オフィシャルブログ

山中合宿を乗り越えて(TOPチーム)

2019.08.26

こんにちは。
夏の暑さが残る日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

昨日を持ちまして、TOPチームは5泊6日の山中合宿を終えました。
本ブログでは、24日以降の様子をお伝えいたします。
23日までの様子については、こちらをご覧ください。

24日は、早朝練ではジョグ、午前はサーキット練習、午後はSDWの選手・CBの選手が提案した練習メニューを行いました。

IMG_9766IMG_9755

 

 

 

 

 

 

ポジションごとに提案した練習メニューを提案した選手が指示を出して実践するという経験は、リーグ戦期間ではないこの時期だからこそできたもので、新しい気付きも生まれた有意義な時間になったと思います。

IMG_9968IMG_0074

 

 

 

 

 

 

最終日の25日は、早朝練では体幹トレーニング、午前練ではCBの選手提案の練習メニューを行いました。

IMG_0188八木さん

 

 

 

 

 

 

お昼には、山中山荘近くにある撫岳荘キャンプ場にてBBQを行いました。
ポジションごとに、自分たちの提案した練習メニューの良かった点や反省点を発表した後、主務の塩木よりプレゼンテーションの投票結果の発表がありました。
1位はWB班、2位はGK班でした!

撫岳荘キャンプ八木さん

 

 

 

 

 

 

発表後、八木総監督から乾杯のご挨拶があり、BBQを楽しみました。

IMG_0390 IMG_0401

 

 

 

 

 

 

八木総監督・淺海監督・髙橋コーチによるスイカ割りも行いました。

IMG_0402 IMG_0414

 

 

 

 

 

 

早朝練・午前練・午後練の3部練を全員でこなす日々はハードでしたが、食事・サッカー・睡眠のみを全員で行った約1週間のこの合宿を経て、後期リーグを勝ち抜いていくための一体感が生まれた貴重な時間となりました。

10年ほど前まで毎年行われており、今年から再開した山中合宿。
山中合宿に来て、いらしていただいた福井元総監督や社会人スタッフ、そして山中山荘の方のお話を聞き、ソッカー部のこれまでの歴史を肌で感じる事ができ、関東リーグの舞台が受け継がれてきたことのありがたさ、そして1部リーグ昇格への想いがより一層強くなった期間でした。
そして、これまでの伝統も大事にしつ、走るだけでなく頭も使った新しい山中合宿の伝統を築いていく節目の代である事を実感しました。

関東リーグ優勝に向け、与えられた環境で自分に何が出来るか。部員一同考える事を辞めずに精進して参ります。
山中合宿での厳しい練習を乗り越え、一回り成長した選手への温かいご声援の程、宜しくお願い致します。

文責 梶浦つばさ

《NEXT GAME》
8月31日(土) 第69回慶應・神戸サッカー定期戦 vs神戸大学
@神戸大学鶴甲キャンパス人工芝グラウンド 16:20キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ