オフィシャルブログ

石川遠征2日目(TOPチーム)

2019.08.14

暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。現在、TOPチームは石川県金沢市に遠征に来ておりますので、今回はその様子をお伝えします。

弊部はつい先週、関東リーグ前期の全日程を終え、後期開幕に向けた強化を行っているところです。リーグ戦の中断期間はチームの強化する時期と位置付けられており、夏の暑さに負けぬよう一同精進しています。試合を数多くこなし、寝食を共にすることで、ピッチ内外での時間を長く取り、普段とは違ったコミュニケーションも生まれて来ました。タイトなスケジュールではありますが、それを前提とした上で、自らに言い訳をせず高い当事者意識を持ってこの遠征に臨んでおります。

初日は、仙台大学と四国学院大学との試合でした。
仙台大学との試合は、中々主導権を握ることが出来ないまま、敗戦してしまいました。四国学院大学との試合は、普段リーグ戦への出場機会を狙っている選手たちの台頭もあり、9-0と大量得点での勝利を飾ることが出来ました。
2日目は、常葉大学、四国学院大学との試合がありました。
この日は両試合とも勝利という形で試合を終えることが出来ました。とりわけ、四国学院大学との試合は急な雷雨に見舞われ、試合が中断し変則的なレギュレーションでの開催となりましたが、しっかりと勝利を収めることが出来ました。

こうして振り返ってみると、定量的には4戦3勝1敗、上位トーナメント進出という結果、定性的にはピッチ内外において環境に左右されずに自らの役割を追求する姿勢を観察することが出来たことが成果だと考えております。

あっという間にやってくる後期開幕に向けて、充実度の高い遠征に出来るよう、明日からの日々を過ごす所存です。
また、私たちは今年、「一部昇格」というソッカー部の歴史を創ろうという目標を立てております。ソッカー部としても、そして部員1人ひとりの自分軸としても、いつか「あの夏」と表現される日々を過ごす必要があります。試合中に苦しくなった時、今シーズンを終えた時、将来社会人になって現役時代を懐かしむ時、この夏は未来の自分にどう映るのでしょうか。最後に自分を支えるのは、記録ではなく記憶である、という言葉はどこかで見たのか、聞いたのか。何はともあれ、将来の自分の背中を押してあげられるような、そんな日々を過ごしたいと思います。

最後になりましたが、今回の遠征を通じて沢山の方からの差し入れをいただきました。選手一同、皆様からのお心遣いに恐縮しつつも、美味しくいただいております。皆様からのご期待に応えられるよう、どの大学よりも大きな変化を後期リーグでお見せすることをここに約束致します。

今後共どうぞ宜しくお願いします。

文章:奥山大

《NEXT GAME》
8月31日(土) 第69回慶應・神戸サッカー定期戦 vs神戸大学
@神戸大学鶴甲キャンパス人工芝グラウンド 16:20キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ