に、彼は現れた。平川怜(鹿児島ユナイテッドFC所属)。圧倒的だった。観る者全てを魅了し、無名だった上ノ原SCの黄金時代を築き上げ牽引した。地元のサッカー界で知らない人はいなかった。プロになる選手ってこういう選手なのかなぁと思う反面、自分には無理だ、と知らないうちに限界を決め付けてしまう程圧倒的だった。冷静に考えてみれば限界を感じた時点でもう挫折していたのだろう。これが武の挫折。
文の挫折は、単純な話だが小学校に異次元に頭の良い同級生が4.5人いたということ。そもそも1番でなきゃいけないなんて思ってることが些か痴がましい気もするが、自分が特別でも何でもないことを思い知るにはそれで十分だったのだろうと思う。

そんな経験を経て文武両道という道に苦し紛れながらもアイデンティティを見出した僕は、中高一貫校で勉強しながら街クラブに通ってサッカーを続けるという選択肢に落ち着いた。高校に上がる際はセレクションを経て東京武蔵野シティFCU-18に入団することが出来た。東大を意識し始めたのは高校2年の秋。学校の部活が軒並み引退する時期だ。この時期から本格的に受験勉強を始めた。が、今思えば遅かった。結果は不合格。高3の11月末までサッカーをやり続けたこともあり、時間のかかる数学に十分な時間を割くことが出来なかったのが一番の敗因だろう。さて、ここで僕は人生で最も大きな岐路に立たされた 。浪人か慶應か。自分にとって浪人という選択肢は今までの両立という道から逸れることを意味していた。逡巡したのも束の間、慶應に進学を決めた。正直答えは決まっていた。判断基準はやはり文武両道というポリシー。浪人して東大という選択肢を選ぶ同級生も多い中、敢えて進学にしたのは逃げの一手の様に思えるかも知れないが、僕は全く後悔していない。

と、ここまで書いて要するに何が言いたいかというと、曲がりなりにも文武両道という1つの信条に従って生きてきた自分の選択を僕は後悔していないし、東大に未練等ないということだ。加えて、ここ慶應には文武両道で活躍する人も多く、期待以上に刺激的な毎日を送れている。これからも自分が”東大落ち“であると思い出されることは何回かあるかもしれないが、慶應に来たことを後悔することは決してないということをここで明言しておきたい。そしてこれからも文武両道という信念を曲げず、尊敬するソッカー部の先輩方に少しでも追い付ける様日々精進していきたい。

最後までお読みいただきありがとうございました。今後共、ソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
10月5日(土) 関東リーグ戦 第15節 vs日本体育大学
@葛飾区奥戸総合スポーツセンター 11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ