オフィシャルブログ

御殿場遠征4日目(Cチーム)

2019.08.20

平素は大変お世話になっております。
本日、東京では午後に突然の大雨があったようですが、Cチームは御殿場遠征最終日を迎え熱い日差しの下で最後の試合を戦って参りました。

本塾は2日目までの結果により、3日目と4日目は交流戦として3試合、フレンドリーマッチとして1試合の合計4試合を行いました。今回のブログでは、この2日間の様子をお伝えしたいと思います。

3日目滉前日に3試合と走り、体幹レーニングを行い徐々に体に疲れも見えてきた大会3日目は、午前中に環太平洋大学との試合が行われました。本塾のペースで試合を運んでいくものの1点を獲ることが出来ないまま前半を終えます。流れをそのまま、後半に入ってからも本塾は勢いを止めず、ハーフタイムで交代出場した齊藤滉(1年・FC町田ゼルビアユース)が4得点と大活躍を見せ、この遠征初の無失点勝利を飾りました。
(写真:4得点を挙げた齊藤滉)
 

3日目森2試合目は会場を移動し、共栄学園短期大学との一戦。1試合目の勝利でチームの雰囲気も良く迎えることが出来ました。こちらの試合も前半は互いにゴールを決めることは出来ず0-0で折り返します。後半開始すぐの50分にPKを獲得し森友紀(1年・FCトリプレッタユース)がそれを落ち着いて決めると、流れに乗った森が2得点目を挙げ、2-0で勝利することが出来ました。
(写真:PKに挑む森友紀)
 
 

3日目TR試合後はグラウンドをお借りし、ボールを使ったトレーニングとこの遠征恒例の体幹トレーニングを行いました。疲れも溜まる中、全員が声を張り上げCチームらしい明るさと笑顔で行っているのが印象的でした。
(写真:試合後のトレーニング)
 
 
 
 

4日目彬遠征最終日は8:00キックオフの成城大学とのフレンドリーマッチと朝早くから始まりました。25分を2本の短いゲームとなりましたが、なかなか調子が上がらず前半に2失点してしまいました。ハーフタイムにはグラウンドマネージャーの関俊太朗(3年・慶應義塾高)が選手達を鼓舞し、後半は出ていない選手が盛り上げる声を送る様子が印象に残っています。しかしながら、1点を掴むことが出来ないまま悔しい敗戦を喫してしまいました。
(写真:ゲームキャプテンを務めた小山彬(2年・名古屋グランパスエイトU18))
 

4日目鶴遠征最終戦の同志社大学戦は1試合目との間の時間も長く、一同アップから切り替えて迎えることが出来ました。とにかく勝ちたい本塾は前半から果敢にゴールに向かいます。前半途中に怪我人が出るなどのアクシデントもありましたが、出ている選手達で必死に戦い、前田悠太(3年・慶應義塾高)、鶴田隆人(3年・桐蔭学園高)、中井晴斗(4年・市立浦和高校)の3人がそれぞれ遠征初ゴールを挙げるなど多くの選手の活躍もあり、4-1で遠征を勝利で締め括ることが出来ました。サポートに回る選手も自ら仕事を行い、声を出し、チームの一体感をより感じることの出来る一戦となりました。
(写真:1得点1アシストした鶴田)

今回の遠征は、試合だけでなく走りやトレーニングを行い選手達にとっても今までにないハードな4日間となりました。8月に入り続いている苦しい練習や走りを乗り越え、チームとしても個人としてもより一層強くなっていることと思います。このまま夏を駆け抜け、勢いと流れを掴み取りCチームは「全勝」という目標を達成すべく公式戦、練習試合全てを全力で戦って参ります。今後共、ご支援ご声援の程宜しくお願い致します。

※本日の試合結果詳細は試合速報ブログご覧下さい。

文責 竹本友眞

《NEXT GAME》
8月31日(土) 第69回慶應・神戸サッカー定期戦 vs神戸大学
@神戸大学鶴甲キャンパス人工芝グラウンド 16:20キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ