オフィシャルブログ

筑波遠征(Aチーム)

2019.07.30

関東リーグ三連戦まで残り僅かとなりました。この三連戦を全勝で終えて、前期を折り返す為にチーム一同日々努力しております。また、更なる向上の為、トップチームは筑波大学と試合をして参りました。

当日は朝下田で練習をしてから、筑波大学に行く形となりました。前日のハードスケジュールの関係もあり、朝の練習では選手全員に疲れも見えました。セットプレーの練習においても、いつもより声が出ていなかったり、シュートを決め切れない場面も多々見られました。その様な状況の中、筑波大学へと各自移動しました。

現地に着いた時は雨も降っておらず、もの凄い太陽に覆われとても蒸し暑いピッチコンディションでありました。

試合前に久保コーチから、前日のアミノバイタルカップ決勝の明治大学対立正大学の試合を観戦して感じたことを話して欲しいと言われました。多くの人が自分達よりも格上のチーム同士の試合に、切り替えの早さや攻撃の形、カウンターの早さ等、学ぶことが多かったと話しました。こういったチームに追い付いて追い越す為には、関東リーグ1部の相手であっても、食らい付いて戦わないといけない。今自分達がやれることを必死でやろうと士気を高めました。

試合は前半、相手にボールを持たれる苦しい展開が続きました。自分達が意識している前からのプレスも上手くはまらず厳しい状況で失点し、前半は0ー1で折り返す形となりました。
後半、選手も代わり、プレスも全員がサボらずやれたことで、ボールを奪う回数も増え、徐々に攻撃にもリズムが生まれてきました。良い状況が続いた流れの中で2得点することが出来ました。その後は相手の猛攻に対して引いて守る守備で何とか食い止め、2ー1で勝利することが出来ました。

厳しい暑さ、前日のハードスケジュール、朝練、言い訳をしようと思えば、いくらでも出来るコンディションの中、関東リーグ1部のチームに対して結果を残せたことで、選手全員が自信を持つことが出来ました。

この貴重な経験を活かして我々は今年、必ず関東リーグ1部昇格を果たしたいと思います。今後共ご声援の程宜しくお願い致します。

文章:馬場啓輔